2017年04月30日

特注コンセントタップ

幅の広いコンセントを取り付け可能にするため、
ケースサイズを広げ切削いたしました。

上がオリジナル
下が特注...。

DSCF0522[1].jpg

左が特注

DSCF0521[1].jpg

フルテック GTX-D NFC(R) ロジウム
オーディオリプラス RWC-2RU ルテニウム

動作確認を兼ね、ちょっぴり試聴しました。

フルテックは、音が立って輝きがあり、
普通のコンセントと比べ、
音数が多くハッキリしていて
高域も、中域も、低域も、
全ての音域で主張してきて
俺も俺もと、音が前に出てきます。
低域は良く分解している上にブリブリ感があって力強く
高域は、独特の照りがあり華やか、
他のコンセントで聴くと控えめなブラシの音も、
大きめの音で聞こえてきて主張します。

リプラスは、
フルテックと比べると控えめでわきまえのある感じ、
全体的なバランスが取れていますが、
やや暗めで、フルテックより音数は少なく聞こえます。

長時間聴くならリプラス、
1,2曲、面白くガンガン聞くならフルテックでしょうか...。

この後、ワッタゲート381で聴いてみると
ピラミッドバランスの低重心へ変化、
上記2種の高域に感じた華やかな照り感は無くなり
ライブ感の有る細やかな分解能で聴かせ、
落ち着いてトルクフルなサウンドとなりました。

現在、壁コンプレートを考案中ですが、
何となくの閃きで、
ドライカーボンフットベースとハイブリッドさせる
メタルベースを並行して試作いたします。
高さ、25mmとしますので、
これで、機器純正足を外すことなくパスし、
ドライカーボン部分が底板に直に接することが出来ますので
ドライカーボン+メタルの安定した足へ簡単に変更出来るようになります。

(樹脂+ゴム)、(金属+ゴム/フェルト)、(ゴム足)、(樹脂足)などのチープな素材から脱却し
重厚なメタルベースへ、ハイスピードなドライカーボンを融合させますので、
かなり良い感じの足となる予想です。
試作品ができたら紹介します。