2015年12月01日

音魂とWE

作っております。

DSCF0201[1].jpg

内部はこんな感じ

DSCF0205[1].jpg

手間がかかるので
1日2セットが精神的にも限界(笑)

今は自分のをせっせとこしらえています。

作っていると、音を聴いたお客様が
(本当は聴かせたのですが)
私のも作ってと言われるので
写真のはお客様のです。

WE解禁したので
久しぶりに全部WE構成で聴いたみたい!

手始めにメイン装置の電源ケーブルを交換、
デジケー、DAC〜プリ、プリ〜パワー等のケーブルも
音魂ケーブルへ交換、
残るはパワーアンプの電源ケーブルと
スピーカーケーブル...。

P-0へトリプル
DACやプリはダブルを使いました。

ダブル
DSCF0203[1].jpg

トリプル

DSCF0202[1].jpg

マイワールドなWE音魂ケーブルで、
音の方向が3つに別れました。

1、シルバー君/オレンジ君
2、ラダーケーブル
3、WE

WEは、オーディオブランドのケーブルと混ぜると
喧嘩して政治の勢力争いみたいになり
ぜんぜん良い方向へ向きませんが
この三種類は混ぜてもその様に悪くなりません。(笑)

上記の構成で繋ぎ変えて聴いてみると
音が出ていてもS/Nが良く静寂感を感じます。
音は濃く、密度があり
中音域から下は波動音で鳴っている様な感じで
空気のバフバフ、ドンドンした低音感では無く
体が振動するエネルギーの低音で聞かせます。
突き刺さらなくて高分解能、
残響も綺麗で音場や空気感が良い!
ビンテージ候のラジオサウンドでは無いです(笑)

パソコンではどうかと試してみる...。

ノートPC+HI FACE+Si2DAC
foobar2000 (WASAPI event)使用

デジケーとラインを全部音魂ケーブルにして
ノートPCへ大地アースを落としてノイズを吸収、電位を0にして聴くと
美しいハイスピードサウンドでビックリ!
かなり高額で高性能な一体型CDPより良いのではないかと思う程です(笑)

Si2超高性能DACと大地アースが抜群に効いていると思います。

色々試していると
コードの小型USB DACを持ってお客様が来店
「飛んで火に入る何チャラ」((笑)

ノートPCへ繋いで聴いてみると、これがかなり素晴らしい!

USBへ差し込むノイズカットや
USBの電源を分離するアタッチメントも用意されていたので
差し込んで試すと
それなりに効果があり
雑味や濁りが減り音の純度が増すが
エネルギー感は減少するので
それらを外し、ノートPCへアースを...。

音場が澄みきりエネルギーの減少も無くハイスピードで高分解能!

PCも良い音で鳴ってくれると何だか楽しくなってきた!(大笑)

少し勉強しようかと...
タグ:音魂とWE
posted by Lansing at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
USBケーブルのアース接続、勉強になります。
普段はノートPCにApple Musicの256kbs程度で音楽を聴いている私には敷居がまだまだ高いですが、まずはCDからのリッピングをWAVにして、最低でもCD音質で聴いていきたいと思いました。
Posted by 川角勝則 | URL | 2015年12月04日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430552975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック