2019年01月06日

X50Pro

新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

X50Pro
個人的に色々と試聴しました。
年始の営業では
興味がありご来店いただいたお客様にも聴いていただきました。

中身の違い

X50Pro
IMG_1245[1].jpg

X50D
IMG_1246[1].jpg

上から見ると、ほぼ同じ構成ですが、
極厚筐体やシールド電源、ドライブの固定方法などが違います。

X50Proの電源
IMG_1249[1].jpg

X50Dの電源
IMG_1250[1].jpg

X50Pro ドライブの固定
極厚の支柱となるアルミ板へ鉄板の渡りをかけて固定していますので
高剛性なガチ固定です。
IMG_1247[1].jpg

X50Dドライブの固定は、プレスの鉄板に載せている感じです。
IMG_1248[1].jpg

その他、
UPUも高性能高速化
全て極厚のアルミプレートの筐体
高精度クロック
I2S(HDMI)出力2系統
etc。

お借りしている間の電源投入で更に絶好調となり
第一印象でX50Dと比べた時に感じた音の質感や繊細感、
演奏中のS/N感、音の厚みと低域の深い感じが更に良くなりました。

カクテルオーディオで
サーバートランスポートを検討されているお客様の場合
X50DとX50Proで悩まれるのなら
音質的にはX50Proが良いです。
すでにX50Dを購入されているお客様の場合、
聴き比べてしまうと悩ましい(当店も)です...。

・こういうサバ―トラポの手始めとして格安で考える場合X35
(パワーアンプ内蔵ですからコレ1台でスピーカーを鳴らせます。)

・デシタル系をアナログアウトまで1台で済ますのならX45Pro
 (お安く済ませる場合X45)

・お気に入りのDACや手持ちのお気に入りCDPにデジタル入力が付いている場合
 X50DまたはX50Proとなります。

X50Proの場合、色々と弄らなくても出音は良いので
弄って更なる高音質化試したい方の場合はX50Dを購入でしょうか...

まずは簡単なSATAケーブルの交換、
その後、ストレージの電源を別電源で供給、
オリジナル電源の場合、
供給電源は100V〜240Vまで可能ですので
200V供給と100V供給では出音も変わります。
本体電源をリニア電源へ変えても良いと思います。
使用するインシュレーターでも音は変わりますし
ケーブル類にも敏感に反応しますので
色々と試して遊びたい場合はX50Dの方がお手軽価格で試せます。

年始にX50D1台、X50Pro1台売れました。
ありがとうございます。m(__)m

posted by Lansing at 12:26 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする