2014年02月22日

TELOS200

DSCF0182[1].jpg

最近ムンドが良く動きます...。

TELOS390、MM28が売れ、
昨日、極上美品で完品のTELOS200が入荷いたしました。
ワンオーナーで、元箱や取説、電源ケーブル揃っています。

モノラル パワーになりますので
ムンドの中では大きくなくて持てる重さなのが良い感じです。
精密感ある作りで、音の方も密度や厚みがあります。
SRグレードとは別物ですね!

小型高性能パワーをお探しの方には良いのではないでしょうか!


ワンボディーにオールインワン
レシーバーCDアンプのLINN CLASSIK も入荷で点検中です。

DSCF0184 (600x450).jpg


JBL2440
バックキャビネット内のウレタンが劣化したので、
フェルトに張り替えしました。

DSCF0183[1].jpg

JBLの製品は、ウレタン部分が劣化するので厄介です。

ウーファーやミッドなどのウレタンエッジは、年々緩くなり
形があっても8年も使えば終わっています。

ドライバー内のウレタンは通常見ることがありませんが、
こちらも加水分解でボロボロになりますので
古いドライバーの場合、朽ちている場合が殆どです。

最悪な場合、
朽ちたウレタンがボロッと崩れて、
振動板にのっかかっていたりします。
こうなると、掃除も大変ですし、音も詰まった様な感じになっています...。

この2440は、崩れ落ちるまでは行っていませんでしたが
劣化が確認できますので
今後、ボロボロと崩れてこない様にフェルトにしました。

っと、なんだかんだやっております...。








タグ:TELOS200
posted by Lansing at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック