2009年06月23日

GOLDMUND MIMESIS 2

7 384.jpg

カッコイイ!
カッコ良すぎる....。

当時の価格も凄いが
見た目も凄い!

近くで眺めると
時計メーカーの加工工場で作られている
つまみ類の切削精度が素晴らしい!

精密感あるデザインと作りが融合して
何とも魔力のある気を放っています。


う〜ん
もう降参です...。


7 389.jpg

7 387.jpg
この頃は、気合が入っていたのですね!
他社とは全くレベルの違う作りで驚く...。

7 385.jpg

7 386.jpg
ローレットの精密加工はもう芸術的です。

以前の店舗で
MM2aとMM9.2のコンビで使用していたことがありますが
久しぶりに見るMM2は、
やはりカッコイイ!

しかも、このアンプ
美品!素晴らしい状態です。

音の方もフラットでワイドレンジ
薄型アンプですが、音に力強さがあり
痩せた感じ、貧弱な感じは無比!

下にあるJBLのスタジオ用パワーアンプを
強烈にドライブする。

変な色づけが無くワイドレンジ
スカッと抜ける高域、
メタボな感じの無い
アスリートの筋肉の様な力強く分解能の良い低域...。

こりゃ音までカッコイイ!

アンプ内部を見てください。
まるで
宇宙基地の様です...。

7 390.jpg

7 393.jpg
ラインの入り口
(後ろに見えるのが、TIFFANY RCA端子)

7 391.jpg
ムンド、モジュール

7 392.jpg
電源回路周り

外も中も音もカッコイイMM2
嫌味の無いフラットな音は
今でも十分通用する




話は変わり、
店先のツバメ君です。

あれから元気に育っています
なんと、この中に5羽も居ます。

7 379.jpg

見てると かわいいですよ(^_^;)

夜になると
親鳥がこの上に蓋となって
子供を押さえ込んでいます。

はたから見ると、
巣からもっこり盛り上がって
ツバメ丼 みたいです。





posted by Lansing at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック