2019年07月08日

Esoteric P-0

店のP-0をメーカーサービスでメンテナンスしていただきました。
ピックアップ交換等で¥10万弱の金額
5月の初めに出して本日の受け取り...。

DSCF0037[1].jpg

こんにちは P-0 (笑)

DSCF0038[1].jpg

取りあえず動作テストしてみると絶好調 (^^♪
出音は堂々として恐るべき高分解能で聞かせてくれます...。

早速ドライカーボンで武装してP-0 Carbon改 へ改良します。

DSCF0039[1].jpg

純正の天板を外しました。

DSCF0041[1].jpg

金属を削り出して作られている 
とんでもない極厚ブリッジ(笑)

DSCF0042[1].jpg

左が純正天板で右がドライカーボン

DSCF0043[1].jpg

左が積層ドライカーボンで右が純正

DSCF0044[1].jpg

底板も替えます。

DSCF0045[1].jpg

アンヨはカーボンと金属ベース

DSCF0046[1].jpg

電源も天板や底板を交換します。

パワーアンプ並みにデカイ電源トランスがこんにちは!(笑)

DSCF0047[1].jpg

天板を替えました。

DSCF0048[1].jpg

底板も替えます。
左が純正の底板で右がドライカーボンの底板...。

DSCF0049[1].jpg

交換しました。
スパイクもドライカーボンで作っています。

DSCF0050[1].jpg

交換完了しましたので動作確認して音の違いを楽しみます。

DSCF0053[1].jpg

DSCF0051[1].jpg

タックアンドレスをミュージックビデオで撮りました。
スピーカーはJBLハーツフィールド
最初と最後にP-0独特のメカ音 ロボコップ音(笑)が入っています。
エレキギターのソロですが、出音にエネルギー感があって
カクテルオーディオのX50Dで聴く場合より波動感が強く
座っている椅子のアームや背もたれが振動して気持ち良いです。


余談ですが、ヤフオクでP-0用のピックアップが出品されていますので
今回サービスへ出向いた時に質問してきました。

この事はサービスの方もご存知でした。
ヤフオクで落札したP-0用ピックアップを持ち込まれた方がいらっしゃったようで
現物を見た事があるといっていました。

パット見た感じエソテリックの純正パーツと見た目は同じに見えるそうですが、
アースが付いていないのが直ぐに分るそうです。
どういう物か精密に確認していないという事ですが
サービスで在庫している純正品と全く同じ物ではないという事でした。

メーカーサービスとしては
その様なパーツの持ち込みによる修理や交換は一切しませんという事ですので
ピックアップを安く購入してもメーカーでの修理は不可
メーカーサービス以外で取り替えてもらう感じになると思います。

メーカーの方にはまだピックアップの在庫があるという事ですから
安心を買うと考える場合、多少ピックアップが高くても
メーカーサービスで確実なピックアップを交換した方が良いと感じました。

タグ:Esoteric P-0
posted by Lansing at 19:24 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする