2009年11月29日

BOSE AM-5V

少し前からBOSEを弄って実験しています。

型番:AM-5V(サテライトスピーカー+ウーファーのセット)
新品定価:¥62.790-(税込み)
中古品の場合、¥3万程度で購入可能な品です。

ジュリアは、
正規BOSE取扱い販売店ではないので、
これを売るつもりではなくて、
個人的な音響の勉強の為に弄っています。

サテライトスピーカーを、
専用スタンドMFS-100にセットして使います。
スタンドは、マイクやカメラのスタンドでも良いのですが、
周りに何も無い状態を作らないと、
このスピーカーを生かすことが出来ません。

机の上、棚の上、スピーカーの上などに置いては上手く鳴りません。
この宙に浮いている感じが空間を出すのに有効になるからです...。
鳴らす機器も、(アンプ類など..)手持ちの最高性能の物を使います。

まずは、オリジナルの状態でセットして聴くと、
必要十分なfレンジの帯域があり、
爆音まで破綻することなく再生する事に驚き
しかもB&Wを軽く凌駕する空間が現れます。

安価なスピーカーに完全を求めてはいけませんが
ちょっと鳴らしただけでも本気になってしまう要素がたくさん有り
未曾有のポテンシャルを感じるのです。

気になる点は、若干痩せた中低域と
爆音近くでの余裕感がもう少し欲しいところ
スピーカーから離れて聴く時のエネルギー感みたいなものが
もう少し欲しい感じがします。

そこで、
STAGE1として(メーカー保証が効く範囲)改良処理をしました。
------------------------------------
スタンドとサテライトスピーカーの
樹脂製、固定用スペーサーを
ドライカーボン製に変更、テンションをかけて固定

ウーファーボックス内部の全ての接点を、
スーパーコンタクトオイルで処理

付属の極細ケーブルを廃止、
お気に入りのVCTケーブルへ変更

専用スタンドの底板に付いているゴム足は止めて
SJ-SI(ドライカーボン製の、スパイク受けインシュレーター)に変更

スピーカースタンド下には、ベースボードを敷く

----------------------------------

この状態で聴くと、
気になる部分がほとんど無くなってしまうほど優秀な音が出ます。

しかし、聴いていると欲が出るものです。

もっと良くならないかと考えて思いついた事は、
これを2セット使い、
更なるエネルギーとパワー、
スケールの大きな再生音を狙います。

このセットをを聴いて
ビックリされたお客様に上記の構想をお話したところ
なんとAM-5Vを貸していただける事になり
仮に組んでみました。

サテライトスピーカーが、縦に4個です。
7 092.jpg

ウーファーを、左と右、各1台ずつ使用!
7 093.jpg

この仮セット状態でも
大型スピーカーが鳴っているようなスケール感、
優れた音場、不満の無いレンジで音が迫ってきます。

想像をしていなかった事として
情報量と解像度が格段にUPする事に驚き
指向性が強くなる(悪くなる)事で、
サテライトスピーカーの向き合わせを
慎重に行う必要性が要求されました。

このサテライトスピーカーを
縦一列の置き方から、2個だけ前にずらしておいた場合
若干の位相差が生まれる為、深い奥行のある再生音になり
サテライトの一つを後ろへ向ける必要がなくなります。

ウーファーの置き場所は何処でも良いと、
取扱い説明書には記載されていますが、
左右のサテライトのセンター位置か、
サテライトスピーカーと
インライン配置になる様に一直線でセットした方が
完全に音が良いです。

オーディオメーカーの持っている固有の音色、
例えばJBLの音、
TANNOYの音などが気に入って使用されている方には
その要素を再現する事は出来ないので受けないかもしれませんが、
このBOSE、
価格から考えた場合、脅威を感じる音で驚きます。

恐ろしくHiFiで、ビックリしちゃうような音場空間、
3次元的に広がる立体的な再生音は
大きなバッフルにユニットが付いているスピーカーでは
なかなか出ない音です。

見た目が価格そうろうなので、
所有欲が沸く機器ではありませんが、
音を聞いたら、試したくなり、
オーディオ好きな方ほどはまります。
すでに5人ほどの方が撃沈されました...。

BOSEでも、これ以外の他の製品ではダメです。
まんかな中心の表現で、解像度無く鳴る、
「ああボーズね」っという感じにしか鳴りません。
誰でも一度は聞いた事がある
有名な101MM等とも全く違います。

AM-5V、家電量販店やBOSE展示店等で聞いても
上手く鳴っていませんので、上記の感動は無いと思います。

暇があればここで聴いてみてください。

AM-5V
スピーカーが軽くて移動しやすいので、
音響の勉強にはもってこいのアイテムになるので弄っています。

自分の部屋で、どの様にセットしたら
響きが良く、広い空間で鳴る感じになるのかとか、
サテライトスピーカーの向きによる音の変化
部屋の壁の影響、
スピーカースタンド下のインシュレーターやベースボードの音質傾向
スピーカーケーブルの音のチェック
色々試すことが出来て面白いです。

何かの拍子に壊しても、諦めが付く価格ですし...。

ご使用の方、教えてください。
サテライトスピーカーのサランネットが引っ張っても外れません。

壊す以外には外れない?っという感じでしっかりくっついています。
外した方が高域が伸びると思うので外してみたいのです。
外された経験がある方、ぜひ外し方教えてください。m(__)m


タグ:BOSE AM-5V
posted by Lansing at 14:11 | Comment(17) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サランネットは、上か下かのどちらかの隙間に爪を差し入れ、手前に引っ張っることにより簡単に外れました。

手持ちの1セットでサテライトスピーカーの縦4個置きを試してみました。音像が空中に浮かんで面白いです。もう1セット購入して、どんな音が浮かび上がるのか試したくなってしまいました。
Posted by 通りすがり | URL | 2010年02月15日 23:54
juliaさんのam-5の記事楽しく読まして頂きました。 オーデイオ初心者で申し訳ないのですが、現在yamaha avアンプax-v565とbose am-5を所有しています。juliaさんの記事のようにam-5を2セット用意して使用してみたいとおもいます。質問なのですがax-v565とam-5を接続したいのですが配線の仕方など教えて頂けないでしょうか 
Posted by いしかわ | URL | 2010年04月15日 11:14
いしかわ様

コメントありがとうございます。

サテライト4個に対し
ウーファー1台使用の使い方でお返事します。

右チャンネルの場合、
アンプの出力を
ウーファーの(右)入力へ繋ぎ
(左)の入力へは、(右)チャンネルから渡りをかけます。
サテライトは、ウーファーのサテライト出力(右、左)からそれぞれ繋げばOKです。

左チャンネルも右と同じ様に繋げばOKです。

サテライトはセンターをキッチリそろえる必要があります。
2組前後にずらすと、凄い奥行きが出ます。

色々試してください。
きっと1日中遊べます...。

こちらの結果ですが、
ウーファーの置き場所は
左右へ分けるより、
センターへ2本置いた方が良かったです。

お使いになるアンプの性能?が分かりませんが
この場合のインピーダンスが下がりますので、
ボリュームを上げた時、(かなりの爆音)
音が歪む、アンプの保護装置が働く
思いのほか音量が上がらない等の症状が確認できる場合
アンプに無理が掛かっていることが考えられますので
音が歪んでいる様な状況の使用は
アンプに負担が掛かっていることが考えられますので
ひかえてください。



Posted by サウンドジュリア | URL | 2010年04月15日 21:09
 AM-5VのサテライトをPC席左右に、4〜5m離れてベースモジュールを置いて聞いてます。いま一つ低音が足りない気がしていて、音源によってはサテライトの高音を下げて聞いています。

 お聞きしたいのですが、AM-5Vの専用アンプRA-18を使用していますが、ベースモジュールの1台増設は可能でしょうか?つなぎ方はRA-18→ベースモジュール1→ベースモジュール2→サテライト左右になると思いますが。
Posted by パクエもん | URL | 2012年01月19日 02:14
先程、ご質問したAM-5Vにベースモジュール追加希望のものです。ベースモジュールは中古だと、響かないでしょうか?中古を選ぶ際の注意点など教えていただけると幸いです。
Posted by パクエもん | URL | 2012年01月19日 02:50
パクエもん様
色々とチャレンジャーですね!

サテライトSPが近くで
ベースモジュールが遠い場合、
中高域が強く、
低域の量感は薄れると思います。

この場合、
高域のレベルを下げるというのは
理にかなっていますが、
パソコン席に置いて使用とありますので
AM-5Vのサテライトを使用されるより
BOSEの別製品で、
ディスクトップ用スピーカーで聴いた方が
バランスも良く使いやすいかと思います。

RA-18はAM-5Vワンセット用ですので
2セットを並列に繋ぐ事は
インピーダンスが下がる事や
負荷が大きくなる事などから適合しません。

中古のモジュールを購入される時は
音合わせの為にも
現在お持ちのBOSEとシリアルNo,の近い年式の物か
新しい物をお勧めします。

古い物を分解してみると
ウーファーエッジがNGなんて事が原因の場合がよくあります。

AM-5Vはセットで販売されていますので
基本的にサテライトSPと
ベースモジュールがセットになっている物の方が
音のマッチングは良いはずです。

サランネットを外した場合
ロールエッジと、よじったハチマキの様になっているエッジの物とか
年式により変更されている部分があります。

ベースモジュールは
何処に置いても有効と、
取り扱い説明書にありますが
サテライトスピーカの横一直線上の
中心にセットした場合が一番音が良いです。

左右どちらかに寄っても
エネルギーバランスと、
位相が気になります。
Posted by サウンドジュリア | URL | 2012年01月19日 15:57
サテライトの2個使い、非常に興味深いです。
ちなみに、この2つ どのように固定されてますでしょうか?

スタンドも純正ではないようにお見受けします。

後ろの連結の様子などもお伺いできればうれしいです。

また、配線は単純に並列ととらえてよろしかったでしょうか?

よろしくお願いします。
Posted by 赤い彗星 | URL | 2015年12月03日 10:54
スタンドはBOSEの純正スタンドです。

そのままでは1セット(2個)しか取り付けられませんので
ホームセンターでエーモンの穴あき金具を購入し
サテライトを2セット(4個)金具へ付けてから
純正のスタンドへ取り付けた覚えがあります。

結線に付いては
最初の方にコメントをいただいた
いしかわ様へのお返事に記載しています。

よろしくお願いします。



Posted by サウンドジュリア | URL | 2015年12月03日 16:47
昨年はご回答ありがとうございました。
ようやく実現しそうですので、
再度確認したい点があり、コメントいたします。

配線の件で、いしかわ様へのお返事を確認しました。
その際、「渡りをかける」という表現がありました。

これは具体的にどのようになるのか、参考までに教えてください。

また、サテライト2個は並列でOKですよね?
そちらも一応確認です。
よろしくお願いします。
Posted by 赤い彗星 | URL | 2016年01月26日 16:07
右で1セット、左で1セット
2チャンのステレオで2セット使用という事になります。

使い方、繋ぎ方は
1セットすべてを方チャンネルに使うという感じです。

渡りですが、
右として使うセットの場合
右へ入力したところから左の入力へ、
ジャンパーで渡すという意味合いになります。

サテライトは2個で1セットですから
右チャンネルへ使用した場合
右の出力へ1セット、
左へは渡りを掛けていますので
左の出力で1セット繋ぎます。

(方チャン4本を全て右へ繋ぐのではありません。)

つまり1セット全部をモノラルにして使用するという事になります。




Posted by サウンドジュリア | URL | 2016年01月27日 17:49
ご回答ありがとうございます。

非常にわかりやすいご説明、感謝感謝です。

チャレンジしたら、結果を報告いたしますね。

また、よろしくお願いします。



Posted by 赤い彗星 | URL | 2016年01月27日 22:30
お世話になっております。

週末、ついにAM-5の2セット使いを実現することができました。

ユニットを2個固定する方法にかなり頭を悩ませました。
最初、カー用品のパーツとして売ってたエーモンの金具を使いましたが、薄くてたまってしまいます。上下のユニットを釣り糸や針金で固定しようとも思いましたが、見栄えが気に入らないばかりか、ユニット自体も気づ付けそう・・・

ということで、厚さ3mmはある厚手の金具を試しに購入。これだとネジ穴が M8 対応で、頭が抜けるので、苦肉の策で 当初購入したエーモンの薄い金具を重ねて使ったら偶然にもバッチリ対応できました。

とは言え、スタンドに固定する際、どうしてもユニットの重さで下が傾くので、市販のゴム足をポールとユニットの間に挟んで、偶然にもちょうどよく収まりました! これは感動でした。

さて、肝心の音ですが・・・

1個で使ってた時より、当然ながらパワーが違います。低域もより明瞭になった印象です。ボーカルなんかも、厚みが増したように感じました。おっしゃる通り、大型スピーカーに引けをとらないですね!
驚きました。

同じくBOSEの55werもあるのですが、くらべものにならないです。

別途ツィーターを追加して、高域をよりクリアにする方向で更なるクオリティアップを目指します。

よきアドバイス、本当にありがとうございました。
Posted by 赤い彗星 | URL | 2016年02月01日 15:11
こんにちは。ブログを、楽しく拝読させていただいております。
BOSE AM-5は以前使用していました。ハイレゾ音源をこのスピーカーで聴いたらどうだろう?と、また購入を検討しています。今ならセットで13000円程度で入手できますから。

そこで、AM-5の、2セット同時使用に興味を持ちました。しかし、部屋の制約から、ベースモジュールは、1台のままで、サテライトのみをもう1セット分だけ、追加したいです。

結果、ベースモジュールは真ん中に1台、サテライトは右側2本(スピーカーユニット4個)、左側2本(スピーカーユニット4個)という、変則?構成を考えています。

これは、通常の1セット使用、ベースモジュール1台に、サテライトは片方1本(ユニット2個)、に対して、どれほどのアドバンテージがあると考えられますでしょうか?

また、1セットをまるまる追加した、ベースモジュール合計2台、サテライトは合計4本(ユニットは8個)に対して、どれほどのビハインドが考えられますか?

サテライトだけを増やして、低域よりも、中高域のクリアさ、解像度アップを狙いたい方向なのですが、、、

また、私の、サテライトだけの追加の場合、接続方法は、

アンプとベースモジュールは、通常通り(片方チャンネル同士のプラプラマイマイ)で、

サテライトは、モジュールの片方チャンネルからの、パラレル接続でよろしいのでしょうか?

当方機材は、Pioneer pdx-z10です。ボーカルものをよく聴きます。

以上、よろしくお願いします。
Posted by ジャスミン | URL | 2018年10月13日 16:24
ジャスミンさん

コメントありがとうございます。

AM-5は2.1Ch 3D方式で考えられていますので
丸々2セット使用するか、1セットのみで使用するかしかまともに動く接続ができません。

ウーファー1台でサテライトのみ2ペア使用する場合、
サテライト側の内部の配線接続方法を確認し
結線を変更する必要が生じます。
(ウーファーBOX内部のネットワークとインピーダンスの関係)

ウーファー1台に対してサテライト2が基本ですから
ウーファー1台でサテライト4になる場合、
サテライト側の出力を正規と同じ様に出した場合
低域のエネルギーが足りなくなります。

サテライト4で、サテライト2の時と同じように出力バランスをとった場合
4台使用する意味としては、色々な角度に向けて指向性を広げる事や、
位置をずらしたり、後ろへ向ける等で奥行き感を広げる等になるかと思われます。

サテライトを4本インラインで真っすぐにしますと
指向性が強くなり音が矢のように飛んできますので
リスニングポジションは狭くピンポイントになります。

今の相場で¥13,000-で購入できるのでしたら
2セット買って色々と試されてはいかがでしょう!
色々とご自身で試される事の方が学べることは多いと思います。

スピーカーと部屋の関係、(室内音響の意味)
置く場所や、左右の距離、壁からの距離
3D方式は優秀なのかどうか
スピーカーを一個後ろへ向けることにより
壁の反射で位相が変わりサラウンドの様な効果も期待できます。

色々と試して遊ばれてはいかがでしょう!






Posted by Lansing | URL | 2018年10月13日 17:32
サウンドジュリア店長 様
貴重なお時間の中、早速のご回答、ありがとうございます。
[基本、ベースモジュール1 : サテライト2 ] の件、了解しました。
先ほど、AM-5 のused、1セット購入しました(^ ^) 届くのが楽しみです。
そして、少ししたら2セット目を購入して、26,000円の超ハイCP、ハイファイスピーカーにします。味わいのようなものは、別の機器にまかせて、正確な「音」を追求します。すごい音が鳴るのではないかと、これもまた楽しみです。(このAM-5のベースモジュールのスケルトンモデルの、音波が描く内部の様子は、まさにマシンのようでした。) そして、AM-5は、音楽的にも、優れていると思っています。
それで、セッティングのことも、いろいろ実験してみます。(特に、「奥行の表現」に、興味があります)。

また、AM-5 を、2セット使用の際の接続方法は、ほかの方のコメントでのご質問、また、店長さんのご回答を読んでだいたい分かりました。1点、念のために確認させてください、、、

アンプのRプラス→Rチャンネル用ベースモジュールのRプラス→同じRチャンネル用ベースモジュールのLプラスへ、「渡りをかける(ジャンパーケーブル接続)」、ということは、わかりましたが、
マイナスの接続は、プラスの時と同じで、つまり、
アンプのRマイナス→Rチャンネル用ベースモジュールのRマイナス→同じRチャンネル用ベースモジュールのLマイナスへ、(プラスの時と同じように)「渡りをかける(ジャンパーケーブル接続)」をするのでしょうか???

それとも、アンプのRマイナスと、Rチャンネル用ベースモジュールのRマイナスを接続するだけで、あとは何もしなくて大丈夫なのでしょうか。

私の質問は(もしかしたら)超基本的なことかもしれませんが、、、すみません、ご回答のお時間をいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。
Posted by ジャスミン | URL | 2018年10月13日 21:58
ジャスミンさん

弊店はBOSE正規販売店でもサービスでもございませんので
記載されていることに責任が持てません【持ちません (笑)】ので
私の独り言程度に読み流してください。

サテライトAM-5Vシステムを方チャンネル1セット使用する接続ですが、
L/Rのどちらか方チャンネルを
アンプからべーズモジュールのIN側へ接続する場合

アンプ(プラス)--------R+とL+
アンプ(マイナス--------R-とL-
アンプからはこの様に接続します。

サテライト側は2セットとなりますので、
L/Rの+-へ、そのまま2セット繋ぎます。
これで方チャンネルとなります。

この接続の場合、(V型の場合)並列接続になりますので
インピーダンスが、2〜4Ωとなります。
アンプがこのインピーダンスに対応していない場合
負荷が掛かりアンプの駆動に問題が生じます。

接続方法を直列にしますと、8〜16Ωとなりますから
インピーダンスが高くなり負荷としては軽くなりますが
音量は小さくなり、16Ωへ対応しないアンプの場合
スピーカーのグリップが悪くなり音が荒れます。

直列の接続方法は、この機会にお調べください。

奥行きの再現ですが、
サテライトを1個または2個後ろへ向けると
壁の反射で音が戻るタイムラグを聞く事で脳が奥行き感と捉えます。

上手く空間や奥行きが出ない場合、
部屋の音響が悪い
壁からスピーカーの距離が悪い
スピーカーの向きが悪い等
様様な問題が考えられますが、
教会で演奏しているチェロや合唱などを再生した場合でも
音場空間が狭く奥行きが感じられない場合
セッティングも含め何かしらの問題があると思います。

専用フロアスタンドUFS-20Bの様に
宙に浮いている様なセッティングとなるスタンド以外の使用も好ましくないです。
棚に置く、ラックに置く、大型スピーカーの上に置く等の場合、
可能性の片鱗は感じると思いますが
良好な音場や奥行き感は、あまり出ないと思います。

古いジャス等の場合、
奥行き感より厚く前に出る様な録音となりますので
その場合はソースの問題となります。

色々なセッティングの条件、部屋の環境、
録音の状態なども含め、
オーディオの勉強には最適かつ格安なスピーカーと思います。

色々お試しいただくと面白いと思います。
Posted by Lansing | URL | 2018年10月14日 16:21
サウンドジュリア 店長様
ご回答ありがとうございました!
接続方法は、私がすごい勘違いをしていました、、、お聞きしてよかったです。確かに、その通り、よく考えれば、まったくその通りでした。並列ですものね、ありがとうございます。
直列接続の場合も、調べて理解いたしました。

AM-5 Vは以前、所有していましたが、ある時期に手放してしまいました。
おそらく私が使いこなせないで、何かの不満があったのだと思います。
今回、リターンマッチとして(と言っても遊びながらの勉強です)、オーディオの面白さを再発見、再認識できるように、楽しく頑張ってみます。奥は深そうです。
よき教材として、BOSEクン、よろしくです。

いろいろと、丁寧にアドバイスをいただきまして、ありがとうございました。
これからもますますのご盛況、お祈りいたしております。
Posted by ジャスミン | URL | 2018年10月14日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック