2019年05月12日

JBL4312MU改

先のご案内から
---------------------------------------------------
StereoSound 高音質ディスク試聴会予約受付中!

当日は、スレテオサウンドの木村氏により
ソフト製作時の解説があります。
店が狭い為、予約制とさせていただいております。

2019年5月26日(日曜日)
・1回目:13:00〜
・2回目:16:00〜
---------------------------------------------------

元ONKYOの技術者様により改造されたJBL4312MUに手を加えました。
内容を簡単に説明しますと、
全アッテネーターパスの接点レス直結配線で
ツィーターレベルをUPしてありましたので
こちらで内部配線材をWesternElectricのブラックエナメル絹巻線へ全部交換
その他も少々改造いたしました。

管球王国で高評価を頂いた当店のSJ-6BQ5アンプで鳴らします。

・CD-34 NOS DAC改
・SJ-Preamp
・SJ-6BQ5パワーアンプ
・JBL4312MU改

CD-34改
IMG_1719[1].jpg

SJ-PreampとSJ-6BQ5
IMG_1718[1].jpg

カーペンターズです。(^^♪

タグ:SJ-6BQ5 JBL4312MU
posted by Lansing at 16:19 | Comment(1) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーディオルーム床の大引き〜根太

新築オーディオルームの床ですが、大引きの間へ断熱材を入れ根太が組まれました。
壁の方も枠組みの間へ吹き付け断熱材を施工します。
天井の方は、この鉄筋コンクリートの躯体の上は陸屋根防水ではなく
きちんとした屋根を付け断熱処理をするのですが、
更に念を入れ、部屋の天井にも高機能なガイナを塗装いたします。

IMG_1713[1].jpg

IMG_1714[1].jpg

断熱材と根太の空間部分へSoundJulia式低周波吸音砕石を施します。

IMG_1715[1].jpg

オーディオ専用電源ケーブルも入線いたしました。
この穴の裏の部屋に専用分電盤を取り付けます。

IMG_1716[1].jpg

今のところ映画を見るAV機器を入れる予定は無いのですが、
後に電源や取り付け部分を施工すると大変ですので、
プロジェクターを取り付けるだろうと予想される場所へ専用電源を引き込んだりと
導入した場合も苦労なくセットできるように施工しています。

IMG_1717[1].jpg

またレポートいたします。
posted by Lansing at 14:19 | Comment(0) | オーディオルーム、リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする