2016年06月12日

ONKYO CR-D2改

DSCF0227[1].jpg

元、ONKYOの設計技術者の方が改造(改良)したCR-D2です。
ノーマル機の妥協点を、氏の持つ技術で改善、高音質化に成功して完成させた機器となります。

ここに至る改良過程で、数回お聞かせいただいておりますが
今回、売れる水準に達していますのでご紹介させていただきます。

内部
DSCF0228[1].jpg

音はナチュラルで空間豊かに広がる音場、
ハイスピードで高分解能!
濁りの無い広帯域なレンジ感でデジタル臭さが全くありません。
音色も鮮やかで
ドライブ力もあり素晴しいクオリティーです。

聴き疲れする事も無く
長時間の試聴も問題ありません。

ビンテージなJBLやTANNOY
現代ソナス、小型低能率SP等、色々鳴らしてみましたが
聴いて直ぐ 「こりゃあかん」 みたいな事はありませんでした。

ノーマルのCD-D2や何処かのショップでちょこっと改造した物とは
別次元のクオリティーです。

1枚目の写真で天板のネジが付いていないのは
天板を外したり付けたりすると音が変化しますので
その実験をしていた為です。

音質劣化の原因となる回路は外してあります。
・チューナー(戻すことは可能)
・フロントのライン入力 外しています。
・ヘッドフォン出力 外しています。
・サブウーファー出力 外しています。
 サブウーファーを使いたい場合は、MD/TAPE、DOCK/CDRなどのOUTにサブウーファーを繋げばOK
・オリジナルのボリュームツマミからアルミ製のツマミへ変更

DSCF0229[1].jpg

見た目、小型のCD レシーバー アンプですが、
音は驚くほどのクオリティーです。(笑)

お値段ですが、
新品を改良改造したもの1台:¥20万

この機器をお持ちの方は本体を預かれば改造も承るそうです。
改造費用:¥165,000-

SoundJuliaにて試聴可能です。

大型TV用アンプとして
フロント2Chで無指向性スピーカーをドライブした場合
下手な多チャンネルAVシステムより良い音になるかもしれませんし
PCでYouTubeを試聴するとか
小型スピーカー用のアンプとしても十分なクオリティーだと思います。

改良したNSoundの無指向性スピーカーへ繋いで聴いてみたいと思います。
タグ:CR-D2改
posted by Lansing at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438910173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック