2015年12月27日

今年度最後の最高傑作!!

音質改善インダクターです。

DSCF0312[1].jpg

見た目、そのまんまトランスですが、
トランスではございません。(笑)

電源の音質改善アクセサリーになります。

写真は試作品ですが、
最初の試作品から色々と変更いたしまして、
磁気鋼板の組み方、巻き線、容量などを吟味し
ついに完成させました。

本チャンの製品も、サイズなどは写真と同じとなります。

目安の大きさ(CDと比較です。)

DSCF0313[1].jpg

使い方といたしましては、
電源タップ等のコンセントの空に接続します。

もちろん
オレンジ色の線の先にコンセントプラグを付けてです。(笑)

類似商品としてはRGPCがあり、
中古品として買取し、
商品として取り扱った事が数回あります。

アイソレーショントランスの100V−100Vを入れるより
力強さ、fレンジ感等が向上し、色々な面で好感が持てましたが、
使った感じで欲を言うと、
やや音が粗く、音色と表現をもう少し良くしたい気持ちになってきます。

そこで、
RGPCと同じ定格で、
更に高品位なチョークコイルを製作して試聴すると
美音(笑)
音が綺麗すぎるのでNG....。

それから
色々吟味し、ついに完成させました。

音色はコントラストが上がり美しいですし、
全域に渡り分解能が高くなって
高域等は
ハイハットのすれ合うさまや
バイオリンの弦を弓でこする繊細な描写などが
リアルに聞こえ
広々とした音場空間へ変化します。

雑味というか混濁感も減少し、
見通しが良くなり
低域も良く分解して
ドロドロ感が減り、
聴き易くなるのですが、
この様なアイテムによく感じる
エネルギーや力強さが減退する事はありません。

電源回路に対し
並列に接続となりますので
アイソレーショントランスや電源装置の様な容量的な問題は
屋内配線や分電盤のブレーカー容量となりますから
それらに比べ圧倒的なダイレクト感があり反応が高速です。(笑)

jazzは抜けや切れが向上し
低域も弾んで
ノーマルCD盤がXRCDになったか?と思うような変化ですし
classicは瑞々しく音色がハッキリして
残響も豊かで空間も広く再現さます。

タップに空きが無い時は
オーディオルームの壁コンなど
何処か開いている所へ差し込めば
十分効果を体験できます。

店で試聴体験できますが
繋いだ時と繋いでない時では
かなりの差を感じ取ることができて
何度も試したくなると思います。

このインダクターをあなたの家で繋いで聞いた後、
外して聴き比べると、たぶん大きく「ガックリ」来ると思います。(笑)

外した時のガックリ度がホント大きいと思いますので
こんな物、必要ない平気...という感じにはなりにくいはずです。(大笑)

その他、
今年の大きな激変出来事といたしましては、
バイオリンハーモニクスツイーターがあります。

未来のオーディオを感じさせる素晴しい音質改善効果で
来店された方を驚かせています。

1月後半となりますが、
バイオリンツイーター用として
改善された完成品数台が入荷いたしますので
購入希望のお客様はご予約を承ります。

元々、弦楽器だけで音を出して音楽を聴くコンセプトで製作された製品で、
音楽愛好家や病院、喫茶店等で使用されていましたが
NHKで放送され、新聞などに載った為に
首が回らない忙しさになっている様です。

新年1月には東京のクロサワバイオリンで
弦楽器4本を鳴らすデモの企画がある様で
忙しさを更に加速させる予感がします。

オリジナル商品といたしましては、
最後にゲルマアンプが完成し、
商品化して販売する予定となっています。

定番のカーボンアイテムや
コンタクトオイル、
音質激変(笑)のFノイズイレーサーも含め
この数年の間で面白い事が一番多い年となり
充実した1年となりました。

店は明日からお休みさせていただきまして、
新年、1月4日より営業させていただく予定となります。

皆様の来年も、素晴らしい年となりますよう願っております。

何時もご来店いただくお客様、
ブログの読者様ありがとうございました。

この記事へのコメント
 いつも興味深い内容で、ブログの更新を待ちわび、ほぼ毎日拝見させていただいております。現在は、オーディオの方は休んでいる状況ですが、来年復活する予定です。真空管アンプなど、気になるアイテムがたくさんですね。来年も楽しみにしています。
 ありがとうございました。
Posted by 中村正博 | URL | 2015年12月28日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック