2015年06月13日

CSE RJ-50

電源装置を買取しましたので試しました。

DSCF0426[1].jpg

CSE RJ-50
DSCF0427[1].jpg

整形された電源波形は...。

DSCF0428[1].jpg

素晴しく綺麗です。(笑)

店の電源は、専用電源を引いていますので
通常の引き回しより波形は綺麗です。

DSCF0429[1].jpg

波形は僅かな違いですが、
トランスポートへ使用してみると、
まるで、2Kの画像が4Kへ変化した様な感じで激変...。

パッと聞いた瞬間で感じることは、
聴感上のfレンジがグッと広がり
微細な部分の解像度が上がります。
残響や空間の再現も深く広くなり
音は美しいです。
雑味が消えて音場がクリーン
スピーカーが若返った感じの鳴りを聞かせます。

綺麗さは、
今まで汚れていた車を洗車、
ワックス掛けてピカピカになったみたいに綺麗な音!

マイナス面は、
音色変化が減り、寒色系の音色が乗ります。
揺らぎの様な生っぽさが減り
キチットした再現でモニター調です。

好きか嫌いか別れますね...。

来店されているお客様と一緒に試聴しましたが、
聴かれたお客様の感想は、
大好き方向の音だそうです。(笑)

マンションの様な集合住宅環境の場合
電源は汚れていますので
絶大な効き目があると考えられます...。



タグ:CSE RJ-50
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック