2010年11月07日

LHH700復活!

TOCを読まない(時々読む)LHH700を買取

DSC00053.jpg

原因が分からないので分解...。

内部はホコリだらけ!

DSD00054.JPG

早速、
刷毛とブロアでホコリ退治...。

綺麗になりました!

DSC00039.jpg

クランパーの下に、ピックアップがこんにちは
(後で掃除します)

DSC00040.jpg

アナログ基盤

DSC00041.jpg

電源

DSC00042.jpg

チップ類

DSC00043.jpg

今回はバラさなくても
ピックアップの掃除ができました。

DSC00045.jpg

期待を込めてCDを読ませると..。
読まない(^_^;)

動作を確認すると、
何と!クランパーが最後まで降りない!

DSC00046.jpg

トレイを何度か開け閉めして
クランパーが最後まで降りる時は、
読み込みOK!

DSC00047.jpg

動かしながら原因を探ると、
メカを動作させているプーリーの動きにスムーズさが無い...。

早速分解!

マイクロスイッチを外し

DSC00048.jpg

プーリーを外す!

DSC00049.jpg

内部の溝に汚れのカスが...。

DSC00050.jpg

溝に小さな黒いローラーがハマり
プーリーの回転に合わせ
グルッと動いてメカを昇降させる構造になっていました。
(掃除してオイル塗布)

DSC00051.jpg

バージョンUPと
ベルト交換で、
2回メンテしたとお聞きましたが
シールが貼ってありました!

DSC00052.jpg

全部組上げて
動作チェックします。



完璧に動くようになりました!!

天板を取り付ける前に
電源ケーブルをコンセントから抜き
電源基盤のフューズソケットや
各基盤に付いているコネクター類を外し
全部スーパーコンタクトオイルでメンテナンスした。

天板を戻し完成です!

DSC00053.jpg

最近、CDPの掃除が多いなぁ...。
タグ:LHH700復活!
posted by Lansing at 17:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になりました。
暫く眠っていたlhh700(読取エラー)をこの記事を参考にして手順通り復活挑戦しました、ぎこちなかったローディング周りクランパーはスムーズに活性化されました。しかしながら読取エラーは以前のままです
更にチェック箇所が有りましたら是非教えてください。
Posted by 須藤幹雄 | URL | 2017年08月31日 18:46
須藤様

こんにちは
ブログを読んでいただきありがとうございます。

読み取りエラーが起こる場合、
ピックアップ周りの故障による原因が殆どです。

ピックアップの新品はすでありませんから、
メーカーが修理を受け付けてくれた居た頃は、
ハンダ修正、電解コンデンサ取り換え、ピックアップ調整
等で、直る場合が多かったのですが、
ピックアップ本体の寿命の場合、
修理できませんから、中古機器から外すなどの
代用品を探して修理する必要があります。

ピックアップ周りの調整ができる修理専門店を探して
点検してもらうのが早いと思います。
Posted by Lansing | URL | 2017年09月01日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック