2018年08月26日

桜レーベル

何だか今日は暑いですねぇ〜 (;´Д`)

今、お客様がいらっしゃらないので、
オーディオアクセサリー誌170号に付録で付いているCDを聴いてみました。

IMG_0005[1].jpg

桜レーベルは
クラシック専門のレーベルという事ですので
どんな録音になっているのか興味があります。

本から切り離し聴いてみると、
T社やV社レーベルの録音と全く違いビックリ!
パット聞きで以下の3点が特に凄いです。

・マイクを楽器に付けていない
・ホールでの演奏、オンマイクではなくオフマイク
・ダイナミックレンジの圧縮操作をほとんど感じない

素人が録音するワンポイントマイクの録音に近い出音で好感が持てます。

通常だと、楽器にマイクを付けるかオンマイクでがっつりと音を録り
エコーとアンビエンスを合成してそれらしい雰囲気を作り
ダイナミックレンジを圧縮しボリュームを上げてf特を調整
曲が変わっても一定のボリュームで同じような音圧で聴けるようにレベルを合わせ
小型スピーカーや小さな音でもそれらしく聞こえる様に音作りしてソフト化する...。

こういう意図的な操作がほとんどされていません。

つまり、
ある程度音量を上げない事には良い音で試聴できません。
演奏時と同じ音量で聴けば満足度が高いという事です。

オンマイクではない為、
演奏場所の空気感、音場の再現性が素晴らしいです。

できれば、
ヒラリーハーンとか、超一流アーティストを録ってほしい(笑)


クラシック音楽レーベルとなっていますが、
場の雰囲気を満喫したい場合、Jazzでも全く問題ないと思います。
ただ、過去のブルーノートやTBM、現代の寺島レコードみたいな出音と逆になる感じです。

昨日のMQA-CDとは全く別

IMG_0006[1].jpg

MQAは、過去に録音された音源をハイレゾで聴けるという事が売りですから
販売されるソフトは新たに録音した物ではなく
既に手元にあるソフトで耳タコになる様なものが多いです。

出音は従来のソフトよりクオリティーが上がりますが、
桜レーベルは再発物ではなく新録りです。

その録り方の考え方が違っていて
コンサートを多く聞かれに行くclassicファン向けの出音になっています。

サンプル音源の7曲目はマイクがピアノに近いので
ピアノの近くに立って聞いている様な感じに聞こえます。
これも離して録音して欲しかったと思いました。

しなやかで音場の素晴らしい録音ですが、
再生装置のダイナミックレンジが大きくないと
全く面白くない音に聞こえると思いますし、
ボリュームは生演奏を聴きに来ている程度まで上げたくなりますので
小さな音しか出せない場合ストレスが溜まるかもしれません。

ある意味、物凄く優しい音の厳しい録音ソフトです。(笑)
理解できる方は少ないかもしれませんので
レーベルの自己満足で終わらない事を期待します。

posted by Lansing at 15:11 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

カクテルオーディオ ファームウェア

カクテルオーディオ全機種のファームウェアが更新されています。

弊店のX50Dは自動更新にしてありますが、
今回は手動で更新しませんと最新にならない様です。

(更新しない場合、MQA-CDの再生ができません。)

輸入代理店 トライオードのHPから
カクテルオーディオのサポートで確認できます。

IMG_0004[1].jpg

ファームウェアをPCへダウンロードしてUSBメモリースティックへコピー
そのメモリースティックをカクテルオーディオへ挿して更新します。

IMG_0002[1].jpg

ネットへ接続した環境で、自動更新設定でもR1304へ更新しませんので
手動でR1203からR1304へ更新完了しました。

更新後は、MQA-CDが352.8KHzで再生できます。
IMG_0001[1].jpg

MQA-CDを、CDとしての再生とMQAの再生で聴き比べますと
MQAの方が、明らかに鮮度と分解能が高いです。

従来の聴きなれたCD音源を
ハイレゾやSACDで聴き比べた場合
低域は弾まなくなり、
中高域は音のハリや切れや抜け感が弱く
しなやかで繊細な感じの音質になる事が多かったのですが、
今回のCD/MQA-CDの場合、
MQAのハイレゾ音源でも
しなやかでクタクタな再生音になる事は無く
分解能や透明感、空間や音の見通しが向上し
一皮むけた様な鮮度感で聞かせます。

CD再生の場合でも
今までのCDと比べて
中高域の精度というか分解能が高くボケた感じが少ないです。

JazzをSACDで聴くと
低域ドボドボ、ドラムの音にハリが無く
狸の腹太鼓(笑)の様な太鼓の音になる事が多かったのですが、
MQA-CDはそういう事が無い感じです。
24bit 352.8KHzですからハイレゾとなりますが
今までのハイレゾの常識的な出音とは違います。

サンプルディスクで聴く限り
classicも鮮度が高く見通しが良い出音に聞こえます。

上手く表現できませんが、
従来のCDはデジタル音源なのですが、
アナログレコードの様な揺らぎ感があり
滲みや濁りを感じる出音、
今回のMQA-CDの場合、
高精度にキッチリ整っていて
揺らぎ感が無く鮮度が高い感じです。

CD層の再生でもその様に聞こえます。

SACDやハイレゾ嫌いな方でも
鮮度や分解能は欲しい方で
抜け、切れ、ハリなどが弱くなってほしくない方にはウケると思います。

最新の音源ですので
聴いた事の無い出音に聞こえると思います。

再生できる機器が殆ど無いのが現状ですが、
カクテルオーディオは全機種対応です。(^^♪

それから、
色々と実験しているKOJO DA-6ですが、
オーディオアクセサリー誌の169号と170号で
詳しく紹介されています。


IMG_0003[1].jpg











続きを読む
posted by Lansing at 17:42 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

AIRPULSE A200 その後

何人かのお客様が聴かれた感想...

これ、ホントにペアで¥10万?(笑)

音の広がる感じ、空間の再現が良いね!
こういう風にスピーカーの外へ広がる音場はなかなか出ないんだよね...

見た目から想像するより、しっかりした低域だねぇ〜

ブルートゥースで鳴らした時、レンジが広くモッサリ感が無い!

これでTV(AV)観ると良いかも!

等々ですが、少し対策したらどの様に向上するか試しました。

スピーカーべース
IMG_0068[1].jpg

インシュレーター
IMG_0071[1].jpg

ラダーケーブル
IMG_0072[1].jpg

fレンジ、分解能、S/N感、ダイナミックレンジがぐっとUP!
これだとスピーカーの価格よりアクセサリーの方が高い!(笑)

更に電源を、普通の100Vと200V、
KOJO DA-6(100V)で試すと
KOJO DA-6が圧倒的なクオリティーで聴かせました。

そのままでも¥10万以上の出音と思いますが、使いこなしで化けますね!


DIATONE DS-4NB70、 
AirpulseA200等を聴かれたお客様が、

「オーディオはキングオブホビーだねぇ〜」と...。

なるほどです。

このお言葉には考えさせられました...。

ミニコンポ、ヘッドフォンオーディオから始まって
ホームオーディオは簡単に億まで行けますから...(笑)

何処までやるのか?の幅が広いという事ですよね...。

高音質化を考えただけでも
使用環境が同じな場合、
機器をグレードUPするだけでは限界があります。
目標というか、どうしたいのか決めて取り掛かると
無駄金を使わなくて済む気がします。

以下、高音質化についての私の考え方ですが、
好きな音が出る機器が手元にあると仮定した場合、

・部屋の音響
・電源
・アクセサリー類の使いこなし

以上、大きく分けた3つの対策ができれば満足度が高くなると思います。

以下おせっかいな事ですが、
長くオーディオを嗜まれていらっしゃる方の場合、
高級な装置と色んなアクセサリー類はお持ちと思います。
更なる高音質化の考え方として
機器を更に高額な物へ買い替えるより
電源周りや部屋の音響を整えられた方が音質改善効果は高くなると思います。

音の追及ではなく色々な方向で楽しまれていらっしゃる方も多々お見えになられます。

こちらの方迷いが無いと感じます。

「若い時、憧れだった銘機を買いそろえてコレクションするのが楽しい
家に帰って眺めるだけで疲れが飛んでく」とおっしゃられていました。

「最新機器を次々と聴いてみたい。」
前のお店のお客様で、
1年で2回は総入れ替えの買い替えをされている客様がいらっしゃいました。

「過去に評判が良かった機器の中古を次々買い替えて聴いてみたい。」
家が建つほどの金額を使われている感じでした。

自作派の方、

フルレンジ一発派の方、

アナログレコードオンリーの方

色んなケーブルを作り続けて出音の違いを楽しまれている方

インシュレーターやタップを作られている方

DSD等の最新音源、ハイレゾ音源が好きな方

PCでオーディオ装置を超えようと頑張っていらっしゃる方...etc。


自分の行いが商売にならないかと模索される方も...

アンプを作って売れるかどうか聞いてくれと持ち込まれる方

ホーンを鋳造して作ってしまう方(コピー品)

木製ホーンを作っている方、(かなり何人もいらっしゃいます)

日本未発売の海外製ケーブルをセールスしている方

本当に色々な方が来店されます...。


オーディオは色々な楽しみ方がありますので
視野を広く取ると私の行いは狭い。(笑)

狭い行いの中で高音質と感じる最近のヒット商品!

・ASB-1 (刷毛) 残り2本、次の入荷は9月末となります。
・KOJO DA-6 (電源装置)
・エアパルス A200 (アクティブスピーかー)
・DAC212SE (D/Aコンバータ)
・DIATONE DS-4NB70 
・X50D (ネットワークサバ―プレーヤー)
・ラダーケーブル

以上、店頭展示、デモ可能、販売可能商品です。



お客様からご注文いただいた弊店オリジナルケーブルが完成いたしました。
(先のブログで作っていたケーブルです。)
IMG_0066[1].jpg

近最、涼しくなって過ごしやすくて良いのですが、
また台風が二つも来るようです。

何も被害が出なければ良いのですが...。







posted by Lansing at 15:50 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

A200をBluetoothで聴く

店は本日より営業しております。

まだまだお盆休みの方が多いと思います。
お盆休みはいかがお過ごしでしょう?

私は、墓参り&寺、妻の実家、輸入代理店打ち合わせ、
機器テスト、商品発送...etc。をこなし
実質的なお休みは1日程度でした。

毎年、不定休でお盆の予定も適当でしたが、
お休みを決めると予定が入るんだと...。(笑)

今日はなんだか涼しくて気持ちの良い日でビックリ!


お客様がいらっしゃらない時はA200で色々試しております。

エアパルスA200はBluetoothでも鳴らせます。
高音質なaptXで接続可能という事ですので
SONYのWalkmanで繋いでみました。

IMG_1009[1].jpg

一般的なBOSEやSONYの様な
四角い羊羹みたいな形のBluetoothスピーカーとは次元が違う音が出ました!

お客様が試聴で持ち込まれるソースを数曲切り替えて鳴らしています。
CDからコピーのコピーのコピーのコピー(笑)を
ブルートゥースでスピーカーへ飛ばして鳴らしています。


雑貨屋さんや喫茶店で、
小型のBOSEスピーカーをミニコンポで鳴らしている様な光景をよく見ますが
音はボケボケでAMラジオか?と思う様なBGM...
このA200とウオークマンの出音なら
そういう場合の使用でも圧倒的に良いのではないかと思います。

ブルートゥースなら、
ノートPCやiphone、スマホなどからでも飛ばせますので
ケーブルで接続する手間もありません。

純正のスタンドとSPのペアで¥115,000-(税込み)です。
スタンドをそのまま利用して色々試してみると
スタンドの天板に埋め込まれているスペーサーを外した方が鳴りが良い結果となりました。

天板の四隅にはめ込まれているシリコンゴム系のスペーサー
IMG_1007[1].jpg

、スピーカーがスタンドからずり落ちない様にネジで固定できるのですが、
ギュッと締めると音が死にますので、ねじ込んでおくだけで締め付けない状態で使用すると良い感じです。

IMG_1008[1].jpg

うすると、音密度感と低域の腰の入り方が良くなります。

聴感上ですが、
音場空間の再現が素晴らしいスピーカーで、
ウーファーとトゥイーターのタイムアライメントがバッチリ合っていて
周波数特性は下から上までフラットに聞こえる...
出音は破綻する事なく物凄くキッチリ整って鳴っている感じを受けます。

ネットワーク式のスピーカーではこういう感じの鳴り方はしませんので
ある意味驚異的!

チャンネルデバイダーで2ウェイへ分け
トゥイーターとウーファーを2アンプ構成で専用アンプでドライブしていますが、
その調整時、フィルジョーンズが、かなり詰めたと感じます。

このスピーカーは2本で¥10万(税込)
一般的なオーディオ用の高性能型の小型スピーカー
例えばB&Wの805やDINAUDIO等を使用されている方が聞けば
かなりショックではないかと感じます。


聴きながらケーブルも作っております。

この細いネットをケーブルへ被せます。
IMG_0848[1].jpg

被せるのは、一度に1〜2cm程度ずつしか無理

IMG_0849[1].jpg

IMG_0850[1].jpg

A200の試聴可能な取扱店は弊店のみです。

低価格で高音質なスピーカをお探しのお客様、
ぜひ試聴にいらしてください。

posted by Lansing at 15:14 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

AIRPULSE A200 再入荷!


過去の大ヒット製品、
アコースティックエナジーAE1は、
フィルジョーンズ監修の製品でしたが、
彼が新たに手掛けたスピーカーAirpulseA200が
昨年の11月、interBEEで公開され日本国内で発売となりました。


A200については
無線と実験のMJ誌にて細かくレビューされていますので
その様子はここをクリックして確認してください。

このスピーカーの輸入代理店が
弊店から車で30分程度の所にある関係で、
楽器や音楽業界、プロ機器取扱店の目線ではなく
ホームオーディオ取り扱い店とユーザー目線で
導入時、音質や動作テストに参加いたしました。

導入時の指摘事項はある程度改善されましたが
細かなチェックをする日本人気質的な部分は
受け入れてもらえないところもあり
完璧な動作ではありませんが、
日本以外の国へは、
すでに2000セット( ;∀;)も販売実績があると追う事で
ある程度の改善で輸入販売されることになった様です。

ペア¥10万(税込み)という
驚くほど低価格で高音質なスピーカーですので
値段と音からすると、多少の不具合はどうでもよい事になるかもしれません...。

SoundJuliaは販売店となっておりますので購入可能です。

・本体ペア:¥10万(税込み)
・本体+スタンドセット:¥115,000-(税込み)
・スタンドペアのみ:¥19,440-(税込み)

スピーカー本体の底板には
金属製のインシュレーターが付いていますが
簡単に取り外すことが出来ます。

DSCF1001[1].jpg

専用スタンドへ固定する場合も取り外します。

DSCF1002[1].jpg

専用スタンドへ載せた様子。

DSCF1006[1].jpg

リボントゥイーター

DSCF1005[1].jpg

ウーファー
過去のAE1よりフレームはこちらの方がしっかりできていますが、
センターキャップが黒かったらAE1にそっくりなコーンですね!
DSCF1004[1].jpg

背面パネル

DSCF1003[1].jpg

パワードスピーカーですのでアンプは不要です。
入力は、デジタル(S/PDIFか光)、アナログ(RCA/XLR)
あと、ブルートゥース4.0(aptX可能)
電源は、100V〜240VまでOK!です。

純正スタンドへ載せた状態で100V電源で駆動
カクテルオーディオX50Dから適当なケーブルで(S/PDIF)接続
CDをリッピングした44.1kHzの入力で試聴...。

一言で済ますと、

「ワイドレンジ、高分解能、ハイスピード」な出音!

大きさ:203Wx355Hx295D(mm)
この大きさのスピーカーで考えると
出音から「ペア¥50万です。」と言っても疑われる事は無いと感じます。(笑)

過去のソナスファベールの様な芸術性
TANNOY JBL/ALTEC 古いヨーロッパ系SP等の
ビンテージサウンド要素を求められると
そういう方向の音ではありません。

現代スピーカーで、高音質と言われている
ペア¥100万程度の小型スピーカーと聴き比べて頂きたいと思います。

例えば、美音に仕上げてあるとか、
切れ良く聴かせるとかの癖を入れていないです。
臭いジャスの後に現代的な録音のバイオリンを聞いても違和感ない出音で聴けます。
ボーカルも良いしパーカッションも決まります。
耳に刺さらない高分解能でフラットに伸びる高域
見た目から想像できない出音のウーファー
素晴らしい空間、切り返しの速い出音は嫌みの無い分解能を感じます。

リボントゥイーターはP社の様な
鳴っているのかどうか分からないエネルギーの無いサラサラな音ではありません。

それじゃ〜サウンドジュリアで扱っている
DIATONE DS-4NB70と比べたらどうなんだ?と...。

例えですが
普通の小型スピーカーはTVの地デジ並み
A200は2K画質
DS-4NB70は4K画質の高精細

A200は使いこなしが簡単で、44.1Khzの入力でも
価格を考えるとビックリしちゃうほどの高音質な出音!
アクティブスピーカーですから
アンプがどうちゃらとか考えなくても完成します。

DS-4NB70はマニア向け
入力機器のクオリティーはもちろん、
駆動するアンプの質、部屋の状況も含め、上質になるほど驚く様な再生音になります。

とりあえずビデオを撮りました。
YouTubeでご覧ください。

できればブログ上のYouTube画面の右下、YouTubeロゴをクリックしていただき
YouTubeへ飛んでいただき
⚙マークから、HD画質へ変更していただくと高音質になります。

その1

その2

店頭に展示していますので随時試聴可能です。
低価格で高音質なスピーカーを探されている場合バッチリかと思います!









posted by Lansing at 12:57 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

カクテルオーディオ Gracenote

最近X50Dをお買い上げいただいたお客様より

「リッピング時の情報取得がイマイチ悪い」との感想をいただきました。

LANケーブルを繋いでいないと動きませんが、
Gracenote のサービスライセンス(2年間無料)を有効にしていただければ
快適になりますという説明をさせていただき試してもらいました。

こちらのサービスは、X35、X45、X50D X45pro全てに付いていますので
まだ有効にされていない場合、
下記取扱説明書のページを参考にご利用ください。

Gracenoteサービスライセンスを有効にする方法
X35  43ページ
X45  45ページ
X50D  42ページ

有効にした後のリッピングは
dbパワーアンプ以上の情報取得かもしれないとご連絡を頂きました。(^^♪

LAN環境の無い場合、付属しているCDのFREE DBをインストールで
ネットに繋がっていなくてもある程度の情報は取得できます。
ネットへ繋げた場合、データベースが更新できますのでこちらも便利です。

情報取得が上手くできない場合、
CDを入れ直すと拾う場合があります。

それでもダメな場合、
PCのUSBキーボードをXシリーズのUSBへ繋げば
キーボード操作で曲名などの入力が可能になり編集できます。
もちろん付属のリモコンのテンキーでスマホの様に文字入力可能ですが、
キーボードで入れた方が楽です。
好きなフォントも入れることが出来ますので
色々試されると面白いと思います。

それから、
本体の画面へ表示されるアルバムアートはリッピング順に並びますが、
A〜Z Z〜Aの順に並べ替えることが出来ます。
リモコンの左下辺りにある(SORT)ボタンを押す毎に変わります。
IMG_0845[1].jpg

IMG_0846[1].jpg

IMG_0847[1].jpg

iOSまたはアンドロイドへ、リモコンアプリのMusicXを入れれば
リモコン操作がさらに便利になりますので色々とお試しください。

8月3日に送られてきた輸入代理店からの情報では
カクテルオーディオのXシリーズ全機種数台の在庫有りとなっていますので
盆前に入手されたい方はまだ間に合います。

以下余談
DAC212SEのファームウェアを1.07へ更新した後、
ノートPCとDAC212SEをUSBケーブルで繋ぎ
YouTubeを視聴してみたのですが、
以前より音場空間や音楽表現が良くなっている様に聞こえます。(^^♪
音声のプロパティーでサンプルレートとビット深度を弄ると面白い様に音質が変わります。
楽しくてかなりハマっちゃうと思いますので(笑)
DAC212SEをお持ちの方は試してみてください!


posted by Lansing at 14:35 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

暑いですね!

就寝前には水分(ビールではない)をたくさん取って寝床に入るのですが、
朝のオシッコが濃いめの滋養強壮剤色(笑)
ヤバイので更に水分を多く取り寝ております...。

定休日はオーディオルームの打ち合わせや雑用でお出かけ
いつも居る店の中は快適ですが外は猛暑...
店の快適さに慣れてしまったので
屋外へ外出中、気を抜いているとクラ〜っとしてきます。

昨日は銀行へ行き先月の仕入れの清算をしてきましたが
これだけ暑いと少し外出するだけでもイヤですね...。

お客様が居ない時にご注文いただいたケーブルを作っております。
IMG_0256[1].jpg

お盆休みですが、
毎年、お盆は不定休として店を開けていましたが
今年は下記の様に考えております。

11日(土)はお休み、(墓参りと寺)
12日(日)は営業、
13日〜16日はお休み

メーカーさんや輸入代理店さんの場合、
11日〜19日までお休みのところが多いと思いますので
何か購入して盆休みで楽しみたい場合、
近日中にオーダーしないと間に合わないと思います。

DIDIT DAC212SEは在庫切れでしたが
どうやら取引が進みそうです。


それから
管球王国Vol.89へ弊店の真空管式モノーラルパワーアンプが紹介されました!
レンジ感があってハイレゾ音源に好対応と評価されています。
詳細は、管球王国を購入してお読み頂ければと...。

弊店からのコメントとしては下記の通りです。

取り上げていただきありがとうございます。
最低価格のアンプ(笑)ながら高評価の記事でとても光栄です。

高域の感じは、デジタル入力がアキュフェーズDP/DC950、
スピーカーがB&W800D3の音だと思います...。

石のアンプの様に基盤も使用しておりませんし
コンデンサ容量も極小でトランスは6L6専用設計
ウルトラハイスピード動作で動的特性を優先し
音楽が楽しく聴けるように作っているつもりです。

最初に付属している真空管は
選別した旧ソ連製ビンテージNOS球です。
真空管は交換できますので
球ころがしで自分の好きな出音に近づけることが出来ます。
RCAの球を使用すればブルーノート等が厚く太く楽しく聴けて
古いST管やシルバニア等の球でclassicを上質で優雅な感じに聴くことが出来ます。
全てJANのメタル管にした場合、ウルトラハイスピードで高分解能な出音になる等
使いこなして自分の物にするアンプと考えています。

IMG_0843[1].jpg

IMG_0844[1].jpg


posted by Lansing at 11:55 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする