2018年09月01日

DALI MENTOR MENUET SE

DALI 30周年記念モデルのスピーカーが入荷しました。

IMG_0013[1].jpg

高さ25cm、幅15cm 小型で佇まいの良いスピーカーです。

IMG_0012[1].jpg

記念モデルの特別仕様ですので
エンクロージュアの仕上げや使用パーツはEPICONでも採用された最上級仕様です。

アコースティックギター等の電気を使用しない楽器の音が良く
モニター的なHi-Fi調サウンドではありませんので
小型で上品な出音のスピーカーをお探しの場合良いかもしれません。

DALIというと、初期HELICON400が代表的なスピーカーだと思いますが、
中音域に独特の音色と表現が有り好みが分かれるところでしたが、
このモデルにはそういう癖は聴き取れません。
しばらく店頭で鳴らして販売します。


YAMAHAのプリメインアンプも入荷しました。

A-S801
IMG_0014[1].jpg

このクラスのアンプの場合、
PULSE電源でデジタルアンプという構成になりがちですが、
昭和の時代から変わらない
大きなトランスのアナログ電源が採用されていて
パワーアンプはパラレルプッシュプルのアナログアンプが搭載されています。

昔と大きく違うのは高性能DACが付いている事でしょうか
(ESSテクノロジー社の32bit・2ch仕様 DSD5.6MHz(DSD128)384KHz/32bit対応です。)

もちろん、アナログレコードを聴くためのフォノイコも搭載されています。

印象的なのは70年代80年代のアンプの外観つまみ類の形状が踏襲されている事です。

新しさと懐かしさの融合したアンプで、見た目に何故か安心感を感じてしまいます。

出音の方は、やせてチャリチャリするという感じではなく
癖の無いアナログアンプの音、
メタボな厚い音ではなく均整が取れ整った感じでフラット
意外に駆動力もあり、濁る様な汚れ感の無い綺麗な出音に聞こえます。

TVのデジタルアウト(同軸48KHz)をアンプに繋いで聴いてみましたが、
AVアンプで聴くより良くてビックリ!(笑)

DACが優秀ですので、
ノートPCからチープなUSB・DAC等でD/Aしてアンプへ繋いだりするより
このアンプのUSB入力へPCから直で繋げば、
かなり驚いちゃう様な出音になるのではないかと思います。
(USBの場合、DSD5.6MHz(DSD128)384KHz/32bitまで行けます。)


話は変わります。

お客様からインダクターとパワーケーブルのご注文を頂きました。

インダクター
IMG_0011[1].jpg

Pケーブル
IMG_0010[1].jpg

IMG_0009[1].jpg

それから、
オカルト的な効果を発揮する刷毛が入荷しました。

ASB-1
IMG_0007[1].jpg

今回の仕入れで、ご予約のお客様分を除きますと残り2本の在庫となっています。
完売した場合、次回の入荷は9月末から10月初旬となります。

定価:1個¥10,584-(税込み)
SoundJulia 販売価格:1個¥9,000-(税込み)

明日の9月2日ですが、
町内で防災訓練があり午後2時頃からの営業となります。



posted by Lansing at 11:23 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする