2019年01月21日

プリアンプ

プロトタイプです。
IMG_1303[1].jpg

ラインアンプとフォノイコライザーのプリです。

ICレスのディスクリュート
現代の作り込みが重厚なメーカー製プリアンプに比べると
見た目、パーツが少なく何だか貧相な基盤ですが、
まるで2トラ38Cmのオープンデッキを聴いているかの様に
中低域に腰が据わりド安定かつ音楽表現が素晴らしい出音! (自己評価)(^^ゞ

現代のモールド型トランジスタではなく金属のキャンタイプトランジスタの使用で
力強さや出音の表現が一味違います。(^^♪
繋ぐパワーアンプは球のアンプでもトランジスタアンプでもOKです。

この感じで出音は良いので、使い勝手を考えて
MCへッとアンプとヘッドフォンOUT追加で検討しています。

話は変わります。
最近ご近所さんが3軒も解体工事をしています。
店の裏でも解体工事をしていて外に出るとうるさいです。
今日は基礎を壊している様で時々店も揺れています。

ちょうど、正面ハーツフィールド左側の裏を工事しています。
店内の壁は音響対策されていますので
防音工事は施しておりませんが簡易防音並みの性能があります。
工事の音が若干聞こえますが、空調や足音の方が音は大きく聞こえます。
店の前を車が通過しても音は殆ど聞こえません。

録画はiphone7
YouTubeへアップしました。



posted by Lansing at 14:42 | Comment(2) | オーディオルーム、リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする