2017年03月18日

ウルトラ コンセントタップ その6

インレット仕様を組み立てました!

インレット、コンセントなどのパーツ
DSC001000[1].jpg

インレットを付けます。

DSC001001[1].jpg

配線をコンセントへ付けます。
根元がY字になってバイワイヤー接続としています。
音質が劣化しますので、
コンセントからコンセントへ渡りを掛けません。

DSC001002[1].jpg

ULの場合は3つ固定するネジがありますので
右側の様にネジを軽く付けます。

DSC001003[1].jpg

2個とも軽くネジを付けます。

DSC001004[1].jpg

へそネジのあるにコンセント中央に、固定バーを載せます。

DSC001005[1].jpg

ネジを付けて軽く締めます。

DSC001006[1].jpg

天板を載せて、位置が合っているか確認します。

DSC001007[1].jpg

上記の写真で位置がバッチリ合っていますので、
全部のネジを適度に締め付けます。

DSC001008[1].jpg

シルバーのキャップボルトで組んだ場合

DSC001009[1].jpg

ブラックのキャップボルトで組んだ場合

DSC001010[1].jpg

コンセント本体は、タップのベースへガッチリ固定されます。
天板とコンセントは面ではなく
コンセントプラグを若干浮かせる様にしていますので、
差し込んだプラグは金属製の高剛性天板へ乗っかり、
コンセント本体の方へ振動が伝わりにくくしています。
この構造により、コンセントと、プラグの2か所で対策されることになります。

DSC001011[1].jpg

で、聴いてみると、
コンセントの違いによる音質差が気になるので、
前作のタップを分解し、
ワッタゲートを取り外しました。

DSC001012[1].jpg

DSC001013[1].jpg

もう一度組み直し完成!

DSC001014[1].jpg

こちらはメイン装置の方へ繋いでみたのですが、
どこから説明して良いのか分からないほどゴキゲンなサウンドになりました。

静寂を感じるほどのS/N感で、ウルトラワイドレンジ、
超分解能で、変な音まで(笑)聞こえてきます...。
音の品位も高く、広い空間に広がる残響は絶品!

で、見ていると、
タップ天板に多数あるキャップボルトが気になってくるので、
天板のキャップボルトは見えない構造に変更しようと考えています。

コーナーの面取りは、もっとライン状に光るように仕上げてほしいとか
天板と、本体の接合部のラインは、薄く見える程度にならないかなど
私個人的な見た目の欲がありますので(笑)
明日、打ち合わせてOKならその仕様でまた試作します。

この数日で試聴されたお客様より
販売前にもかかわらず注文を受けおりまして
誠に嬉しい限りです。(^^)v