2019年11月14日

男の隠れ家オーディオルーム 8

先週は仮の電源+マッキンで音出しテストしましたが、
今回は、オーディオ専用電源のドライカーボン製分電盤が付きましたので
静電シールドのオーディオ電源ケーブルが届く前に
分電盤のブレーカーからタップへ直接電源を取り電源の違いを試してみました。

取りあえず先週と同じマッキンのシステムで電源のみ繋ぎ変えて聴いてみると
エネルギー感と言うか、音の力強さ、腰の入り方が別物で
低域は波動感がマシマシなのに分離が良く
しばし聞き入りお客様も私も予想を超える出音で無言...。
「ハァ〜」のため息の後、「電源って凄いね!」(笑)

で、こうなればという事でパワーアンプをCFの最新作へ入れ替え
更なる電源のクオリティーUPの為、
KOJOのDA-6を入口用と、パワー用2台の3台入れて更に試聴してみました。

取りあえず床にべた置きの適当セッティングですが、
マッキンのドンと来るアメリカンサウンドと違い
超分解能で波動感の出音に変わりDS-4NB70炸裂!!
いや〜このなめた様なセッティングでこの出音だと既に何故か満足感が出てしまいます(;^ω^)
DSC00304[1].jpg

あれこれと数曲聴いてみましたが、
この出音が本格セッティング前の仮音出しと考えると怖い気がしてきました。
機器は全て分電盤からの専用電源で8台のKOJO DA-6を使用し機器を混ぜません。
左右分離ダブルダック、スピーカーはダブルスタックしてモノラルアンプ4台で鳴らしますので、
この後どうなるのか未知の世界です。
DSC00303[1].jpg

Metal+ドライCARBONラックが完成するまでは床置きですが今の状態でも十分楽しめます。
仮のテスト試聴でこの感じですから、行けるところまで行った音を聴いてみたいです!
posted by Lansing at 20:22 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古民家再生オーディオルーム 3

ゆっくり確実に進んでおります。
べた基礎、柱や梁の補強、屋根裏周りが終わり部屋の作り込みに入ります。

屋根の断熱と土壁の補修
DSC00302[1].jpg

見上げると屋根までスコーンと抜けていますが、梁の下へディフューザー天井を吊り下げます。
DSC00298[1].jpg

DSC00300[1].jpg

床の間周りの壁も当然土壁ですので補修と新たな壁を作ります。
こちらへは棚やPC等を見るスペースを作ります。
DSC00301[1].jpg

正面がスピーカーをセットする場所になります。
バコバコ鳴らない壁にしてスピーカー背面は反射構造の壁にします。
ステージみたいになりますのでお楽しみに!
DSC00299[1].jpg

べた基礎の上は根太を引きますが、砕石低域吸収構造とします。
フロアは床暖で温かくなる予定で
この後は徐々に部屋らしくなっていきます。
posted by Lansing at 19:56 | Comment(0) | 古民家再生オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新築オーディオルームと終の棲家 26

定休日にJBL4355を仕上げオーディオ機器類を仮接続して音出しテストをいたしました。
スピーカー位置を決める為、台車に載せて移動できるようにしました。
1本120KgのJBL4355を一人で台車に載せましたので今日は筋肉痛です。(笑)

DSC00295[1].jpg

オーディオ機器類
DSC00294[1].jpg

スピーカー側から見る
DSC00296[1].jpg

防音ドアを入って右がリスニングポイント
DSC00297[1].jpg

JBL4350は、ゴム足台車、養生シートの上というユルイセッティングですが、
この状態でも家内イケてますのでビデオを撮りました。

HDR-MV1で録画、最後はメーターMAXリミッターが掛かる限界点までで撮っています。
録音レベルはリニアですので試聴時はボリュームを上げないと音が小さく聞こえます。

JBL4355のアッテネーターは分解メンテナンスいたしましたので
今のところガリは全くなくスムーズな調整ができます。
左右の音のバランスもバッチリでスピーカーの出音は良好です。
19日に特注のスピーカースタンドが納品されますのでセットする予定です。

posted by Lansing at 19:36 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする