2018年02月05日

ACOUSTIC ENERGY AE1 再来!

今日のブログは熱いです!

1990年代にヒットしたフィルジョーンズ作
アコースティック エナジー AE1をご存知の方も多いはず。

これ ↓

a[1].jpg

木目モデルのSeriesU シルバーモデルのSeriesVまで行き、
綺麗なピアノ仕上げなどもありました...。

後に復刻モデルも出たりと大ヒットした小型スピーカーです。

評論家の三浦氏も愛用する等、
デザインや音も含めお好きだった方も多いはず...。

で、ひょんな事から上の写真のAE1じゃない小型スピーカーを
何の前置きも無く「このスピーカー聞いてみる?」と言われたので

早速聞かせていただき、
音楽を聴いた私の感想が、

「この音、1990年代にヒットしたアコースティックエナジーのAE1にそっくり....。」

この感想は、聞かせた本人も驚いた様で、

「今の名前はAE1じゃないけど、フィルジョーンズが作っているスピーカーなんだわぁ〜!」と

これには私も驚き、

「これ今売ってるの?」と訊ねた!

もちろん という事で、
最新の現行品でフィルジョーンズが作っているスピーカーがこれ ↓

DSCF0455[1].jpg

昨年末のinterBEEにてフィルジョーンズが来日し公開されました。

詳しい話を伺う為、本日、輸入代理店ヘ行きまして
早速、新品を1セット調達してきました。

名前は、アコースティックエナジーAE1ではなく

AIRPULSE A200

設計から音決めまで全てフィルジョーンズが行って
ユニットもすべて専用の物になっているようです。

DSCF0452[1].jpg

なかなかカッコいいじゃないですか!

DSCF0457[1].jpg

DSCF0456[1].jpg

付属品等

DSCF0454[1].jpg

ツイーター
DSCF0459[1].jpg

ウーファー
DSCF0458[1].jpg

気になる価格ですが、ペアで何と! ¥99,360-(税込み)

安い、安すぎます...。

しかもアンプ内蔵のパワードスピーカーで
入力は、
・同軸デジタル、
・光デジタル、
・バランス入力、
・RCAアナログ、
・ブルーツース(aptX)
リモコンも付いています。

店に持ち帰り開梱してセット!

¥10万以下...。 価格破壊です。

デジタルの光と同軸でとりあえず繋ぎ
(192Khz 24bidまで対応)聴いてみますと、
基本的にかつてのAE1トーンを踏襲していますが、
音質や表現は洗練され、粗い所がありません。

無機質感や冷たく暗い感じ、耳に突き刺さる高域などは無く
品位が高くやや明るめの鳴り方をします。

リボンツイーターは細かくサラサラという感じではなく
高分解能で小気味良い切れと、
真珠が光沢を放つ様なハーモニクスの艶感が出ます。

低域はドロドロ、ボムボムとなる様な事は無く
心地よく弾み、歯切れも良く、エネルギーが有り重量感も有ります。

まいっちゃいますね...。

現在取り扱い中のX35、X50Dと繋げば
最新のネットワークハイレゾオーディオ完成です。(笑)

販売ルートは、ホームオーディオ系の流通ではなく
プロ用機器や楽器系の販売ルートになりますので、
オーディオ雑誌などからの紹介は一切ないと思います。

こんなスピーカーは無視できないので
SoundJuliaは、もちろん販売取り扱い店になりました!(^^♪

専用スタンドもありまして、ペア¥19,440-(税込み)と格安...。

中古オーディオ取扱店が言うのもおかしな話になりますが、
すでに中古品しかないAE1を探しても¥10万以下では買えませんし
これを聞いてしまったら、
AE1をわざわざ探して買う気も無くなると思います...。

色々と追って紹介させていただきますが、
気になるお客様は弊店までご試聴にいらしてください。



posted by Lansing at 20:47 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする