2015年11月29日

ダブルネーム ラダーケーブル

Sound Julia仕様のラダーケーブル
(スピーカーケーブル)が完成して送られてきました。

DSCF0193[1].jpg

ラダー8段仕様で、お客様の注文品です!

DSCF0192[1].jpg

オリジナルとジュリア仕様の違いですが、
プラグ部分がマルチコンタクトLS4となっていますので
更にコンタクト性が向上し使い勝手も良好になります。

DSCF0194[1].jpg

価格は高くなりますが、どうせ買うなら8段の最高峰をお勧めいたします。

ダブルネーム
DSCF0191[1].jpg

ラダーケーブルですが、
ラインもスピーカーも音の傾向は同じです。

SONYのラインケーブルで感動された方の場合
付け替えて聴いてみますと、
更に全域に渡り分解能が高くなって
高域は雑味が無く
fレンジがさらにワイドレンジとなって
反応が更にハイスピードで、
切れる痛さを感じる事無く
さりげなく さらさらと抜け切る音を感じると思います。

コスパ抜群のSONYケーブルですが、
ラダーケーブルから
SONYに戻すと上記の事がハッキリ感じられると思います。(笑)

更に癖を無くしたい等
こういう方向性で至高のケーブルを繋いでみたい方にはお勧めです。

ケーブルは全て軽くしなやかですから
機器のターミナルにかかる負担は極小だと思います。


スピーカーケーブルを
LS4プラグ仕様(プラグ8個)で製作する場合
プラグ代金¥6,000-が加算になります。

以下マイワールドな話です。

ラグを敷いた対策が終わり聴ける音に戻りました。(笑)

DSCF0195[1].jpg

バイオリンは一旦返却していますので現在ありませんが、
ラグの対策と響きを調整する為
楽器用の真黒等で対策して整えました。

DSCF0197[1].jpg

この板で音が変わる?
「バカか」 と感じると思いますが、
ここで聴いていただきますと
棒を動かすとに音が引っ付いてきますし
定位感も変わりテンションも変化します。

想像できないと思いますが素晴しい効果があります。

体験する以外は信じられない事ですので
騙される、オカルト等に思われるため
10年前に封印しましたが
WEと同じく封印を解いてしまいました。(笑)

そういえば、
封印を解いたWEのケーブルを使用して製作したケーブルが完成し
何気に来店された音バカ(失)数名のお客様に聴いていただきましたが
気持ちよく撃沈! (笑)

抜群のS/Nで音楽の内面を表現するケーブルに仕上がっています。(笑)

切れ味や抜け、fレンジ感や分解能等に耳が行く
音バカの方に聴いていただいても
演奏者が伝えたいものが感じ取れて
ハートを揺さぶる音が出る為か
耳が聞きに行く部分が変わり
イイじゃんと感じてしまうようです。

拘らない方はSONYのピンケーブル
若干オーディオ的要素が入る良い音は、
シルバー君とオレンジ君(笑)
高分解能で癖の無いケーブルはラダーケーブル
浸りたいときはWE
今のところ、これで十分です。

今回のマイワールドケーブルは、
音魂ケーブルと命名しました。(大笑)

DSCF0200[1].jpg






この記事へのコメント
こんにちは。
この音魂ケーブル、本当に音が良くて驚きました!
ラインケーブルでここまでハッキリ音質に差が出ると何か考えてしまいますね。
オーディオの奥の深さに触れた瞬間でした・・・
Posted by 川角勝則 | URL | 2015年11月30日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック