2019年05月22日

StereoSound 高音質ディスク試聴会

現在のアナログ人気に伴い、
ステレオサウンドからターンテーブルの銘機、テクニクスSP-10各種用の
本体キャビネットを販売しています。

「試聴会へ合わせてステレオサウンドから持ち込みます。」という連絡が入りましたので
当日、サウンドジュリアの店頭で現品を確認できます。

材質は、高級素材の航空機用部品グレードアルミで作られていますが
価格は¥162,000-(税込み)と高額ではありません。

ステレオサウンドが企画しているステレオサウンドSTORE専売商品ですので、
当店も含め、他店で展示や販売が行われる事はございません。

という事で、当店の商売的にメリットは全くありませんが(笑)
SP-10シリーズ(現行のSP-10R含む)をお持ちで
良いキャビネットをお探しの場合、一見の価値はあるかと思います。

3101-m-01-dl.jpg
3101-m-02-dl.jpg

3101-m-05-dl.jpg

3101-m-03-dl.jpg

3101-m-07-dl.jpg

3101-m-08-dl.jpg


◆オプションパーツでさらなるグレードアップが可能
TT-10は、シンプルなゴム製フットを標準装備としていますが、
別売インシュレーターもご用意しています。

また、ロングアームに対応するため、3種類(3/5/10mm)の別売スペーサーも併せて開発。
さらに、要件を満たしたアーム図面をご用意いただくことで、
専用丸型アームベースコアを製作することが可能です。

製品特徴
●対応ターンテーブル:テクニクス SP-10II、SP-10III、SP-10R
●対応トーンアーム:SME 3009シ リーズ(標準モデル)、
 別売L字型トーンアームベースを追加することで最大3本まで搭載可能
●素材:6000番台 航空機用部品グレードアルミ
●製法:アルミ削出し部材による組立式
●フット:ゴム製ボルト固定式(高さ調整機能なし)
●寸法/質量:W370×H110×D370mm/ 約13kg(予定)

---------------------------------------------------
StereoSound 高音質ディスク試聴会予約受付中!

当日は、スレテオサウンドの木村氏により
ソフト製作時の解説があります。

先回、当店で行った時の印象ですが、
オリジナルマスターを最善の方法でソフト化しているという事で
(詳しくは、当日木村氏の解説にて)
鮮度や分解能が驚くほど高い超高音質なソフトばかりでした。
高音質化と謳って何度も再発売されているソフトとは全く別物の音質と思います。

店が狭い為、予約制とさせていただいております。

2019年5月26日(日曜日)
・1回目:13:00〜
・2回目:16:00〜
---------------------------------------------------
posted by Lansing at 12:56 | Comment(1) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする