2016年04月25日

最高峰ラダーケーブル

ラダークラフトセブンさんとコラボさせていただいている
ラダーケーブルの最高峰モデルです。

DSCF0126[1].jpg

ラダー8段・1mペア・ETI純銀プラグ特注仕様:¥74,520-

DSCF0127[1].jpg

サウンドジュリア&ラダークラフトセブンのダブルネームモデルです。(笑)

プラグはRCAプラグではで最高性能のETIバレットプラグ、
4N純銀接点、ボディーは特注アルミハウジング仕様です。

ノーマルのラダーケーブル(左)と特注品(右)
DSCF0128[1].jpg

ラダーケーブル(左)
Western Electric ブラッックエナメル単線使用のサウンドジュリア 音魂ケーブル(右)

DSCF0129[1].jpg

ラダー8段のノーマルプラグと、特注仕様を聴き比べてみると
更に癖が無くなって、
ノーマルのラダーには、中音域〜中高域に盛り上がる感じがある事が分かります。
ETIモデルは、圧倒的にfレンジ感が広く、全体的な音密度も高くなり音色も多彩、
スピード感あるラダーケーブルの、スピードの速さを感じない程の超速となり音は更に自然(笑)
生っぽい音の感じとなり、何時までも聴いていたい衝動に駆られます。
ノーマルプラグと比べ、
低域の腰の入り方が一段としっかりしてエネルギーが高く、
低域にも音色感があり明快に低域を刻む感じは素晴しい変化だと思います。

私の音魂ケーブルと比較すると
音魂は、WEの魂が入りますので
独特な中音域の充実感と中低域、低域に厚みと聴きどころが出ます。

良いと思う順位を付けるなら
ラダー8段特注が最高、その次に音魂、ノーマル8段ラダーという感じでしょうか...。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437151121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック