2019年12月08日

MIRACORD60とMUSASHIでレコードを聴く

出力真空管にKT-150を使用したMUSASHIとMIRACORD60でレコード再生しました。
カートリッジはAT-150、フォノイコはMUSASHIの内臓フォノイコです。
スピーカーはTANNOY SuperRedMonitor
レコードはハービーハンコック フューチャーショック(輸入盤)

DSC00448[1].jpg

CARBONアームがステキです!
DSC00452[1].jpg

テクニカ AT-150
DSC00453[1].jpg

KT-150使用の武蔵
DSC00451[1].jpg

でっかいトランスです。
DSC00454[1].jpg

MUSASHIの内臓フォノイコですが、
高級フォノイコによくあるヌルヌルの滑らかな音ではなく
立ち上がり良く抜け切れの良いクッキリした音のフォノイコです。

今回はKT-150の満ち満ちたエネルギーを体験する為
レコードのカッティング限界を感じるバカ録音(失礼)のレコードをかけてみました。

MUSASHIですが、真空管アンプのイメージでよくある
「柔らかく温かみのある優しい音」ではなく
男らしいエネルギー感に満ち溢れたやる気満々の音です。
Jazz、fusion等にはピッタリでレンジ感や分解能も高性能な石のアンプもビックリな程です。(笑)
38Cmウーファーを振り回すドライブ力がありますので
JBLやTANNOYの低域が緩くアンプで改善したいと考えている方にはピッタリかもしれません。
KT-150を使用した有名メーカー製のアンプの場合、軽く¥100万越えですのでお買い得です。
MUSASHI 定価:¥58万(税別) 
現在キャンペーン中で、純正球として使用されているECC82/12AU7 4本を
1本¥5,000-で別売りされている真空管ECC802Sへ無料アップグレードして納品可能となります。
何と¥20,000-もお得です。(^^♪

YouTubeへUPしましたので試聴ください。

最後に掛けた1曲目ですが、ドラムのアタック音でリミッターが動作...。
音がつぶれて立っていませんが、体験したい方は店の方へお越しください。(^^♪



posted by Lansing at 17:00 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

ELAC MIRACORD 60

レコードプレーヤーをセットして音出ししました。

カートリッジはAT-150
アンプは当店のゲルマニウムアンプ
スピーカーはTANNOY SuperRedMonitor
レコードは山下達郎のライブ録音

定価:¥175,000-(税別)のレコードプレーヤーですが、
これだけの音を出す¥10万台のレコードプレーヤーはなかなかお目に掛かれないと思います。
気に入りましたので当店で店頭展示&試聴可能な状態で取り扱いします。

YouTubeへ音出しの様子をUPしましたので聴いてみてください。
HD画質、ヘッドフォン使用がお勧めです。

録画ビデオ:SONY HDR-MV1
録音レベルはマニュアル調整でリニアです。
ピーク時100%のMAXまでメーターが振っています。
普通のビデオの様に圧縮やオートレベル調整が入りませんので
試聴時のボリュームは上げ気味でお願いします。


最近の外食
浜木綿のランチ
DSC00440[1].jpg

DSC00441[1].jpg

posted by Lansing at 16:33 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

アンチスケーティング

トーンアームのアンチスケーティングの調整を行いましたので
YouTubeへUPいたしました。


話は変わります。
カクテルオーディオですが、ファームウェアがバージョンUPされました。
次回、その様子をUPします。

また、コントロールアプリで
MusicXを使用されていらっしゃる方が多いと思いますが
現在、進化したMusicXneoが出ています。
更にお利口さんになって使いやすいという事ですので
インストールされてはいかがでしょうか!
posted by Lansing at 18:45 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

MIRACORD 60

今年、店頭展示して販売していたelipson OMEGA100 CARBONですが、
輸入代理店のフューレンコーディネートさんより
新品の入手が不可という連絡が入りましたので次に何を展示するか検討しています。

必要な要素は下記の感じ
----------------------------
大枚をたく事なく低価格でアナログレコードの音を楽しめる事

躍動感あるアナログらしい出音である事

音色が少なくて暗い音ではない事

フローティング構造でターンテーブルがフラフラな構造の物は
一般的に中低域の締りが緩くドラムなどが立ち上がらないので排除
ギターはモチロン、リムショットやスネアは音が立ち上がってほしい...。

ベルトドライブの場合は回転が安定している事
(丸形ベルトドライブのユラユラら回転はNG)

アームの構造は奇をてらった物でなくオーソドックスでしっかりしている事

できれば見た目はカッコ良い!
------------------------------

色々物色してELACのMIRACORD 60が良いのではないかと感じ
輸入代理店のユキムさんより試聴機をお借りしました。

CARBONアームパイプ!
しかもカートリッジが簡単に交換できるユニバーサルシェルです。
DSC00439[1].jpg

サイズは大きくなくて良いです。
DSC00437[1].jpg

回転数切替つまみのローレット加工や
切り替えた時のクリック感も良い感じで全体的な質感は高いです。
DSC00435[1].jpg

見た目はカッコ良いです!
DSC00436[1].jpg

写真にはありませんがダストカバーも付属しています。
DSC00438[1].jpg


ビジュアル的に最高峰のMIRACORD 90に似ています。
MIRACORD 90は¥420,000-(税別)
全種類 MIRACORD 90/70/60/50と全て見比べた場合、
この60が構造や使い勝手コスパが1番ではないかと思います。

安物のカートリッジAT-10Gを付けて聴いてみましたが
反応が早く瞬発力ある出音でメリハリ感と中低域がしっかりしたサウンド!
平型ベルトと光センサーによるPID制御とやらで
ヨーロッパ製の丸形ベルトドライブを使用したレコードプレーヤーによくある回転ムラは無比

かなり気に入っていますので更に色々試して結果が良ければ
こちらを導入して店頭展示でレコード試聴機とします。

posted by Lansing at 20:14 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

ケーブル

ケーブルを弄っております。
いま流行りのインフルエンザではなく電線病になりました...。(^-^;

試作4作目のプロトタイプ
DSC00423[1].jpg

ケーブルの構造を変えていますので普通の2芯又は3芯のケーブルとは違います。
色々と試作して結果は良好ですので使用する素材の決定と見た目を良くします。

昨日、新築オーディオルームと終の棲家のお客様が来店されましたので
用件が済んだ後、ケーブルのプロトタイプを試聴していただきましたところ
大変お気に入りいただき電源装置DA-6から機器への電源ケーブルと機器間のラインケーブル全てを
現在試作を繰り返している新規構造のケーブルへ変更依頼を受けました。

お客様のシステムは、3Pコンセントへ3Pコンセントプラグの電源ケーブルを使用
機器側はインレットプラグとIECで繋いでいる機器がありますので
IECプラグのアースが機器のケースへ落としてあれば
複数台この感じで電源を取るとアースループができてしまいますので
先にアースループができない様に結線と手直しをして
新型ケーブルは基本構造で製作して繋いでみようと考えております。

アースループができない様にするだけで、
エッ!っと感じるほどの音質が改善しますので楽しみです。






posted by Lansing at 18:06 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

インダクター

お客様から注文を受けていたインダクターをTVの電源回路でエージングしていたのですが、
昨日、そのお客様がご来店されたのでお渡しいたしました。

インダクターをTV用のコンセントから抜いた途端
お客様が「奥行き感が悪くなった...」と つぶやいた...。

YouTubeを利用して見直してみると
奥行き感や白の綺麗さダイナミックレンジが下がった様な画になってしまったので
先ほど暇な時間を利用してTV用のインダクターを作りました。

DSC00421[1].jpg
YouTubeもご機嫌な綺麗さに戻り音質や音の定位も良好になりました。

有機ELや4K高画質TVやスクリーンで映画を観ている方の場合
KOJOの電源フィルター S1Pを付けてみてください。
画がスッキリとクリアーになり音も抜けが良くなります。

地デジ、YouTubeも綺麗になりますので付けたり外したりして試すと面白いです。
このフィルターはサージアブソーバー付きですので雷対策にも有効です。

電源回路へノイズフィルターを入れるとぬるっとして抜けの悪い立たない音になる場合が殆どですが、
このS1Pはその逆の効果となりますのでフィルターで改悪になった経験がある方にもお勧めです。

そして更に欲張る場合当店のインダクターを追加すれば
何も対策していない電源で観る時とかなりの違いが出ると思います。
もちろん余裕のある方の場合は電源装置を利用するとそれ以上のご利益がありますが
費用対効果で考えた場合、S1Pフィルターがコスパは抜群です。

forcebars1p_eye[1].jpg

今手掛けているオーディオルームで使用する電源ケーブルを利用してタップ用の電源ケーブルと
機器用の電源ケーブルを試作してみたのですが、良好な結果となりましたので
AIRPULSE様のケーブルを作る事とします。

恒例の外食
店の裏の 創作旬彩 崎さんでエビフライ定食:¥1,000-(税別)
DSC00417[1].jpg

エビは3本 タルタルソース付き
DSC00418[1].jpg

お刺身(日によつて変わります。)
DSC00419[1].jpg

パイナップルが甘かったです。
DSC00420[1].jpg

posted by Lansing at 15:40 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする