2012年09月01日

P-0カーボン

ドライカーボン5mm厚のプレートが完成しました。

DSCF7249 (400x300).jpg

なんとも精悍でカッコイイ

「どうやっ!!」って程、分厚くてゴージャス!!

DSCF7250 (400x300).jpg

底板

DSCF7251 (400x300).jpg

DSCF7252 (400x300).jpg

ケチ臭く薄く作らなくて正解ですね!!

電源の方も....

DSCF7245 (400x300).jpg

薄い鉄板とカーボンでは大違いです。

DSCF7248 (400x300).jpg

何とも言えないほど、マッドブラックがカッコイイ!

抜かりなく、スパイクもカーボンで作りました!

DSCF7247 (400x300).jpg

早速試聴してみましたが、
冷静さを失うほどの音質変化でコメントができません。

カーボン板の完成品を受け取りに来られたお客様も一緒に試聴しましたが、
ハトが豆鉄砲状態...
「う〜ん、スゲ〜、メチャクチャ音が速い...」というだけで後は無言....。

私も鼻で笑いながらのアホ面...

恐ろしい程の高分解能と高S/Nという事は、
音が出た瞬間に分かりましたが、
久しぶりに興奮したので、
明日、冷静になってから再度試聴します。

何処までも向上するP-0は凄いです!



タグ:P-0カーボン
posted by Lansing at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無茶苦茶格好イイですね。

土井さんのコメントを拝見しまして、私もP−0が欲しくなりました。

ヤマハのCDXー2200ももう終焉でございますので、P−0貯金を始めます。

P−0+カーボン+DAC=いくらになるんだろう?

ちょっとコワイですね。f^_^;)

御指南、よろしくお願いします。

Posted by じょ〜じ♪( ´▽`) | URL | 2012年09月02日 01:53
しょ〜じ様

その時には、
何かお手伝いできることもあると思いますので、
またご相談ください。 (^^♪

Posted by サウンドジュリア | URL | 2012年09月05日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック