2018年10月12日

古代アンデス文明展

定休日の水曜日、近くの名古屋市博物館へ行ってまいりました。

IMG_0889[1].jpg

IMG_0890[1].jpg

日本の場合、紀元前というと、縄文時代の土器が全く隙の無い完成度で驚きますが、
ペルーのアンデス文明も素晴らしいと感じました。

近年有名なマチュピチュは紀元後15世紀の遺跡という事ですが、
それ以前の文明で作られた土器や金の装飾品など素晴らしかったですし、
写実的な顔の形をした土器は、今にも動きそうで魂が入っているかのようでした...。

焼き物というと、
TVで放送されている「開運!なんでも鑑定団」の影響で古伊万里が有名ですが、
そういう希少価値で値段が高額になる価値ではなく
古代の土器は、造形美が素晴らしく
全く隙が無くて完璧なバランスに見えますので
長く見ても、何度見ても見飽きない造形美に価値を感じます。

日本の景色で例えるなら、
とても綺麗に見えている時の、美しい富士山の景色に近い美的なバランスかも?

私のところはオーディオ屋ですので、
見えない音も、そんな風に良くならないかと奔走しています...。

今回は、アイソレーショントランスのIN/OUTに接続する電源ケーブルで
大容量ラダーDSaの1.5m8段と、1m4段でIN/OUTを結線し
何がどう違うのか聴き比べてみました...。

左1m4段2本  右1.5m8段2本
IMG_0111[1].jpg

聴き比べてみました...。

1.5m8段の方は、合計すると3m16段
出音はしなやかで高分解能、S/Nも良く残響も綺麗で空間も出ます。
厚みとか太さとか、
低域寄り高域寄りという様な何処かにバランスが偏る感じは無く
しなやかで大人っぽい感じ...

1m4段の方は、1.5mと比べると
全体的に音に厚みがありエネルギーも強く、
試聴するソースによっては、ぐっと押し出す感じもあります。

個人的な意見では、
残響や空間が必要なクラシックの場合1.5m8段の方が合っていて
リズム系のジャス等は1m4段の方が良い感じです。

その中間をとる場合、
1m+1.5mで組み合わせればよいのではないかと考えられますが、
1mを先に付けるか、1.5mを先に付けるかで出音が変わる感じがします。
     
奥深くて「※もう〜まいっちんぐ!」です...。(笑)

※まいっちんぐマチコ先生

posted by Lansing at 17:01 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする