2012年04月22日

メンテナンスの進行

ALTECの604Eネットワークベースは、
米松合板をカットしたら疲れたので
気分を変えて4320を弄ることにした。

DSCF2602 (640x480).jpg

4320は、箱に付いているパーツを外してメンテです。
ウーファーは、エッジを新品交換します。

2420ドライバーを確認
DSCF2603 (640x480).jpg

吸音のウレタンが加水分解で劣化
剥がしてみると、フェルトにウレタンが張り付けてある構造...。
DSCF2605 (640x464).jpg

ウレタンの場合また加水分解してしまうので
フェルトを新調して貼りなおそうと考えています。

接点部分もばらしてメンテ
DSCF2606 (640x480).jpg

見ない方が良い構造ですね...。

変な風によじって長さを調整されていた内部配線
DSCF2607 (640x479).jpg

先は経年で酸化腐食していますので剥き直します。
DSCF2610 (640x469).jpg

まっすぐに補正してネットワークへ取り付け直します。
DSCF2608 (640x480).jpg

結線完了
DSCF2611 (640x480).jpg

ドライバーのボイスコイルへ至る部分も綺麗にします。
左が磨き途中で右がそのままの状態...。
DSCF2612 (640x480).jpg

昔、雑誌の記事で、あの菅野のオジサンが
JBLのトゥイーターのこの部分が気に入らなかったらしく
入力端子〜接点部分〜配線を改造し、
「音が激変」みたいな事を書いていたことを思い出します。

取りあえずノーマルで戻し、試聴した後、
端子レスのダイレクト接続へ改造したいと思います。

鋸で疲れた腕も戻ってきたので
今からALTECのネットワークベースボードを加工します。

posted by Lansing at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック