2018年06月08日

KOJO DA-6 200V仕様

KOJOの電源装置ですが、
DA-6は、200V駆動が可能という事で、
1台を100V電源で動作させ、もう1台を200V電源で動作させて
音を聞き比べてみました。

IMG_0074[1].jpg

100V仕様で聴いた後、直ぐ繋ぎ変えて聴いてみると、
判断するのに1分も必要ない程、200V駆動の方が良い!( ;∀;)

その後、とりあえず色々聴いてみましたが、
200Vの方が良いで間違いないです。

どの部分が良くなったかという感じではなく
全部が底上げとなり200V仕様にしてケチをつけるところは無いです。

エージング前の状態でこれですから、
数日使用したらどんな感じになるのか楽しみです。

既製品から電圧変更依頼は別途¥22,000-(税別)程度費用が掛かりますが、
部屋へ200V電源が来ている場合、200V仕様を購入するのが間違いない選択です。
出力電圧の方も100〜120Vまで1V間隔で電圧指定可能!
正確な変更手数料は、販売店かKOJOさんへ問合せ願います。

(SoundJuliaは KOJO取扱店です。)

イヤイヤ、こんなに違うとは驚きましたので、
店頭の100V仕様の方も200V仕様へ変更依頼をかけまして
来週メーカーで電圧変更していただく事に致しました。

IMG_0075[1].jpg


posted by Lansing at 15:16 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする