2017年02月20日

SL-10アーム不動修理

外観が綺麗なワンオーナーのSL-10
経年でアームが動かなくなり、
修理依頼でSoundJuliaを訪ねてこられた。

早速確認してみる...。

カートリッジを外し、カバーロックを外します。


DSCF0242[1].jpg

内側のカバーを外します。

DSCF0245[1].jpg

ビスは、長さなどが違いますので
戻す時に間違えると上手くハマりません...。

DSCF0244[1].jpg

ベルトは、何年も同じ位置で止まっていた為、卵型に形が付いています。
(左は取り換える新規のベルト、右は付いていたベルト)
DSCF0249[1].jpg

内部のギアなど...
DSCF0247[1].jpg

点検すると、ドライブモーターが固着しており、唸りはするが全く動かない...。

取り外します。
DSCF0246[1].jpg

この後、モータの固着を動くようにして注油、回転させてエージング...。

グリスをふき取って戻します。

DSCF0250[1].jpg

出力ジャックも、
経年で、白くくすんでいるので接点をメンテナンスしました。

左はメンテナンス済み、右は元のままです。
DSCF0253[1].jpg

左右完了!
DSCF0254[1].jpg

カートリッジの接点、針もクリーニングします。

DSCF0252[1].jpg

カバーの内側も拭き上げて、操作ボタンもピカピカに!
DSCF0255[1].jpg

動作良好となりましたので、連続再生でエージングします。

作業していると、
ヘッドフォンメーカーのクロスゾーンさんが訪ねてきた...。

2月17~19日開催されたオーディオフェスタへ出品していた為、
今日も名古屋に居たという事で、販売店回りでご来店されたという感じ...。

前に来られた時、
私が、「バランスアンプでバランスドライブすると素晴らしい再生音になる」とお話ししたので、
メーカーさんの方でも実験し、納得され、
現在、バランスケーブルの試作をしているという事で、
何本かあるうちの1本、手作り感満載(笑)のケーブルを持参された...。

DSCF0248[1].jpg

純正から付け替えて一聴してみただけで、
付属のケーブルで聴くより、バランスアンプでバランス接続した方が、比べるまでも無く良い!(笑)

メーカーさんのケーブルは、何を聴いてもバランス良くまとまって
音の特徴となってしまう様な目立つ部分が無いサウンドで、
長時間、リラックスして試聴できる感じでなかなか良い!

解像度も高く、帯域幅など十分に広いのですが、
聞いてくれという感じの誇張感が無いので、
緊張して聞く感じにならないところがヘッドフォンCZ-1と同じ音作りで面白い!

これを作った技術者様にも、
私のお手製WE音魂バランスケーブルを聴いてほしいと思った。(笑)

このヘッドフォン、携帯プレーヤーや程度の悪いヘッドフォンアンプ
インピーダンスのマッチングが取れていないアンプで聴くなどの場合、
全く良さが出ない(笑)ヘッドフォンですので、
たくさん並べてあるようなお店でとりあえず聞いても
帯域はナローで、真中しか出ていないような感じで、
音の元気さも無くやる気のないサウンドに聞こえてしまう為、
販売店には専用アンプやバランスケーブル等を用意するなど意見したところ、
順番に処理していきますという事で、
最初に、今試作しているバランス駆動用のケーブルを完成させるという事になりそうです...。

私の様な者の意見でも、
聞く耳持っているメーカーさんとは、今後も仲良くお付き合いしたいと思います。(^^♪

マッキンのMC240やC11のオリジナルが入荷しましたので、後日UPします。




posted by Lansing at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする