2017年06月05日

色々やっております。

低消費電力機器用 200/100降圧トランス完成

デジタル機器に使用されるという事での製作です。
アイソレートと、200からの降圧で良い感じになるとお思います。
DSCF0604[1].jpg

新作のSJ-FBベースと比べる
DSCF0605[1].jpg

Mark Levinson No.38L用 電源ケーブルの製作
DSCF0606[1].jpg

アースループ対策と、
純正ケーブルのベルデン臭い音の排除が目的
癖の無いシルバー君で製作しました。

ついでに、純正の足はヘボイので外し、
SJ-SI+金属ベースを使っていただきます。


ラダーケーブルの特注依頼
このプラグをラダーケーブルで繋ぎます。
ミニジャック---RCA
ヘッドフォン用になります。
DSCF0607[1].jpg

超小型スピーカーを頂きましたので
ニアフィールド用のこんなの作ってみました。
DSCF0608[1].jpg

タップと同じ、金属の削り出しです。(笑)
DSCF0609[1].jpg

昨日は、出来立てほやほやのSJ-SI用金属ベースをご購入いただけたり
今日は、オールドJBLファンの方にゲルマアンプをご購入いただけるなど、
嬉しいです。

今日は朝から、ご近所さんのお宅へ修理の見立てで出向いておりました。
明日の午前中は、市内のお客様宅でWadia21の買取です。

SJ-PreampやSJ-6L6のご注文も頂いておりますし、
色々と忙しいのですが、
壁コンセントベースやオーディオボード、ラック等も考えております。

また、P-0愛用者の方と、一緒に考えたのですが、
今回のインシュレーター用金属ベースを利用して
P-0の純正足を外した穴へ上手く付けることが出来るインシュレーターを作ります。

前に行ったP-0カーボン企画で、
天板も底板も電源の方もカーボン化されていらっしゃる方には
更に高音質化できるアイテムとなります。

posted by Lansing at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする