2019年11月02日

新築オーディオルームと終の棲家 23

今日は2441等を外しメンテ
ネットワークやアッテネーターも外してメンテしました...。

2441程の重量になるとフロントバッフルが耐えられないのでこんな感じで固定してあります。
ドライバーを降ろすには固定している木のバーを外しませんと隙間が無いので降ろせません。
DSC00180[1].jpg

50肩の痛みに耐え(笑) 体力の限界を感じながら外しました...。
DSC00181[1].jpg

もう片方のスピーカーはボルトとナットの留め方が逆です?
DSC00182[1].jpg

こちらは固定ビスを外してもバーが動かない?
目いっぱい荷重をかけると「バキッ」という音がしてノリが剥がれました...。
DSC00183[1].jpg

2本とも一度ユニットを外した跡がありましたので
ボルトの留め方も違い、木のバーへノリを付けたりしたのでしょう...。
取りあえず外せましたのでOKです...。
DSC00184[1].jpg

店に持ち帰りドライバーを確認します。
振動板表面が白ずんでいますが凹みなどは無いです。
DSC00187[1].jpg

接点 酸化被膜ができていますね...。
DSC00188[1].jpg

入力ターミナル〜鉄ネジ〜圧着端子という感じで繋がっています。
ネジは酸化被膜で真っ白です...。
DSC00190[1].jpg

ネジをスーパーコンタクトオイルでクリーニング(上)
DSC00191[1].jpg

ターミナルも酸化被膜ができています。(上の赤はクリーニング済み)
DSC00192[1].jpg

この状態で音出しテストすると少し歪んでいます。
DSC00187[1].jpg

ダイヤフラムを外し確認します。
DSC00199[1].jpg

ダイヤフラムは異常なしですが、
ドライバー本体の磁気回路のギャップに鉄粉と薄錆が確認できます。
DSC00198[1].jpg

黒い大きめのが取れました。錆も取れてきました。
DSC00200[1].jpg

何度も念入りにクリーニングしました。
DSC00201[1].jpg

スッキリ綺麗になりました。
DSC00202[1].jpg

普段掃除出来ない部分もクリーニングしておきます。
DSC00194[1].jpg

ホーンの奥の方も
DSC00195[1].jpg

スッキリです!
DSC00196[1].jpg

振動板の白ずみもクリーニングして綺麗にしました。
DSC00189[1].jpg

もう片方のドライバー同じ様にメンテしました。
DSC00204[1].jpg

このドライバー2441ですが、375と同じ黒の結晶塗装です。
店にあるゴールドウイングに付いている2441はプロ用でおなじみのグレー色
DSC00205[1].jpg

DSC00206[1].jpg

重量:12.7Kg 取り付けるのが不安(^-^;
DSC00207[1].jpg

ここでスイープ音テストします。


現場へ戻りアッテネーター等を外します。
ガリや接触不良が有るので何度もグルグルと回した跡があります。
DSC00208[1].jpg

銘板を外しました。
DSC00209[1].jpg

ネットワークも外しましたので、すっからかんです。(笑)
DSC00213[1].jpg

ネットワークはこんな感じ...。 4344に似ています。
DSC00212[1].jpg

基板は接点だらけなのでスーパーコンタクトオイルでメンテします。
DSC00211[1].jpg

こんなにも!(;^ω^)
DSC00217[1].jpg

入力ターミナルの裏です。
上が高域側で下がダブルウーファー直結
DSC00214[1].jpg

こちらも鉄ネジ導体、お決まりの酸化被膜で白くなっています。
見ていると接点レス化して直結したくなります。(笑)
こちらもスーパーコンタクトオイルでメンテしました。
DSC00216[1].jpg

アッテネーター
DSC00224[1].jpg

分解可能タイプでした!
DSC00219[1].jpg

軸のグリスが垂れてグランドの接点はグリスでベッチョリ....。
DSC00220[1].jpg

バラシて磨きます。
DSC00221[1].jpg

グリスをふき取りペーパーとスーパーコンタクトオイルでメンテしました。
DSC00222[1].jpg

こちらも同じ様にグリスがベッチョリです。
分解して接点上のグリスを取り除き研磨後スーパーコンタクトオイルでメンテしました。
DSC00223[1].jpg

内部の巻き線抵抗部分は殆ど錆びていませんので
ペーパーでひと磨きしてスーパーコンタクトオイルを塗布しておけばOKです。
今までJBL43系のアッテネーターをかなりの数分解しましたが
巻き線抵抗が大きく錆びている物は少なく
グリス付着で接触不良が起きている事が多かったです。

ヤフオクに出品されているスピーカーや他店のメンテナンス等で
「接点復活剤をアッテネーターカバーの隙間から吹きかけてガリ取りしました」という記載を見ますが
それを行ってしまうと
接点復活剤で内部に溜まっているグリスが溶けますので一瞬接触が良くなりますが
溶けたグリスは巻き線抵抗の方へも流れ出してしまい数か月経つと巻き線抵抗が錆びてきます。
そしてガリが出だしたら、また接点復活剤を吹きかけるという様な事を数回繰り返しますと
アッテネーター内部は緑青が発生して見るも無残な感じになっている場合が殆どです。
基本は分解清掃です。

一通り終わりました。
DSC00225[1].jpg

ネットワーク基盤を箱へ取り付けて
ユニットへ至るリード線を綺麗に撚り直し、
酸化しているリード線の先も剥き直しスーパーコンタクトオイルを塗布
各ユニット側のターミナルも接点をメンテしてスーパーコンタクトオイルを塗布

クソ重い(失礼)ドライバーを50肩の痛みをこらえて持ち上げて取り付け(笑)
トゥイーターやウーファー類も元に戻しました。
今、ブログっていますが普段使わない筋肉に力を入れましたので疲労感バッチリで筋肉痛です。

あともう一本同、接点類のメンテナンスと組み上げ作業が待っています...。( ;∀;)
DSC00226[1].jpg

明日の午前7:30から、この辺り全域でちょっぴり大きめの避難訓練があり、
私も駆り出されますので店はお休みとなります。




posted by Lansing at 20:33 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする