2015年07月14日

磨き

家を完全リノベーションさせて
新築と変わらない住まいへ変身中のお客様から預かっているMICROをメンテナンスしています。

もちろんリノベーションで
オーディオルームも作っているのですが、
綺麗な部屋へ中古候な物を持ち込むと
見栄えが悪いという事と、安心して長く使いたいという思いも有り
アンプやCDPなどは全てメーカーへ点検整備へ出し
家の完成と共にセットするという幸せな作戦を実行中!
今日は私に時間が有ったのでターンテーブルを磨きました。

ビフォー
こびりついたベルトの痕、全体的なクスミがあります。
(上面はクリーニング済み)
DSCF0601[1].jpg

アフター
DSCF0600[1].jpg

触ってもツルツルで凹凸など全く無いのですが
ベルトの痕が薄ら残りました...。

上面
DSCF0602[1].jpg

後日、ポンプのホースなどを全部新品に変えます。

話は変わり、
私が20代の頃は、
結婚前提で(彼女もいないのに)頑張ってマンション買うとか
家を建てるとか、
気張る知り合いが多々見えましたが、
今は50代の方や定年間近の方が、
リフォームされるとか
住んでいる家をサクッとリノベーションしてオーディオルームを作ったり
新たに土地を買って新築する等、
一気に幸せな住まいへ変身させる方が多く驚いています。

MICROとは全く別のお客様ですが、
新築の内装がデンマークの北欧風で、数寄屋を取り入れた雰囲気として
ソファーはフィンユールのジャパンコレクションを置く構想があり
話をしているだけで楽しくなります!

ちなみに
フィンユールのジャパンコレクションのソファーはこんなのです。

b0119292_16303573[1].jpg

背面のフレームが
神社の鳥居をイメージしています。
b0119292_16295127[1].jpg

フレームと背もたれなどの座面が浮いて見えるのがカッコ良くて
座り心地も抜群でデザインもお値段も超最高!!(笑)

所有して満足度が高く、
ソファーとして座っても心地よく
インテリアにも栄えますし
見て眺めるというのも抜群のセンスで素晴しい逸品である事は確かです。

部屋の雰囲気はこんなのが自然にマッチして、
オーディオルームは、電源からルームアコースティクまで全て整備されて良い音で聞ける...。

オッサンになってからの幸せというのも素晴らしいです!

フィンユール、私も余裕があれば欲しい...。(笑)

ちなみに欲しいのはこれ....
今のところ、自分よりイスの方が完全に勝っていますね(大笑)

dd12e241-s[1].jpg


タグ:磨き
posted by Lansing at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック