2012年10月29日

新型スピーカーケーブル

DSCF7481 (400x300).jpg

スピーカーケーブルは、
何の変哲もない電力ケーブル、
WesternElectric
オリジナル単線ときましたが、
こんなのになりまして、テスト中です。

ワイドなfレンジ、抜群の情報量、
しなやかに抜けて高い透明感...。

銀が使ってありますが、銀臭くない音です。

今のところ、
少し前のラインケーブルと合わせると
自己満足評価で、素晴らしいです。

試聴していると、
Garrard301グリススピンドル+SME3009プロトが入荷しました。
基本的に極上、絶品なのですが、
気に入らない部分をさらにメンテしました。

モーターSWの接点のメンテ

DSCF7482 (400x300).jpg

接点が、
左の様に黒くなっているので、外して右の様になるまで磨きます。
DSCF7487 (400x300).jpg

完了です。
DSCF7488 (400x300).jpg

左右の接点を、真鍮で導通させるという構造!
原始的です...。
DSCF7489 (400x300).jpg

プーリーの当たり具合の調整
全体的なクリーニングをしました。

DSCF7491 (400x300).jpg

全景
DSCF7492 (400x300).jpg

シートをジュリアのドライカーボンに!
DSCF7495 (400x300).jpg

解像度やS/Nはもちろん向上し、
低域の彫の深さが増し、
品格が上がった音色になりました。

レアなSME3009プロト、
アームリフターの調子が今一つ...。

ハンドルが、クタクタで、
リフターの昇降も具合が悪いので
分解して直しました。

DSCF7473 (400x300).jpg

DSCF7475 (400x300).jpg

気合いが入りすぎて、
分解してオイル交換した
ダンパー内の写真を撮る事を忘れました。

リフター完全動作です。


気持ち良く動くようになり
快適に使用できるようになりました。

この301、グリススピンドルが良いので
ゴロゴロ感は無くて、非常に静かでS/Nが良いです。
更にカーボンシート使用で、高S/Nに拍車が掛かります。

SPU-GEで聴いてみますと、
アイドラドライブ独特の力強さがあり、
音が団子にならなくて、抜けや切れが良いです。
ダイナミックバランスではないので
開放感みたいな要素があって、
SME3009プロトの優秀さが分かります。

悦に入って聴いていると、
JBLのNOVAが入荷!

DSCF7498 (400x300).jpg

音だししてみると、
味わいのある音のJBLで癒されます....。

箱は綺麗ですが、
アッテネーターにガリが....。

またメンテですねもうやだ〜(悲しい顔)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック