2019年10月31日

新築オーディオルームと終の棲家 21

JBL4355スピーカーを搬入いたしました。
店は定休日ですが、昨日も今日も仕事しています。(^^ゞ

ちょうど家具屋さんと建築デザイナーが居たので
私が設計したスタンドの設計図を基に
強度とデザインを考慮した形を考えてもらっています。

DSC00150[1].jpg

スピーカーの底面にはハカマが付いていますので横倒しして確認、実際のサイズを測り
見た目はモチロンですが、足の形をどうしたら良いか、
その形にした時の荷重のかかり方などを話し合っています。

スピーカーとスタンドの間にはドライカーボンのインシュレーターを挟むので
インシュレーターが動かない様にザクリを入れてもらう事と
スピーカーとスタンドがずれてしまわない様にセットできる構造を考えてもらっています。

JBL4355は私が分解メンテナンスしますので打ち合わせ中にユニットを外しました。
トゥイーターは持ち帰り店で分解メンテして次回伺うときに持って行きます。
2441ドライバーは気合を入れないと外れませんので後日外します。
4355はネットワークが4344と同じ様な基盤型になっていますので接点も多数
こちらは現場で外して接点のメンテナンスをします。
また、アッテネーターも接触がおかしいので外して分解します。
やる事山盛りですが、スタンドが完成するまでに仕上げます。
DSC00151[1].jpg

ブラックウォールナットの特注ラックも納品されました。
既製品ではないので、半端ない高級感がステキです!
DSC00157[1].jpg

今までお世話になっていた匠の家具屋さんの製作ではないのですが
完成品を確認すると今回の家具屋さんも素晴らしい完成度で出来上がっています。
DSC00158[1].jpg

リスニング側の椅子やテーブル等も納品されました。
DSC00159[1].jpg

SONYの有機ELテレビ KJ-65A9Gが納品されていましたので
AIRPULSE A100をテレビ用のスピーカーとして取り付けました。
(ケーブル類が一切見えないように壁トラックを作り込んでいます。)

有機ELテレビは画面が薄いので家具屋さんが見入っています。(笑)
私的には65インチのテレビが小さく見える部屋が素晴らしいです。(^^♪

KJ-65A9G本体で音だししますと画面から音が出て意外と聴ける音質なんですが、
AIRPULSE A100をセットして鳴らし比べてみると
一般的なテレビより良い音じゃんと感じたKJ-65A9Gの音がラジカセっぽい音に聞こえてしまい
映画、音楽物は一線を画す程の違いとなってしまいました...。
私の感覚では適当なバースピーカーや数十万のAVセットなどとは比べ物にならない程の出音です...。

写真に写っている家具屋さんは当店来店時に一発KOで既にA200をテレビにつけて使用されています。
こちらのお宅でニュース放送で音出しして一言、「声が全く違いますねぇ〜」

建築デザイナーさんは、
「聴きやすい音ですねー、お年寄りでテレビの音が聞き取りにくい方にもお薦めですね!」
「音楽は臨場感が全く違って聞こえますねー」

後日、しっかりとセットします。

A100は、税+送料込み価格でペアセット¥80,850- SoundJuliaで取り扱っております。
PayPayで買えば最大10%還元!
当店でA100/A200共に試聴可能です。
DSC00152[1].jpg

以下 ユルイ話です。

(水)(木)定休日中の外食(2名)
バンチャガルでチキンカレー
DSC00143[1].jpg

DSC00145[1].jpg

もう一人は サフランライス
DSC00144[1].jpg

ナンが美味いんですんわ!
DSC00146[1].jpg

江南本店で春巻きセット
DSC00148[1].jpg

DSC00149[1].jpg

もう一人は五目うま煮麺
DSC00147[1].jpg


タグ:4355 JBL
posted by Lansing at 18:18 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男の隠れ家オーディオルーム 7

オーディオ専用分電盤のドライカーボンベースが完成いたしました。

メインブレーカーと小ブレーカーを取り付けます。
DSC00154[1].jpg

穴にはタップが切ってありますのでブレーカーをカーボン板へ直接強靭に取り付けます。
DSC00156[1].jpg

積層ドライカーボン極厚板!(笑)
DSC00155[1].jpg

オーディオルームの方も仕上がっていますので
分電盤完成後に音出し調整です。

posted by Lansing at 17:16 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

KOJO DA-6

あいにくのお天気となってしまいましたが
KOJO DA-6の試聴依頼がありました。

現在、店用として常時使用しているDA-6は2台、
お客様から依頼されてエージングしているDA-6が1台あります。

デモは音の入口となるカクテルオーディオX50Dへ使用しているDA-6の電源供給を
タップの100V電源へ繋ぎ直して試聴するという感じです。

IMG_2205[1].jpg

X50Dに使用しているDA-6を外して直ぐに感じ取れることは
録音している場所の空気感というか音場空間の表現がガックリ落ち残響が少なく聞こえ
広がりや高さ等も小ぢんまりして全体的な分解能は落ち音が凝縮している様な感じに聞こえます。

電源関係のアイテムは色々ありますよね...
格安なフィルタータイプもありますし
電源装置の場合は、アイソレーショントランス
電源波形を生成し直すリジェネレーション方式
元の電源歪を改善して出力するタイプ等色々ありますが、
アンプを製造しているメーカー製の場合
他社のアンプを繋いで聴いても
そのメーカーのアンプの出音に似たトーンが含まれるので面白いです。

アキュフェーズがお好きな場合アキュフェーズの電源装置が良いと思いますし
LUXMANがお好きな場合LUXMANの電源装置が良いと思います。
LUXMANの場合、電源装置の内部電源はスイッチング方式ですので
LUXMANのアンプの出音より切れの良い音になります。

当店がKOJO DA-6を扱っているのは
容量が600VAもあるのに定価は¥39万と安く
自然冷却方式でファンの動作音も無く
〇〇(メーカー)の様な音という要素が無いからです。

KOJO製品の場合Forcebar S1Pという電源フィルターがありますが
繋いでみると分解能が上がり澄んだ出音になります。
フィルター類を入れると出音が滑らかで優しくなる場合が多いのですが
Forcebar S1Pは逆に力強くなります。
定価¥26,700-(税別)でコスパは抜群ですので
こういう物から試しても良いと思います。
AV系の機器、TVなどへ繋いで試しても画が良くなりますので目で見て判ります。


今日のお昼は 中国料理 秀 さんで食しました。
週替わりランチ 豚肉とカボチャの?何チャラ定食
IMG_2203[1].jpg

こんな感じ
IMG_2204[1].jpg

お知らせです。
DiDiT DAC212SEですが、新型が出るという事で
輸入代理店の方に新品の在庫が無くなりました。
最後の1台は当店が販売しました(^^ゞ

という事で新品を注文しても入手は不可ですが
オーディオショー展示品、開梱品のB級扱い品が各1台の合計2台ありますので
入手されたい方がいらっしゃいましたらご連絡願います。



posted by Lansing at 14:54 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

elipson OMEGA 100 CARBON

elipson OMEGA100CARBON 店頭展示機を販売いたします。
・新品定価:¥107,800-
・店頭展示機販売価格:¥78,182-(¥86,000-消費税+送料込み)

当店はこちらの商品の取扱店となっておりますのでフューレンコーディネート正規輸入品です。
付属品などは元箱から全て付属しており機器の状態は良好です。
ダストカバー未使用、お買い上げ日より保証書有効になります。



DSC00124[1].jpg

カーボンアーム搭載
DSC00126[1].jpg

オルトフォン2M RED付  CARBONという名前ですからキャビネット上部もカーボンです。
DSC00125[1].jpg

回転数切替 使う事は無いと思いますが、スイッチ操作で78回転も可能! 
ロゴの保護用薄皮はそのままです。
DSC00127[1].jpg

プーリー ベルト
DSC00128[1].jpg

EP用アダプター
DSC00129[1].jpg

以下ユルイ余談です。

リーバイスの膝が破れて穴が開きましたので
先日イオンへ出かけた時ジーンズを購入しました。
DSC00118[1].jpg

今回は違う物でと三種類...。
DSC00123[1].jpg

オッサンなので食後のハラを考え(笑)「スゴイラク。」が目に入りまずはこれを選ぶ...
DSC00119[1].jpg

店員さんに「何か面白いの無いの?」と尋ねると、和紙デニムを勧められて買う(笑)
DSC00120[1].jpg

何度も買いに来るのが面倒なので、更にと訊くと
「海外製のカッコいいのどうですか?」ときたので買う(笑)
DSC00122[1].jpg

今日、和紙デニムを穿いてみましたが、軽くて肌触りが良いです。

posted by Lansing at 14:14 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

RX100M7+ECM-XYST1M 4K空気録音テスト

ステレオサウンドさんより提供された高音質ソフト(SACD/CD)安全地帯のベスト盤です。
こちらを再生してRX100M7+ECM-XYST1Mで4K録画します。

DSC00109[1].jpg

ソフトを開梱して確かめるとレーベル面はグリーン
DSC00110[1].jpg

記録面はGOLD!
DSC00111[1].jpg

早速カクテルオーディオのX50Dへリッピングいたしました。
DSC00115[1].jpg

RX100M7+ECM-XYST1Mで4K録画
ステレオサウンド高音質ソフト安全地帯〜MQA-CD中森明菜

外付けマイクECM-XYST1Mを付けるとホワイトノイズが増します。
分解能が高くない事と、マイクの指向性の影響で
左右の角度を変えても撮影者に反射する音や僅かなマイクの向きで音がゆらぎます。
移動中はそれで良いのですが、手持ちで座って録画している時などの場合も
少しの動きで音もゆらぎます。「感度が良いから」で済ませばそれまでの事ですが....。

また、カメラの前でしゃべる場合はこのマイクを0度にして録画すれば
ステレオ感は無くなりますがよい感じで録れます。
やはり室内でのステレオ感を活かした音楽録音は向かない感じです...。

屋外ではどうかと思い「林修のニッポンドリル」で紹介された
草餅がおいしい「山田餅」が当店の近くにありますので
山田餅まで歩いて録画してみました。
車道の車の音など臨場感豊かに録れていますので
このマイクの使い方としては広い屋外などで使う方が良いと思います。


posted by Lansing at 15:54 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

MUSASHI&TRZ-300W お得なキャンペーン中です。

TRIODE プレミアム ショップ 認定店のみで取り扱われている
300BのアンプTRZ-300WとKT-150のアンプMUSASHIですが、
現在、お得なキャンペーンを実施中です!
(期間:2019年12月31日まで)

純正球として使用されているECC82/12AU7 4本を
1本¥5,000-で別売りされている真空管ECC802Sへ無料アップグレードして納品可能となります。
何と¥20,000-もお得です。(^^♪

純正のECC82/12AU7
DSC00104[1].jpg

高信頼管 ECC802S
キャンペーン中の球は選別球です。
DSC00103[1].jpg

こんな感じでビデオに撮りましたので下のYouTubeでご覧ください。
DSC00106[1].jpg

色々撮ったのですが著作権の問題で再生不能になってしまう為、玉置浩二のみとなりました...。
先に純正球の12AU7(ECC82)続いてECC802S高信頼球へ交換して同じ曲を再生します。
現代の高性能真空管アンプMUSASHI パワー管KT-150
スピーカーはDIATONE DS-4NB70


ヘッドフォン装着、HD画質で視聴ください。

私の感覚では、純正球の場合はやや刺激を感じるほど切れの良い音が特徴的でしたが
ECC802Sへ交換後は音の粒子が細かくなり刺激音を感じなくなりました。
音楽の表現も丁寧になって楽器の分離も向上し
更にfレンジも広くなり高域の伸びや低域のしっかり感等も純正球より良く感じます。
球のエージングも兼ねECC802Sを付けたままにします。

KT-150使用のMUSASHIに興味が湧きましたら試聴にご来店ください。

現在、名古屋市内での取り扱い店は当店SoundJuliaのみとなっております。
メーカーと販売契約を結んだプレミアムショップのみの取り扱い商品となりますので
他店では試聴や販売をしておりません。

2019年12月31日までにご注文いただいた方に限り
選別球の高信頼管ECC802Sを純正球ECC82と換装して納品可能です。

本日の昼食
お隣の中華料理屋さんで肉野菜炒め定食を食しました。
DSC00107[1].jpg

お値段:¥700-
DSC00108[1].jpg



posted by Lansing at 14:53 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

3Pコンセント IECプラグなど

今までマリンコのIECプラグを好んで使用しておりましたが
プラグボディーが大きい為、オーディオ機器のケースと干渉し
IECプラグが刺し込めない場合がありますのでIECプラグを変更しました。

上の丸いのがマリンコIECプラグ 
下の四角いの2個が新規採用のIECプラグ
色々と試聴してこのIECプラグに決定しました。
DSC00089[1].jpg

コンセントの方はレビトンのホスピタルグレードで十分です。
DSC00091[1].jpg

現在手掛けているオーディオルームの場合
メイン機器への電源供給はコンセント経由のタップから供給するのではなく
分電盤からオーディオルーム直引きケーブルの先へIECプラグを装着し
電源装置 KOJO DA-6へダイレクトに電源を供給して入力機器やパワーアンプを繋ぎます。

VVFケーブルで配線されている一般家庭の電源の場合
色々なところへ分けて電源を供給している分岐回路から供給する場合が多く
それ以降もコンセント〜タップなど接点類を多く介在する事になり音質的に不利となりますから
オーディオ専用電源は
分電盤からシールドケーブルで直引きしてピュアな電源をダイレクトに供給します。

予備電源用ですが、コンセントを付ける箱も音質的に影響大ですので
音質を確かめる為、試作で2口タップを作り確認しています。

壁の中へ入れる樹脂製のBOXは音が軽く薄い
工場などでよく見る金属管配線用の鋳造で厚く重たいBOXは音が死んでいました。
分厚い亜鉛メッキの重たいBOXも何だか音が大人しくて...
プレスして作られたスチールボックスは見た目は良くないけど音は良い(笑)
という事で今回のコンセントBOXはブラック カチオン塗装のスチールBOXを採用しました。
メイン機器を繋ぐのではなく予備電源のコンセントとなります。
DSC00098[1].jpg

耳の部分を曲げてプレートへくっ付く様にします。
テンションが掛かり音質が良くなります。
曲げない場合ネジ位置だけで締まり耳が浮く場合が殆どで音も濁ります。
DSC00099[1].jpg

コンセントプラグを刺し込んだ見た目
DSC00100[1].jpg

色々な材質のコンセントカバーを試します。
DSC00101[1].jpg

樹脂 チープに見えます。(笑) 米国のホテルなどで見るコンセントカバーと同じです。
DSC00094[1].jpg

アルミ
DSC00096[1].jpg

ステンレス 見た目がクールで引き締まります。
DSC00097[1].jpg

真鍮 金持ちプレートって感じ(笑)
DSC00095[1].jpg

結論的には何もつけない状態が開放的で伸びの良い音質(笑)
コンセントを付けるネジ類も材質で音質が変化します。
カバーに金属プレートを付けると付けた金属の響きが乗った音になりこもります。
精神衛生上隙間が見えるのが嫌な場合、チープに見える樹脂が一番良いと思います。

ベージュっぽい色の樹脂カバーはカッコ悪いので
取りあえずブラックの樹脂カバーを取り寄せて付けます。
カバーを付けない場合でもカバー固定用のネジを付けて締め込んだ方が音が締まります。

お昼時に営業さんがみえましたのでご一緒に近所のトンカツ屋さんへGO!
ポークテキ定食¥1,100-
DSC00092[1].jpg

DSC00093[1].jpg


posted by Lansing at 12:21 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

新築オーディオルームと終の棲家 20

側面壁の間接照明が眩しいと感じましたのでこちらの判断で処理しました。

左側の様に上面が見えない様にします。
DSC00087[1].jpg

こんな感じ
DSC00088[1].jpg

先日のKOJO製電源タップはこの部屋の特注ラック内に入れました。
テレビは当店で販売した物ではございませんので
テレビを納品する業者さんへ解るよう張り紙をしておきました。
DSC00086[1].jpg

DSC00085[1].jpg

SONYの有機ELテレビKJ-65A9Gがセットされますが
配線類は前から全く見えない様にセットします。
外部スピーカーとしてAIRPULSE A100を使用しますのでKJ-65A9Gのスピーカーは使いません。

オーディオの方は、月末にピアノ運送屋さんでスピーカーを運び込みます。
その後、スピーカーを分解してメンテナンス
並行してオーディオ電源専用ケーブル等のセットをいたします。

以下ユルイ話です...。

昨日の夜、
近所に出来た焼き鳥屋さんへ行ってまいりました。
七輪の炭火で自分で焼くスタイルです...。

まずは 生ビールとサラダ
DSC00080[1].jpg

刺身 ごま油+塩で食べる生肉は美味いです。(^^♪
DSC00079[1].jpg

炭火焼きは一味違いますね...。
DSC00081[1].jpg

マイウでしたので、これ以上写真を撮る事を忘れて食べてました。(笑)
名古屋コーチン せせり
DSC00082[1].jpg

鶏を食べたいときは、近所の鳥貴族、がブリチキンなどでしたが
これからはこちらのお店に行くことになります。
店名はべんがら亭さん

posted by Lansing at 15:34 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

熱田神宮参拝と即位の礼ご記帳

本日は定休日なので熱田さんへ出かけました。

ドド〜ンとそびえ立つ大楠
DSC00069[1].jpg

樹齢千年以上! 運がよければ蛇と会えます。
お供え物の卵を飲み込んでいるところを見ることが出来るかもです...。
DSC00070[1].jpg

ジブリのもののけ姫を彷彿する大木ですね!
DSC00071[1].jpg

大楠と手水舎の前にある参道を進むと鳥居があり本宮へ
DSC00072[1].jpg

本宮 今日は空いておりました...。
DSC00073[1].jpg

参拝とご記帳の後「宮きしめん」を食しました。
DSC00074[1].jpg

注文会計すると30秒程度の超高速で受け取れます。(笑)
DSC00075[1].jpg

熱田の杜セット(きしめん+味噌カツ丼)¥1,100-
DSC00076[1].jpg

腹ごなしに宮きしめん屋さんの横にある池を眺める...。
DSC00077[1].jpg

亀、コイが多数...。
DSC00078[1].jpg

適当に境内を歩き回り帰宅...。
posted by Lansing at 16:43 | Comment(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

(RX100M7+ECM-XYST1M) VS (HDR-MV1)

色々とテストしましたが、ミュージックビデオの方が高音質です...。

RX100M7へECM-XYSY1Mを接続した場合、
内蔵マイクより臨場感は良くなりますがホワイトノイズは増えます。
色々試してもオーディオ的に満足度の高い録音になりませんので
画を優先したビデオを楽しむ為のマイクという結論に達しました。

今回は出音が高分解能なDIATONE DS-4NB70から音出しして録画
カメラを同じ位置へ置いても画角はかなり違います。
(MV1は120度広角レンズ RX100M7は広角端)

音出しは、X50D+DAC212SE+DS-4NB70

カメラは同じ位置、同じ音源と音量で録画
RX100M7は4K
HDR-MV1はHD
DSC00059[1].jpg

HDR-MV1
DSC00060[1].jpg

HDR-MV1 VS RX100M7+ECM-XYST1M
先にMV1の録画続いてRX100M7+ECM-XYST1Mの録画


音のビデオはHDR-MV1で撮ります...。

高性能なカードを買いましたので4K録画が可能となりました!
DSC00055[1].jpg

DSC00061[1].jpg

以下ユルイお話し...

本日の昼食
近くの更科でカレーうどん
DSC00056[1].jpg

近所まで出掛ける時や、郵便局、三菱UFJ銀行などの用事で使うキックボード
ビックウィール ABEC7ベアリング仕様なので楽に進む大人用です。
簡単に乗れますが自転車より気を使いますので脳から何かの物質が出る感じがします。(笑)
若返った気持ちでご来店時に乗ってみてください。
ただし転んでケガしても責任はもちません (^-^;
DSC00057[1].jpg


タグ:RX100M7 HDR-MV1
posted by Lansing at 16:13 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

新築オーディオルームと終の棲家 19

住まいの方も今週末には完成するという事で
現在は仕上げ作業を行っている感じです。

オーディオルームの方は調光器が付きました。
DSC00054[1].jpg

明るくした感じです。
本格的なAVシステムのプロジェクターやスクリーン等も
後でやる気になればセットできるようになっています。
DSC00050[1].jpg

側面壁
DSC00052[1].jpg

リスニングポイントの背面壁 
収納や調光器、エアコン、LANケーブルのジャック等が付いております。
DSC00053[1].jpg

城の様な床もイイ感じになりました。
DSC00051[1].jpg

オーディオルームではなく
リビングにセットするテレビはSONYの65インチ有機ELテレビKJ-65A9Gという事なので、
電源の対策に下記をお勧めしてTVラック内へセットしてきました。

KOJO製品
サージアブソーバー+ノイズフィルターの Forcebar S1P
コンセントタップ Forcebar 3.1
DSC00044[1].jpg

開梱
DSC00045[1].jpg

ケーブルで繋がなくても連結できるんです!
DSC00046[1].jpg

こんな感じ!
DSC00047[1].jpg

ラック内で外れるとイマイチよろしくないので固定しました。
DSC00048[1].jpg

実売で¥50万もする高級なTVですから
サージアブソーバーで雷から守り、ノイズフィルターで画が綺麗に見えるようになるという感じです。

ForcebarS1Pは当店でデモ可能です。
使用すると抜け感の良い画と音になります。
外すとモサッとした感じになりますので
低予算で効果的なアイテムを探されている場合
フィルターだけでも使用すると効果的だと思います。
基本的に(TV専用ではなく)オーディオ用です。

posted by Lansing at 16:21 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

RX100M7研究中

純正の革ケースを買おうと思ったのですが、
ヨドバシの店員さんの説明で
サイズが合わない等のクレームが多々あり
メーカーが作り直しているという事で購入を見合わせ...。
製品の注意事項に記載してある「グリップを付けたら入らない」とかではないようです?

取りあえずの物で何か無いかなぁと思いつつ
今日のお昼はイオンへ歩いて出かけ
¥100ショップSeriaを物色するとバッチリな物を見つけて購入

帰社してカメラを入れてみる...。

「コンパクトカメラケース」¥100- (笑)
DSC00031[1].jpg

バッチリです。(笑)
IMG_2201[1].jpg

IMG_2199[1].jpg

入れてみた感じも見栄えも¥100-とは思えない(^^♪ 
側は硬いのでカバンへポン入れでも平気そうです。(笑)
IMG_2200[1].jpg

RX100M7+ECM-XYST1M空気録音の録画ですが、
マイクの角度で拾う音がかなり変わりますので色々と試しています。
マイクの角度をややセンターへ向けて録って見ました。

DSC00036[1].jpg



外部マイクを付けると「サーーー」っという音のホワイトノイズが入りますので
昔のカセットテープのヒスノイズを思いまします。
¥12,000-程度のマイクですからクオリティーは庶民的ですが
内蔵マイクで撮るより場の空気感と言うか臨場感は良いです。


タグ:RX100M7
posted by Lansing at 17:01 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

カクテルオーディオのセッティングと録音テスト

先日の事ですが、
カクテルオーディオを購入したけどセッティングなども含め
使い方がイマイチ解らないというお客様が来店されました。
(当店で販売させていただいたお客様ではございません。)
当店でお買い上げいただいたお客様には
説明やセッティングをしておりますが
確認の為、簡単にビデオで説明いたします。

高音質で使う為の説明です。

YouTubeを見返すと
「エックス ゴジュー デー 」デーが昭和のオッサンですね...。 (^^ゞ


基本的に使わない出力は全てOFFで
リッピングのクオリティーはエクセレント
フォーマットは無圧縮のWAVがお勧めです。

X35
X45
X45pro
等の機種でアナログアウトからアンプへ繋いでいる場合
デジタル系の出力は全てOFFがお勧めです。
また、音量もアンプ側で操作する方が音質は良いです。
X50D
X50pro
の場合、アナログアウトはありませんので
使用するデジタルOUT一つだけONするのが最高です。

できればI2S接続でD/Aする音質が最高と思います。
お勧めのDACはDiDiTのDAC212SEです。

設定完了後
RX100M7+ECM-XYST1Mで空気録音してみました。
音出し機器は、X50D+DAC212SE+ZL-120+ハーツフィールド

DSC00028[1].jpg

ホワイトノイズが気になりますが、
マイクの角度を変えて指向性の調整ができますので
録画の出音を確認してみると雰囲気としては、なかなか良い感じです。
今後、色々試して詰めてみます..。

4Kで録画しようとしたところ
SDカードのグレードがNGと表示されましたのでHD画質で録画...。
取りあえず直ぐにSDカードを注文しました。(^^ゞ
という事でYouTubeはHD画質でUP


今日のランチは お隣の中華料理屋さんで から揚げ定食¥750-
DSC00025[1].jpg

DSC00026[1].jpg
posted by Lansing at 18:14 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

RX100M7購入しました。

IMG_2198[1].jpg

家電製品でいつもお世話になっているヨドバシカメラで購入
今ならゴールドポイントカード・プラスのキャッシュレス決済で15%還元となりお得!
ヨドバシさんの場合、ネットや店頭での表示価格は高いのですが、
店頭に出向いて訊ねてみると安くなります。
有機ELテレビも安かったですし
今回も還元を考慮しますと価格.comの最安値よりさらに安い買い物となりました。(笑)
IMG_2197[1].jpg

手軽に綺麗な写真やビデオが撮れ音も良くてコンパクト...。
色々と検討しますとそういう製品が無いんです。
何とか実現させようと考えると
高級ビデオ+外部マイクか一眼レフカメラ+外部マイクの感じとなります。
こうなると、デカイ、重い、全てが高額...。イヤです(笑)

欲張らなければミュージックビデオのMV-1で取りあえず間に合うんですが
音は良いのですが、画が広角で色々調整できない事と
マイクが固定されていますので指向性を変えることが無理

SONY MV-1
IMG_2196[1].jpg

音だけなら PCM-D1が優秀!
IMG_2194[1].jpg

実験でRX100M7+マイクを試し、MV-1より良ければ採用するという事で購入しました。
松田聖子のCDと比べてもこの大きさです。
IMG_2193[1].jpg

ちっこくてイイ(笑)
IMG_2192[1].jpg

モノ的には、SONYの真骨頂、小型高性能が形になっている感じで安物臭い感じが無くて良いです。

カメラの設定は全てフルオートで適当に撮った写真
未加工のまま幅600ピクセルへ縮小してブログへUP
DSC00019[1].jpg

DSC00020[1].jpg

DSC00021[1].jpg

DSC00018[1].jpg

JBL4312Mの改造品 WesternElectric配線へ変更、ネットワークなどを改造を録画してみました。
現代JBLへ、深みと味わいを注入し、良い時代の雰囲気ある出音に仕上げ途中です。


外部マイクECM-XYSY1Mを付けるとホワイトノイズが若干入ります。
YouTubeへUPしたら何故かプチノイズが数か所入ったりしています?
途中iphoneメール受信音あります。
posted by Lansing at 17:55 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新築オーディオルームと終の棲家 18

あともう少しで完成するところまできました。

現在、養生を取り除き床が見える様になっています。
間接照明、スポットライトなどの照明類を取り付け
オーディオ専用電源の先を工事すれば完成です。

部屋はとてもシブイ感じでお城の様な雰囲気を醸し出しています。
IMG_2172[1].jpg

幅広で厚さ30mmの無垢板の床がカッコイイ (^^♪
IMG_2173[1].jpg

フラッターエコーを消す壁の△は光の加減で見え隠れするようになります。
IMG_2176[1].jpg

仮設の照明ですが、明るくすると白い漆喰壁が冴えます。 
何となく 国宝 松江城の雰囲気を纏っている感じ? (^^ゞ
IMG_2174[1].jpg

国宝 松江城の城内 似てることないですか?
dsc03790[1].jpg

国宝 松江城の石垣内にある部屋 ぶってぇ〜梁や柱がステキ!
img_05[1].jpg

オーディオルームまでの床も最高級のブラックウォールナットでキメています。
IMG_2181[1].jpg

業務用の鉄扉の防音ドアを開けて入ると
正面にJBL4355がでぇ〜んと鎮座
ブルーバッフルをスポットで浮かび上がらせて音楽を聴く...。
想像するだけでイイ感じです!(^^♪

JBL4355が搬入されたら分解して整備します。

posted by Lansing at 16:34 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

台風19号

今回の台風19号、皆様のお宅は大丈夫でしたでしょうか?
テレビの報道で被害状況を知り大変驚きました。
遠方でもありますので何もお手伝いができませんが
一日でも早く今まで通り平穏な生活に戻れますよう心からお祈り申し上げます。

今回の台風が最接近した当日、雨は降りましたが
幸いなことに店の周囲は水没などの被害は無かったです。
しかし翌朝テレビで報道される映像を見た瞬間、大変驚きまして
直ぐに2000年の東海豪雨で自分の車が沈んだ事などを思い出しました...。

その時は何度か外を確認しておりましたので
もうマズイぞと感じた時に妻と避難いたしましたが
外に出てみると近所の様子は現在報道されている状況と同じでした...。

2000年当時、何度もテレビに映された市バス  野並交差点近くにあるのトヨタのディーラー前
0135[1].jpg

少し奥に入った民家の様子
0122[1].jpg

2000年当時は自動車販売の仕事もしておりましたので(現在も自動車商あります)
水が引いた後、動かなくなった車を何台も積載車で引き揚げに行き
形振り構わずベタベタドロドロになって作業した事を思い出します...。
何故か被害に合っていない多くのトヨタや日産等のディーラ駐車場には
数台の水没車しか運び込まれていない事が不思議でした...。

温暖化等で気候が変わり台風が通るコースも今までとは違ってきていますので
水害に備えた整備を色々と施さない限りまた同じ被害にあってしまうと思います。
日本も含め世界の先進国の行いを知ると温暖化がストップするとは思えません
個人の力では何ともできませんので今後の国の対応や対策を期待します...。



posted by Lansing at 16:04 | Comment(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

途中の息抜き...。

お客様宅の移動途中などで息抜きです...。

当店から近い名古屋市博物館の向かいにある喫茶店でお茶
珈琲は自家焙煎、手作りケーキやプリンなどが「マイウ〜」でございます。(^^♪

私個人の好みとなりますが、
珈琲豆を買うなら加藤珈琲 金の珈琲やストレート物など...。
マンハッタン珈琲が閉店した今、珈琲を楽しむならこのお店です。
0xCAFFE 入店すると珈琲アロマが漂っています。
IMG_2161[1][1].jpg

店内は芸術的な針金アートで飾ってあったりします。

IMG_2158[1][1].jpg

針金本体と光を当てた時の影が面白いです。
IMG_2159[1][1].jpg


古民家再生オーディオルームの近くにあるお店で食事...。

肝焼き
DSCF1069[1].jpg

うな丼 特上
DSCF1070[1].jpg

良質なうなぎのみ選別して焼き上げ ご飯の中にもうなぎを入れ込んだ二段詰め!

DSCF1071[1].jpg

名古屋市内にはひつまぶしで有名なお店や
今でしょで有名な林修先生が通う うなぎ屋さんが当店の近くにあるのですが、
個人的な好みの評価では、こちらのお店の方が格段に美味しいです。


posted by Lansing at 17:18 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男の隠れ家オーディオルーム 6

音響的な造作が、かなり進み、
現在、向かい合う壁でフラッターエコーを起こさない処置をしています。

入口側の壁
IMG_2169[1].jpg

下に置いてある三角形の反射パネルをスリットの入った腰壁の上に取り付け
漆喰を塗り重ねて壁と同化させます。

向かい合う反対側の壁
IMG_2168[1].jpg

左側部分には分電盤が付きますのでスペースを開けています。

パネルを仮付した状態にして色々と試しても
フラッターエコーは全く起こる事はありません。
話し声が澄んで聞こえる様に変化しましたし
手を強く叩いた時のパーンという音の残響が綺麗に引いて行きます。
三角パネルへ漆喰を塗る事で更に良くなる予定です。

話し声がこもる部屋、聞き取りにくい部屋は何らかの音響障害が発生しています。
また、手を叩いた音が、ビャンビャンと聞こえる様な残響が発生する場合、
流鳴き現象(フラッターエコー)が発生していますので
部屋に何らかの対策をしませんと高音質化は難しいと思います。

こちらの部屋でこの三角パネルを付けないでフラッターエコーを起こさない構造も可能何です。
スピーカーをセットする方の壁を絞り向かい合う壁の平行面を無くす事や
天井を斜めにすることで対策可能ですが、造作にお金が掛かり部屋が狭くなったりしますので
そういう無駄を少なくする為、この様にいたしました。

低域の対策は砕石壁と全面砕石封入の床、
天井へSoundJuliaオリジナル音響パネル サイズ(大)1250mmx650mmを9枚載せています。

現在、オーディオ専用電源分電盤を製作中で、
10mm厚のドライカーボンをマシンで加工しブレーカーを取り付けます。

漆喰が水分を放出していますのでエアコンの除湿OKで強制的に湿度を吸い取りしています。

あと少しですが、丁寧に仕上げていきます。



posted by Lansing at 16:53 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古民家再生オーディオルーム 2

古民家の床と天井を取り去って基礎を打ち直し補強しています。

新築以外のリフォームやリノベーションの場合、
解体してみない事にはわからない事が多く
打ち合わせしながら作り込んでゆく作業が多々出てきます。

DSCF1055[1].jpg

縁側 くれ縁を補強している途中です。

DSCF1060[1].jpg

基礎と柱を補強、他の部分も多々補強を施します。
DSCF1064[1].jpg

天井を取り去ると屋根裏や土壁が見えます。
丸太の太い梁が良い感じです。
構造的に効いていない余分な物は取り去って整えます。
DSCF1059[1].jpg

土壁は補修し、屋根裏へは断熱材を入れて板で被せます。
昔の電気配線、ノップ碍子に電線等が出てきました
個人的に良い味出していて好きな見た目なのですが撤去します。
オーディオ用の電源はメーター別の専用契約として
オーディオ機器へ至る配線はシールドケーブルでノイズレスな伝送にします。
DSCF1056[1].jpg

補修したと思われる土壁の所から新聞紙が出てきました。
昭和34年!
DSCF1065[1].jpg

オーディオの高音質化に必須の大地アース
アース棒を3本△型に打ち込み抵抗値を下げました。
DSCF1066[1].jpg

建物の状態を改善した後、造作に入ります。
SoundJulia式音響オーディオルーム
乞うご期待!

posted by Lansing at 16:19 | Comment(0) | 古民家再生オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

KHC-77

毎日使用しているクリーニングクロスです。

khc-77[1].jpg

YouTubeへUPいたしましたのでご覧ください。

KOJOさんの説明では下記の用途もお勧めしています。
各種オーディオ、
ポータブルオーディオ機器の外筺及びスピーカーの鏡面仕上げ部分、
オーディオケーブルコネクタの金属端子部分などの他、スマホやタブレット、CDのディスプレイ。

ご来店時にお試しいただけます。
在庫はございますので当店で購入していただけます。
各色1枚、定価:¥1,500-(税別)


話は変わります。
MQA-CDではなく今回はStereoSoundです。

ステレオサウンドの木村さんより
高音質ソフト制作現場の解説ビデオを頂きました。
当店で視聴できますが写真を数枚載せます。

装置など...。
DSCF1051[1].jpg

調整卓
DSCF1050[1].jpg

録音風景
DSCF1053[1].jpg

DSCF1052[1].jpg

山下達郎とかユーミンとかのソフトを高音質化して出してほしいですね...。

また話は変わります。

先ほどポストを見ると熱田さんからお手紙が届いておりました。
毎年恒例の新春初神楽の案内
DSCF1048[1].jpg

初神楽は1月1日零時零分から行われます。
10人以上で雅楽を演奏し舞いもあります。
最高に雅なお神楽ですので早速申し込みハガキを記入して投函しました。
DSCF1049[1].jpg

オーディオの方は真空管アンプSJ-6L6のご注文を頂きましたので製作に入っております。
またドライカーボンインシュレーターSJ-SIと合体させるメタルベースも完成しております。

メタルベース1個:¥1万(税別)
IMG_2155[1].jpg


posted by Lansing at 12:35 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

YouTubeをハイレゾ化

PCで見るYouTubeやPCの音源を
AIRPULSE A100を使用し簡単にハイレゾ化(偽レゾともいう)できます。

AIRPULSE A100/A200共に8月と9月で多くのお客様に購入いただきましたので
興味がございましたら遊んでみてください。

以下TV利用の場合です。
大画面で楽しむ為、ノートPCの画面をTVに映します。
(ノートPCとTVをHDMIケーブルで繋いで映しています。)
DSCF1040[1].jpg

Youtubeの設定⚙で最高画質へ設定して画質と音質を最高値にします。
そしてYouTube画面右下の▢をクリックして全画モードにすれば大画面化します。
DSCF1041[1].jpg

PCへエアパルスA100のXMOSドライバーをインストールして
AIRPULSE A100とノートPCをUSBで繋ぎます。
ドライバーをインストールしなくてもPC内の汎用USBドライバーでA100を認識して鳴りますが
A100用のXMOS専用ドライバーで鳴らした方が別物になったかと思うほど高音質です。
PCの🔊マークから出力を XMOS USBへ切り替えます。
DSCF1046[1].jpg

サウンドでXMOS USBを選びます。
DSCF1045[1].jpg

プロパティーを開き24ビット192KHzへセットしますと
(通常は16ビット48KHzの出力)24ビット192KHzで出力されます。
DSCF1044[1].jpg

屋外撮影の動画などは外の空気感というか空間表現が広がり屋外のリアルさを感じます。
室内の音楽物はfレンジ感が広がり細やかな表現も感じられます...。

ノートPCとTVをHDMIで繋ぎますとノートPCの音をTVから出すことが出来ますが
当然ながらTV側が最高16ビット48KHzまでの対応となりますので
プロパティーで弄ろうとしてもこれ以上は上がりません...。

TVとA100/A200を光ケーブルで繋いだ場合も16ビット48KHz
同じ内容のYouTubeを観て比べましたが、
TVから光ケーブルで直にA100/A200へ繋いだ音と
PCからA100へUSBケーブルで繋いだ音と違いを感じますし
TV本体のアプリでYouTubeを観る場合の音もまた違います...。

TVから光ケーブルでA100/A200へ繋いで
地デジやBS、TVアプリのYouTube 映画などを視聴した場合
A100/A200の出音は十分な満足感を得られる音質ですから
オーディオ的に遊ぶ面白さや出音に欲がない場合、そのままでも十分楽しいと思います。
DSCF1047[1].jpg

私の様に更にという方の場合です。

DiDiT DAC212SEをお買い上げいただいているお客様はもっと凄い事が出来ます!

TVのUSBケーブルをAIRPULSE A100ではなくDiDiT DAC212SEへ繋ぎ直し
PCの音声出力先をDiDiTへ切り替えます。
DSCF1043[1].jpg

プロパティーで弄れば16ビット48KHzが32ビット384KHzで出力されます。(^^♪
DSCF1042[1].jpg

この場合の音声出力はA100ではなくDAC212SEを繋いだアンプとスピーカーになりますが、
YouTubeを試聴していると思えない様な、かなり異次元なサウンドとなり面白いです。

昭和のアナログ放送を録画した物をYouTubeへUPしたビデオ
例えばキャンディーズ等
当時は生のバックバンドが演奏している前で歌っていますので
そのステージの雰囲気とかバンドの音とかが異様にリアルに聞こえます。
classicやジャズのライブ物で良好な録画と音のYouTubeを視聴した場合
音を聴く満足感へ画も見える満足感が合成されて
音だけで楽しむオーディオとは一味違う楽しさを体験できると思います。

またビットや周波数を色々と変更して聴いてみると
そのつど音の変化が楽しめますので時間があれば試してみてください。

試す場合、基本的にノートPCとDAC212SEをUSBで繋ぐだけです。
試される場合は先にPCへDAC212SEのドライバーを入れてください。


記事以外のUSB DACの場合DACが何処まで対応できるのか?ですが、
プロパティーで弄って上げたり下げたりしますと
かなり音質が変化する事が体験できると思います。

AIRPULSE製品の当店販売価格
AIRPULSE A100ペアの当店実売価:¥80,850- (消費税、送料込み)
AIRPULSE A200ペアの当店実売価格¥101,200-(消費税、送料込み)

DiDiT DAC212SE 定価:¥45万(税別)
posted by Lansing at 15:08 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

MQA-CD

個人的に入手したMQA-CDと以前から所有しているオリジナルのCDを聴き比べてみた...。

DSCF1028[1].jpg

一般のCD 44.1Khz
昔のチューニングで素朴な音、録音レベルも低く
現代CD盤の様な過激なブースト系のチューニングがされていない音質...。
DSCF1034[1].jpg

MQA-CDは176.4Khzのハイレゾとなっています。
MQA-CD未対応CDPやDACで聴いた場合、44.1Khzの普通のCDとして聴くことが出来ます。
今回の試聴はX50Dを使用し、どちらも44.1KhzのI2Sで出力してダイレクトにD/Aして試聴しました。
同じ曲で聴き比べるとMQA-CDの方が録音レベルが少し高く出音もクッキリして音のにじみが少なく
fレンジ感や音場などの再現性が良いです。
MQA-CDの特徴で時間軸解像度が高いという事と
読み取り精度が高いUHQCDの盤質が効果的に働いているという事なのか分かりませんが
聴けばすぐに音の違いを感じると思います。

DSCF1033[1].jpg

一般的なCD
DSCF1032[1].jpg

MQA-CD
こちらはどちらも44.1Khzでハイレゾではないのですが、
同じ様にI2Sで出力して聴いてみると明らかにMQA-CDの方が高音質に聞こえます...。
DSCF1031[1].jpg

中森明菜はのMQA-CDは2種類発売されています。

二枚組
DSCF1029[1].jpg

1枚ベスト
DSCF1030[1].jpg

同じ曲を聴いてみると音質に差があります。
マスターテープの違いによる差だと思いますが、
どちらも2012年のマスターテープからの録り直しでした。

これから誰のアルバムが何処まで出てくるのか?ですが、
まだこの先もCDプレーヤーで聴かれる方や
リッピングして聴かれる方、
MQA-CD対応機器を検討されている方の場合購入されても良いかもしれません。

最近発売されているステレオサウンドの高音質ソフトやMQA-CDは、
近年販売されているジャズやリズム系ソフトの様な加工
ダイナミックレンジを圧縮し音が厚く太く低域や高域がバッチリ聞こえる様な...
違う言い方ですとラウドネススイッチをONした様なギミックな加工がされていませんので
そういう現代加工音源に慣れている場合
出音が痩せて細く躍動感が無い様に聞こえるかもしれません。
どちらのソフトも
過去の音源が当時トラックダウンした時のマスターテープに近い音で聴ける感じの高音質という感じです。

MQA-CDもステレオサウンドのソフトも当店で購入可能です。
PayPayで決済いただければキャッシュレス還元5%+ポイント(最大10%還元)でお得です。



posted by Lansing at 15:19 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

キャッシュレスで5%還元

今日から消費税が10%になりましたので、
当店をご利用いただくお客様にメリットとなるお支払方法を考えてみました...。

Sound Juliaは「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗ですから
キャッシュレス支払いの場合5%還元されます。

IMG_2148[1].jpg

当店のキャッシュレス支払いはPayPay対応店ですのでこちらをご利用いただければOK!
通常は来店時にスマホ/iphoneでQRコードを読ませて支払いをしますが、
ご来店いただく事が難しい遠方の方の場合で利用する方法を考えますと
QRコードを読ませれば支払いが可能という事は
QRコードを掲示すればご来店いただかなくても利用可能になりますので
このブログに表示またはお取引で利用するメールへQRコードを添付いたしますので
遠方のお客様もPayPayにチャージしてある残高又は登録のクレジットカードからの支払いが可能となります。

支払い方法としましては、下のQRコードをスマホで読ませて金額を入力後、支払いすればOK!
店の方はPCのPayPay管理画面でご入金の確認ができるという感じです。

下記は当店のQRコードです。
こちらをスマホやiphoneで読ませれば支払い可能となります。
(買い物しなくても お恵みいただける場合ご入金ください。喜んで頂戴いたします。)(笑)

05-dxzNz02mHjUzt7Uw.png

還元事業の還元率は5%ですが、PayPayやキャンペーン還元率は下の通りになります。

決済方法還元事業の還元率※PayPay基本還元率キャンペーン還元率合計還元率
・Yahoo! JAPANカード
・PayPay残高
5%1.5%3.5%10%
・Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカード5%対象外対象外5%


銀行からPayPayへチャージして¥1万払った場合¥1,000-還元される...。何だか凄い!( ;∀;)
YahooJapan以外の登録カード利用時のポイント還元は5%+カード0.5%ですが、詳しい事はお調べ願います。
またPayPayの場合、登録して直ぐに利用可能ですが、本人確認がされるまでは利用金額が低いです。

消費税はUPしましたが、キャッシュレスの場合、逆にお得になります。
なんだかなぁ〜という感じですが、これを使わない手は無いという感じを受けます。

また、コカ・コーラ社製品がお好きな方にはこんなお得な情報もあります。
「PayPay」のサービス開始から1周年を記念し、「Coke ON」アプリに登録した「PayPay」を使って、
100円以上のコカ・コーラ社製品を対応自販機で購入すると、毎週100円相当が戻ってくる
「Coke ONで毎週100円相当戻ってくるキャンペーン」を2019年10月7日〜11月3日まで実施...。

色々と乗り遅れない様にしないと時代遅れのジジイになってしまいそうで怖いです...。(^-^;
posted by Lansing at 12:33 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする