2016年02月28日

ゲルマニウムアンプ その2

使用されているトランジスタの全てにゲルマニウムトランジスタを使用したアンプです。
IMG_0432[1].jpg

内部

DSCF0441[1].jpg

トランジスタは全部ゲルマです。

DSCF0439[1].jpg

準コンプリメンタリーのパワー段
インナーシャーシへ放熱させます。
消費電力は極小ですから熱を発する事は殆どありません。
ゲルマは熱くなると壊れます。

DSCF0440[1].jpg

基板のパターンはPCではなく手書きで起こしています。
組み立ても手作業
トランスも手巻きの最高峰
フォノイコは付属という感じでは無く
ゲルマでキッチリ作っています。

使用パーツは
入力ソースの違いを良く表すことができる物を使用しています。
DSCF0445[1].jpg

ツマミ
アルミの削り出しへ
無垢の黒檀を削って作ったカバーを被せてあります。
市販されていない手作りのツマミです。(笑)
触った感じも良く、使用していると指油で艶が出て良い感じになると思いますが、
塗れた手や雑巾で拭くと白くなります。(笑)

不思議な事に
木のツマミのもっさりした音の感じや
アルミの乾いた感じの音がのってきません。
DSCF0443[1].jpg

今回作ったアンプ5台は全数完売予定となりました。
ありがとうございます。

posted by Lansing at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック