2016年04月19日

LE-8T 2ウェイ化

ネチネチした仕事をしていたら
何だか煮詰まってきましたのでLE-8Tで気晴らししました...。

ネットワークN7000を使用しLE-8Tへ075をプラス!

こんな感じです。
DSCF0120[1].jpg

DSCF0123[1].jpg

想像以上に違和感なく上手く繋がります。(笑)

天板の075
置く位置を前後させると、
高域感はもちろんですが、
全体的な音の質感が、かなり変化しますので
一番違和感のない位置を探りました。

名機+名機のサウンドは、
何か引き込まれる様な癒しを感じるサウンドで聴き入ってしまいます。

LE-8Tのセンターキャップの鳴りというか
独特の音色が減り、癖が少なくなった上に
フルレンジ1発の時より、
低域のブリブリ感が出て、彫が深くなった低域になり
高域は、075のエネルギーある高域で一気に伸びましたので
ビンテージ高性能?みたいな音で、なかなか聴かせます。(笑)

面白いのでしばらくこのままで遊びます。
posted by Lansing at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436869992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック