2013年06月06日

自分の点検その2

昨日は、妻に「メシ、メシ」とせがまれ
鰻を食しにお出かけ、その後、遮光カーテンを買いにカーテン屋へ...。

ひまつぶし ひつまぶしです。

DSCF9026 (600x397).jpg

もう一丁

DSCF9027 (600x397).jpg

昼から高い食事代でした...。

今日は、朝から自分の心臓の検査、
僧帽弁逸脱、逆流の状態を確認、
昼過ぎからは、親の病院へ...。

結果は、要経過観察
逆流ジェットの大きさは、危険レベル
いわゆる、弁が閉じれなくて、吹き戻す形をジェットというらしい
ガスライター着火時に似た、
ボワッと火が立つような形で逆流するのですが、
その形が大きいそうだ、
(圧力が掛かっているので、ビュ〜っと吹き戻す感じ)
逆流量は心不全に至るまで多くないそうなので
要経過観察になりました。

自分に病気という実感は無いが、
酷くなると、
不整脈、肺に水がたまる、息苦しい...等
典型的な心不全の兆候が現れるらしい
そしたら弁の手術だそうです...。

前の検査では、
その前の検査の時より、逆流量が減っていて、
今回も前回の検査時より減っているのです。

弁が自然治癒する事は無い病気なので、
血液の量というか、体の水分量が多いと
逆流が多くなり、少ないと減るみたいな事を言われましたが、
前回の検査をする少し前から、
オカルト的なパワーで、
体の中に有る邪悪なものを吸引して
体調を整える事を定期的に行っているので、
(もちろん、西洋医学の病院とかではない)
その結果が逆流量の減少になっているような感じがします。

次の検査の時、
逆流量が増えれば、先生の説明通りで納得、
しかし、今回より更に減っていれば、
説明のできないパワーのお蔭と思います。

治癒したら笑うんですが...。

posted by Lansing at 16:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土井様

お身体を大切にして下さい。
完治、治癒されることを祈念しています。
Posted by george | URL | 2013年06月06日 17:59
george 様

あたたかいコメント誠にありがとうございます。

感謝、感謝です。


Posted by サウンドジュリア | URL | 2013年06月07日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365417108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック