2018年03月08日

DIATONE DS-4NB70

本日、三菱エンジニアリングさんも同席いただき、
SoundJulia店内にてDIATONE DS-4NB70を試聴させていただきました。

IMG_0690 (600x300).jpg

DIATONE DS-4NB70

IMG_0691 (600x533).jpg

10日の土曜日に開催するStereoSound試聴会用オーディオセットのまま
サウンドジュリアのオリジナルSPスタンド試作品へ載せて鳴らしてみると
レンジが広くしなやかで透明感の高い音が空間豊かに広がり
高分解能ながら耳が痛くない出音となり、三菱さんもびっくり(笑)

音色もクールになることなく、弾む感じも出て帯域バランスも良いので、
「聞いたことのない音が出ている」と漏らす...。

スムーズに音が出るので、大きな音からさらに頑張ってほしいとボリュームを回すと
アンプがMAXに達していると感じ始めるところまで聞けてしまう。
(パワーアンプはSJ-6L6)

アナログレコードとデジタル音源を聞いた後、
ティグロンの専用スタンドへ載せ替えて同じように聞いてみると、
高域寄りのバランスとなり、音が立って切れ味が強く耳に刺さってくる...。

ちょっぴり辛いが嫌いな音の傾向ではないので、
スタンドとスピーカーの間へ
サウンドジュリアのSJ-SIインシュレーターを挟んでみたいと提案...。

ササッと作業して、4点受けで音だししてみると、
高域寄りのバランスから、一転して
中低域のエネルギーが増し、
グッと腰の入った出音となり、低域も厚く下まで下がる。

ややヒステリな女が筋肉質のファイターに変身したかのような激変ぶり...。

三菱さんの提案で、3点受けにしてみようと...
3点で音出しすると、腰が入った力強い音が消えて
しなやかな感じになってしまった...。

「4点受けが良いですね」と全員一致の意見

最初の4点受けに戻し色々聞いてみても、あまりケチをつけるところが無い...。

高分解能で抜けがよく空間豊かに音が広がり
力強い感じと質の高い感じと高性能が同居しているような音が出ているので
「今までで一番良く鳴っているんじゃないかなぁ」と三菱さん

SJ-6L6の反応の良い出音もしきりに気にされ
「20Wでこんなに良く鳴りますねえ...
SJ-SIインシュレーターは、別の所で行う試聴会で使用します。」と(笑)

SoundJuliaの部屋(店内音響)も非常に気になったようで
手を叩いて反射音を聞いてみたり、電源周りを確認したり
まるで、オーディオマニア候(笑)

三菱さんも私も、相当なオーディオバカ(笑)と理解し合い色々お話をする中で、
私の方からスピーカーフレームにアースを落とすと
さらにS/Nが良くなり高精細な出音になる筈でわ?と提案すると
「帰って直ぐ試してみます」と...。

開発担当と営業担当へダイレクトにお話ししているので面白いです。

三菱さんも私も
出音が良いのでお互いに気分は上々(笑)

SoundJuliaの店頭展示品導入決定で、名古屋初の取扱い店となります。

近日、店頭用が入荷しますので、いつでも試聴可能となります。

到着したら私なりに詰めてみたいと考えております。




posted by Lansing at 22:38 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする