2009年11月14日

STAXvsULTARASONE

凄いヘッドフォンを買い取りました。

あまりにも、音が良いので
自己所有品のSTAX SR-Ωと比べる事にした...。

ultrasone edition8
7 066.jpg

高いだけに、見た目もカッコイイ!

対するスタックスは、
国産最高峰(実際そうだと思います。)といわれるSR-Ω
ドライブするのは、SRM-T1S
7 068.jpg


どちらも、何か気を放っています。

7 069.jpg

ultrasone edition8
今月買ったばかり
何で、いらんくなるんだろう?(名古屋弁)
使用感無し、まるで新品!

見た目の高級感といい、
精密な作りといい、
う〜ん、なんとも素晴らしい!

音の方は、
明確なモニター的サウンド
広いレンジ感、粒立ちが良くしまりの効いた低域
透明感高く、解像度抜群で、
一皮向けたような鮮度の高い抜ける音!
残響も綺麗に響き、瑞々しい
そして嫌な感じが無い...。

音に密度もあり、
フラットで、音域が広いけど、
くどい感じや、きつい感じ、サラッとしすぎ
低域がボフボフしたり、
高域がシャリ付く事もない。

アタック音など、
実に明確でしっかりしているけど、
音が痛くない。

実に良いチューニングです。

装着時、イヤーパットの当たりが
少し強い感じがするけど
一曲聴くうちに、違和感が無くなる...

普通、ヘッドフォンって、
はめているのが、うっとうしくなったり、
汗っぽくなったりして
どうしても、直ぐに外したくなるのだが、
これはそうならない...

よく分からないけど、
素晴らしいイヤーパットです。

耳をすっぽり覆い
わりと遮音性も良い!


スタックスに交換

他のヘッドフォンと大きく違う点は
ほとんど装着感が無い事です。

オープンエアー型よりも、
周りの音が聞こえるし、
柔らかく圧迫感の無い
優しく包み込むような装着感で
ヘッドフォンをはめていないような感じがするのです。

音の方は、
しなやかで繊細、広大なレンジ、
解像度など全く問題なく、
高い透明感、音色も抜群で、
実に瑞々しい!
音の品位が高く、
聴いていて、ダサいところが無い...。

SR-Ω
好んで使用されている方はお分かりだと思いますが、
他のスタックスのヘッドフォンではダメで、
これだけが最高に良いのです...。

スタックスって言うと、
四角い籠みたいなデザインの奴を思い浮かべますが
これは、全く別物です...。

両者を比べると、
彫が深く、解像度の高い感じ、
空間を感じるような絶妙な残響表現
音の密度、
全部の音が明確に聞こえる
HiFiモニター的なサウンドは、
ultrasone edition8 が勝っている

しなやかで繊細、
極上の透明感で迫る瑞々しさ
長時間の使用でも、
疲労感や、窮屈な感じが無く、
開放的な装着感ではSTAX

クオリティー的には互角、

モニター的で、HiFi
持ち歩くなら
間違いなくultrasone edition8
家で使うならSR-Ωでしょうか...。

スタックス
無傷の極上品です。
SRM-T1Sの、電解コンデンサの為を考え、
時々通電しますが、
通常、ほとんど使いません。
「良いお値段で」
買っていただける方がいらっしゃれば
個人的にお譲りさせていただきます...。


この記事へのコメント
Ωもウルトラゾーネと同様の音が出るのですか。EDITION7はかたく高域に癖があって、ヴァイオリンがプラスチック製に化けるし、残響が消えてしまうので興味もありませんでした。

SR-009が発売になりましたが、どのような音でしょう。40万円というと即購入はためらいますが、そのうち検討するかもしれません。
Posted by gkrsnama | URL | 2011年05月04日 17:11
gkrsnama 様

コメントありがとうございます。

ultrasoneの場合、モニターサウンド的で
音は締りが有り(硬いともいう)
スパッと来る抜けの良い音です。

音が優秀と感じるところは、
モニターサウンドとして優秀なところです。

豊かな音色や、心地良い表現、
有機的なサウンドがお好きな方には受けないと思います...。

スタックの場合、
音色変化しますし、音楽の表現も良いです。

専用アンプでドライブしますので
入力している機器の特徴をよくとらえます。
(入力がダサイと音もダサイです...。)

音色が良いヘッドフォンの場合、
fレンジがナローになったり
癖の強い音がでる物が多いのですが
スタックスが優秀な点は、
繊細、高分解能、透明感もある等
性能的にも優れていて、
音楽の表現が良いところにあります。

SR-009は聞いた事がありませんが、
今まで色々聞いた中で比べた場合
個人的に、
このΩとSRM-T1Sの組み合わせが素晴しいです。
ただ、スタックスの場合
中古でもΩだけは人気が有り高額です。

機会があればSR-009も聞いてみたいと思います。

Posted by サウンドジュリア | URL | 2011年05月04日 17:47
どうもありがとうございます。

ED7の悪口を書いたんですが、固いは固いなりに明るく抜けよくという感じで、ロックなんかいいと思いました。ただ聴いたのがバロックのソロヴァイオリンで、方向が全く逆。オケなら印象も違ったんでしょう。ED8は一層いいのでしょうね。

Ωはオリジナルの動作品はめったに見ません。ほめる人とけなす人がいますが、一度聞いてみたいと思っています。STAXによると009はΩを上回るようですが。(開発に何年もかけてハイテクをいっぱい使って価格倍ですもんね。当然か。)
Posted by gkrsnama | URL | 2011年05月29日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック