2018年05月08日

I2Sケーブルを作る

DAC212SEをI2Sで動かすケーブルはHDMIなのですが、
市販されているケーブルは映像用が殆ど...
全ての配線は必要なくTDMSだけあればOKなので自作してみました。

HDMIのI2Sでも
シルバー君を使った場合
音はシルバー君の音になるのか?

DSCF0749[1].jpg

誤配線していないか確認して接続...
X50DをPLAYすると完璧に鳴りました!

音はシルバー君の音を感じます。(笑)
現在使用しているHDMIケーブルよりレンジが広く
低域は更に下まで伸びてS/Nが良い上に歪感が少なくなり...

一発で良い感じの出音だと何だか笑えてくる(^^♪

その他は、
KOJO D-6電源が凄く良くなってきまして
アンプまで波形の綺麗な電源で動かしたらどうなんだ?と
アンプをSi-50carbonへ変え
機器全部をD-6へ繋いでみました。

入力はX50DとDAC212SE
D-6の100V出力へ個別にアイソレーショントランスを繋いで供給
SI-50へもアイソレーショントランスを使用し
電源を通したのと電源タップ直とで試聴してみると、
D-6を通した音は、
レンジが広く歪感は減り、情報量が格段にアップ!
残響が綺麗でケチをつける所が見当たらない(笑)

電源装置やアイソレーショントランスの使用で
クールになる事も無く音楽性が落ちることも無い...。

入力側で1台、アンプ側で1台使用すると更に良いんだろうなぁ...。(^-^;

電源装置に興味がある方は来店して聴いてください。
欲しくなります。(笑)

話が変わります。

ご注文いただいた大容量ラダーケーブルが完成いたしましたので
お客様の希望でプラグを取り付けました。

DSCF0745[1].jpg

プラグをばらし、コンタクトオイルを塗布

DSCF0746[1].jpg

完成!
DSCF0747[1].jpg

ダブルネームです。

DSCF0748[1].jpg

ちなみに、大容量ケーブル(容量:1000VA)は
特注で製造をお願いしているラダーケーブルとなりますので
特許を持っているマルチョウエンジニアリングさんや
製造元のラダークラフトセブンさんでも販売しておりません。
取り扱いは弊店のみとなります。


受注生産で納期待ちの人気商品 CHORD DAVE
DSCF0731[1].jpg

弊店ではない有名な大型店で、現行のK-01Xsより高評価なK-01X
DSCF0737[1].jpg


posted by Lansing at 15:21 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする