2015年11月20日

色々と...。

音楽的にも楽しめて
音質良好なラインケーブルが欲しいという
KOTOBUKIさんの要望に応え
懸命に製作して完成しました。(笑)

※KOTOBUKIさんは
 いつも音響工事をやっていただく工務店様です。

ビンテージ線へシールドをしています。
DSCF0160[1].jpg

プラグはETI

DSCF0161[1].jpg

この後完成させて
引取りに来られるまで自分で楽しんでいます。(笑)

話は変わります。

球のアンプの球を交換ついでに
スーパーコンタクトオイルでクリーニング!

三本の内、上の一本が
RCA入力ジャックと、SPターミナル
下の二本は、一台ずつの真空管ソケットと球のピン足をクリーニングした物です。

DSCF0162[1].jpg

真空管もオールビンテージ球へ交換し
良い感じで鳴っています。

DSCF0163[1].jpg


話はコロコロ変わります。(笑)

お客様より注文された特注オーディオラックが完成しました!

超一流の職人さんによる製作!
家具の匠 「直」 作品です。

DSCF0166[1].jpg

DSCF0164[1].jpg

DSCF0165[1].jpg

素晴しい質感と完成度!

音的に考えられた材質で作っています。

棚板もありますし、
天板と底板の凸凹構造で
重ね合わせることができます。

トップの天板は凸となって
ビジュアル的に木象嵌でカッコ良くできていますが
棚板と底板部分は凹加工が施されていまして、
凹の落とし込部分へは
10mm厚のドライカーボンボードが入り
見た目と音質が両立するラックとなります。(笑)

また違う話へ飛びます。(笑)

写真はありませんが
音質改善インダクタの試作品が出来て試聴しています。
音が澄んで高域は瑞々しく、低域は分解する感じになりましたが
エネルギーがのってくる感じが欲しいので仕様変更して作ります。

HPのNEWSへ記載いたしましたが、
ブログを見たいる方の方が多いので
こちらでもご案内します。

明日明後日は、山口県まで出張!

先日から盛り上がっている
バイオリンスピーカーの開発者様と打ち合わせをしてきます。

という事で、21日、22日は臨時休業です。
(23日は、通常営業しています。)

よろしくお願いします。


タグ:色々と...。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック