2015年12月03日

スピーカーターミナル接続ヘッドフォンケーブル

色々あるヘッドフォンの全てに言える事だと思いますが、
ヘッドフォンのケーブルを(L/R)完全に分け
内外ともに4線式へ改造し、
バランスアンプで駆動すると
素晴しく高音質なサウンドが聴けるようになると思いますが、
一般的なヘッドフォンは3線式が殆どで
ヘッドフォンアンプにロクなものが無い為に
普段スピーカーで聴いている方がヘッドフォンを掛けて聴くと
ロクな音がしない様に聞こえる...。

何とかならんかという事で
スピーカーで聴いている様なサウンドで
ヘッドフォンを聴く事ができれば満足度が高いと思い
パーツを買ってこしらえました。(笑)

DSCF0206[1].jpg

これですわ!

DSCF0206[2].jpg

出力を減衰させる為に使用している
容量2WのA&B(Allen Bradley)抵抗がデカいので
外出しにして見られるように作りました。

アンプのスピーカーターミナルへ
スピーカーケーブルを繋ぐのと同じ様に繋ぎ
ケーブルの最後に(ステレオミニジャック)がありますので
ヘッドフォンプラグを差し込むだけです。

ケースなども無くシンプルで邪魔になりませんし
高額なヘッドフォンアンプを買うまでも無く音は面白いです。(笑)

デールやビシェイ等の超高額な高精度高級抵抗を使いますと
モニター的で抜けが良く、高性能な感じのサウンドでスカッとした音になるのですが、
今回はその方向へ目指していませんので
A&Bで人間的な肉質感ある厚い(熱い)音の方向です。

分圧など試しましたが
音が綺麗になり整ってエネルギー感が減る...。
A&Bの音を生かし
複数ある手持ちのヘッドフォンで聴いて
直ぐに嫌になる音じゃなければ良いという感じで決めました。

中低域の厚み、肉質感、ドライブ力が素晴らしく音は有機的!
細く綺麗になる事無く
音楽の濁り感や雑味までそのまま出てきます。(笑)

高域の超分解能や研ぎ澄まされた透明感、、
クリーンルームの様な異様に整理された綺麗さなど有りません。

人間的な温度感を感じる厚い音です。(笑)

私の場合、
普段、何かの確認以外はヘッドフォンで聴きませんが、
この方式で聴いた場合、
長時間聴いていて嫌な感じが全くありません。
耳元へスピーカーがやってきたような
違和感のないサウンドです。(笑)

スピーカーしか聞かない方でも
満足度は高いと思います。

言い方を変えると
スピーカーで聴いていたいけど
夜間など、仕方なくヘッドフォンで聴かなければイケなくなった場合
ストレスが減ると思います。

試聴して気が付いたのですが、
聴いていて心地が良いので
ついついボリュームを上げしまいます。

大きな音でも うるさく無く嫌な感じが無いので
気が付くとかなりの大音量で聴いている場合があり
気を付けないと難聴になる可能性があります。

あと
ヘッドフォンで試聴しますと
スピーカーより広帯域で聴いている為
大きな音で聴いた後、
直ぐにスピーカーで音楽を聴きますと
何時ものボリュームでは
音が小さく感じ、高域が出ていないような聞こえ方になります。

ボリュームをグッと絞り
10分間ほど聴いていると
耳が普通の状態に戻り、普段の聞こえ方へ戻るのですが、
心地よいヘッドフォンの場合
大きな音になりやすいので (というか、なってしまっています。)
気を付けないと危険です。(笑)

※バランスアンプ(ブリッジアンプ)の場合
 このケーブルの使用はできません。

先日のゲルマアンプ
お問い合わせを多々いただいており
ビックリしていますが、
現在、出力トランジスタを選別し
どの方向のサウンドで決めるか試した後
試作品で試聴できるように進めています。

パワー段のゲルマトランジスタで
音楽の表現が変わりますから
付け替えて試聴し、
伝わって来ることが多い音のトランジスタで
決めようと考えています。

次はPCオーディオ用
スーパーアーシングUSB
Bプラグがミニタイプの製作にチャレンジします。(笑)

その後、LINN DS用のLANケーブルです。(大笑)


posted by Lansing at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430641762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック