2013年01月09日

匠のオーディオラック!

個人的な自己満足を満たす目的のラックが完成しました。

DSCF7938 (400x265).jpg

最高級の素材、究極の作り
DSCF7937 (400x266).jpg

螺鈿が入っています。
見る角度、光の入り方で、色が変化します。
反対側は入れていないので、
好きな方で使えます。

DSCF7946 (400x266).jpg

匠の技でくみ上げていますので、
釘、ビス類は何処にも見られません。

素材は、ブックウオールナットの最高級素材の無垢材、
棚板部分は、
内部に米松合板を入れ、
化粧にブラックウオールナットの無垢板を貼った構造となり、
音質的に、1年半吟味し決定した素材あわせで製作、
単体のオーディオボードとして作ったものと
同じ物を棚板として使用しています。

見た目以上の高剛性で、強度もありますので
私が乗っても、ぐら付きがありません。

色々な部分に制振、防振対策をした場合、
ダイナミックな感じが低く面白味の無い感じになりますので
このラックには、制振、防振などの処理はしていませんが
聴感上、混濁感や、変な感じにならない様、
棚板(ボード)を作っていますので、
響く木という想像上のイメージの音とは違うと思います。
音は、躍動感がありハイスピードで、
立ち上がりや立下りが速く、
生き生きとした音楽表現という感じです。

これで、
スピーカーベース、オーディオボード、
小型スピーカースタンド、
オーディオラック2種類が揃いました。

posted by Lansing at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック