2017年01月28日

SJ-6BQ5納品

年末にご注文いただいた
SJ-6L6とSJ-6BQ5の納品が終わりました。

先日、たて続いて躓いたので、もう躓いていません。(笑)

SJ-6BQ5内部
DSCF0216[1].jpg

基盤を使わない手配線です。
DSCF0217[1].jpg

寄ると空中都市みたいです。(笑)

動作テスト
左が新規製作の新品で、この後ロゴマークを付けました。
DSCF0218[1].jpg

最近の私物コレクション...。

小さな巨人!
DSCF0219[1].jpg

CDケースと比べてもこの大きさです。
DSCF0220[1].jpg

DIATONE DS-5BとDSCF0221[1].jpg

5年ほど前でしょうか?
前の店舗(千種区星が丘の店)で、小型スピーカーコレクターの方より
Visonik David50を、しばらくお借りして聴いていた事があったのですが、
小型と思えないようなスケール感と浸透力のある音、
国産と違う楽しい音楽性で聞かせてくれまして、
私も欲しいなぁ(笑)と思っていましたが、
今回、後期モデルのDavid5001を入手いたしました。

手持ちのDIATONE DS-5Bと並べてみると、
DS-5Bは、日本製ですから
流石に作りか緻密で、見た目がシャキッとしています。

音を聴き比べると、
DIATONEは、破綻の無い均整の取れた国産サウンドで
良い時代のDIATONEを感じます。

Visonikが販売されていた当時は、
Davidシリーズが世界的に大ヒット!評価も抜群でした。
DS-5Bは、当時、メチャクチャやる気十分だったDIATONEが、
ダイキャストの小型スピーカーなど
簡単に作れると言わんばかりの作り込みで出来ています。(笑)

小型スピーカーは
インフィニティ―のテシマルも持っているのですが、
澄み渡る様な綺麗な高域で聴かせ、
大きなインフィニティーは必要ない?という様な音を聴かせます。

その他、
Lo-D、フォステクス、テクニクス、PIONEER等のアルミキャビの小型スピーカーも持っていたのですが、
徐々に処分し、手持ちは、テシマルとDS-5Bだけとなっていたのですが、
今回David5001が仲間に加わりました。

前にお借りしていたDavid50のイメージを思い出すと
基本的な音の感じは同じなのですが、
ムッチリした濃密感、ライブ感の様な要素は、
初期型のDavid50の方が強く出ている感じがします。

その時、見た目がそっくりなブラウンの小型スピーカー
コンパクトL100だったかな?も
違うお客様が持ち込んできたので聴かせていただいた事があるのですが、
ブラウンは、やや高域寄りのエネルギーバランスで聴かせ、音がタイトな感じでした。

今回入手した最後期の5001は、全体的に音抜けが良く、分解能も高いです。
フォーカスもクッキリ合っている感じで、聴感上のfレンジも広く聞こえ、
音楽の表現は、DS-5Bより巧みで、ハートにグッとくる感じで音楽を聴かせてきます。

凄く小さなスピーカーですが、広い音場とスケールを感じる音で鳴りますので
音が出ると異様(笑)、近くに大きなスピーカーがある場合、
そちらが鳴っている様な錯覚をします。(笑)

入手してから、
一旦分解、内部を確認し、組み立て直しています。

先ほど、SJ-6L6へラダーDSスピーカーケーブルを繋いで鳴らしてみたのですが、
驚きの高音質となりました。!

単体でもやせた音が出ないので
低域の不足感はあまり感じないのですが、
YAMAHAのYST-SW-1000Lを追加し
ぐっと下を伸ばすと、
大型フロア型スピーカーが、朗々と鳴っている様な感じになり笑えました。

鳴っていない時の見た目は、
1980年代の、安物カーオーディオにたくさん見られた
見た目も音も悪い(笑) リアスピーカーの様に見えますので
音の期待感はゼロですが、鳴ると驚きます。

何と能率82dB(笑)の超低能率!
しかもインピーダンス4Ωですから
駆動力の無いアンプで鳴らすと良さが解らないかもしれませんが、
基本的に安いスピーカーですから
ヤフオクや中古ショップで見つけた場合、
購入して遊んでみると面白いと思います。

タグ:SJ-6BQ5納品
posted by Lansing at 17:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

二度あることは三度ある

定休日、オーバーハングが合うようLINN LP12のアームベースを加工
DSC00001[1].jpg

アームがSAECの為、
トランポリンベースを付けると...。

DSC00006[1].jpg

DSC00005[1].jpg

プレーヤーの上下を元に戻しフローティングのバネが下がると、
ベースと干渉してしまいました...。

干渉を無くすためには、
トランポリンベースを使わないか、
1cmほど袴を増して付けるかしかありません。

確認しなかった私がバカなのですが、
躓いてしまいました。(1回目)

その夜、お客様宅まで出向いてオーディオ専用電源工事の確認をすると
IMG_0233[1].jpg

希望場所へシールド三線の引き出し線が出ているのはOKなのですが、
分電盤での接続が、何故か単相ブレーカーに
黒/白の二本接続されているだけで、赤線は丸めてフリー状態?

つまり、三線ケーブルを引いたのに
単相三線式でなく、単相100Vで送っているだけ、
しかもシールドケーブルなのにシールドへアースも落ちていない...。

この引き込み工事は、私が請けていないので
設計説明だけしたのですが、
施主様、設計士、工務店、電気工事と伝わると
こんな風になるのかと...。

電気工事屋さんも、変だなぁ?と思わなかったのか...。

3Pブレーカーへ変更、単相三線式で送っていただく事と、
シールドへアースを落としていただく様お願いした。
ここで躓いて帰宅...。(二回目)

この日の足は、車検上がり当日のPOLO

あと家まで500mの所でエンジンが一発死んだような感じになり
直ぐに警告灯が点灯!

IMG_0246[1].jpg

タイヤ空気圧の警告まで点くのが?ですが、
エンジンが「ベウベウ」して振動するので、
一発死んでいるのは確実

EPCランプの場合、制御コンピューターNGなので不安...。

整備士の携帯へ直接TEL!

「一発死んでいる感じで、警告灯多数(笑)」と説明すると、
なんで?って感じでしたが、帰宅時に回り道して、
(サービスチェック用ノートPC持参で)駆けつけてくれたので繋いでみると...。

3番シリンダー死亡( ;∀;)
そのまま代車と入れ替え...。

これで三回目の躓き...。

本日、先ほど連絡が入り、
三番プラグケーブルの不良で三番死亡という結果。

三番ケーブルだけを変えても、
その他もそのうちNGとなりますから
ケーブルをフルセットで交換...
¥22,680-の整備料金追加(T_T)

車検取ってから、
ゆっくり考えて車を買い替えようかと考えていましたが
バッテリー、エアコンフィルターなども交換し
もうしばらく乗る事にしました。

posted by Lansing at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

ラダーDSスピーカーケーブル

取り扱っているラダーケーブルですが、
通常ラダーケーブルと呼ばれている(マルチョウエンジニアリングさんの特許ケーブル)
ハシゴ構造のラダーケーブルの上位モデルに、DSという最上級モデルが有るんです。

RCAの様なアンバランスでも、スピーカーケーブルの様に2線式の伝送でも
バランスケーブルによる伝送と同じような効果を発揮するという
摩訶不思議(笑)な構造となるラダーケーブルとなります。

RCAケーブルでは、S/Nが上がり自然な感じの超分解能となりますので
スピーカーケーブルではどうなるのか?という事で、
スピーカー内部配線もラダーケーブルへ変更し、
各ユニットの金属部分にはアースを落とせるよう導体を結合し試聴してみました。

安価なPIONEERのスピーカーが大化けして
誇張感の無い自然で超高分解能なHi-Fiサウンドとなりました!

スピーカー:PIONEER S-A4spt
パワー:SJ-6L6
プリ:SJ-preamp
CDP:CD-34NOS改

弦が自然で演奏している場所の空気感まで伝わってきます。(^^♪

ぐっと寄ってニアフィールドスピーカーの様に聴くと
細やかな高分解能で驚きました!(笑)


ラダーケーブルは、長年のケーブル選びに飽きた方、
音に癖のあるケーブルは、もうたくさんと感じられていらっしゃる方、
本当の超高分解能ケーブルを堪能されたい方にお勧めです。

最近のメシ(笑)

特上二重うな丼
油がくどくない名古屋味の激美味ウナ丼 
ご飯が激熱(熱いの最上級=チンチコチン)なので、
不用意にバク付くと、口内を火傷します。(笑)
IMG_0216[1].jpg

店の近くの昭和な喫茶店
(野菜炒め牛肉入り¥700-)
飛騨牛の様な甘みのある牛肉が入っています。(笑)
IMG_0236[1][1].jpg

そばが美味い うどん屋さん(笑)の手打ちそば
桜エビ丼ランチ(¥1,050-)
IMG_0242[1][1].jpg

店から徒歩で80歩(笑)
三軒隣りの和食屋さん
IMG_0245[1].jpg

お昼のランチ
(今日は、白身魚のフライ)
IMG_0244[1].jpg

年末、年始の不摂生で少し太りました。(^-^;

2017年01月22日

LINN LP12のお別れ

改造していたLP12ですが、
「売ってほしい」とのお申し出があり、
未だ、改造途中のLP12ですが、
音の記録として残したいので、レコード再生の動画UPしました。

試聴LP
左は、あの、菅野沖彦氏録音
右は、ご存知、TBMの音バカ(笑)レコード
IMG_0240[1].jpg

アンプは、ゲルマニウムアンプ(トランジスタがフィリップスの初期モデル)

TBM59 途中で、くつろいで聞く位置からリスニングポイントへ移動します。

SESSION1 菅野氏録音 くつろぎポイントでの試聴


posted by Lansing at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

Cello RMC QUAD303

こんな日に来店する方は居ないだろうと(笑)

先ほどのブログの続きで動作テストしております。

Cello RMC
(激レア品ですので、探してもなかなか出会えない機器だと思います。)
DSC00001[1].jpg

外観は、綺麗で、たばこ臭ヤニ汚れなどはありません。
正面パネルに小さな点傷あります。

DSC00002[1].jpg

DSC00005[1].jpg

DSC00003[1].jpg

正規品 

DSC00006[1].jpg

DSC00004[1].jpg

DSC00007[1].jpg

電解コンデンサは、ビシェイにてリキャップ済みです。

付属品は、プリから供給される電源を接続するケーブルのみです。
(ターミナル保護カバーはあります。)

パット聞いた瞬間、
ML時代のML-6やML-2Lを思い出すようなサウンドだと感じました。

中低域の厚みと硬くないしっかり感に支えられド安定...
とても安心して聞ける疲れないサウンド!

広々とした雄大な音の広がりで聞かせ
生っぽいライブ感があり、残響などもフワッと広く漂うように広がります。

聴いていると音に飲まれてくる感じです。

電源を入れて間もないので若干クリアさが足りませんが、下記にてご覧ください。




QUAD303

DSCF0175[1].jpg



DSCF0176[1].jpg

DSCF0173[1].jpg

DSCF0172[1].jpg

DSCF0174[1].jpg

正規品です。
基板上の小さなコンデンサはリキャップされています。

経年による薄汚れはございますが、状態は良いです。
低域に重心があり、ピラミッドバランスで聞かせます。
小型ですが、グッと押し出すドライブ感があり聞き心地の良い音です。

通常、プリとセットで使用しますので、
パワーアンプ単体で使用する場合
電源スイッチは無く、コンセントを刺すと電源が入ります。

また、現代機器の様に、
動作が安定するまで音が出ないミューティング装置は付いていませんので
スピーカーを繋いだまま電源を入れると「ボムッ!」と音が出ます。

RCAケーブルで使用する場合DIN−RCA変換ケーブルが必要となります。

電源ケーブルと、DINケーブルが付属します。
(その他はございません。)


posted by Lansing at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケーブル等

大雪、大丈夫でしたでしょうか?

今日は朝から雪かきしましたが、
開店時間には、かなり溶けてきました。

DSCF0159[1].jpg


DSCF0157[1].jpg.

お客様より依頼された別置き電源用のケーブルへ、プラグ取り付け...。

DSCF0130[1].jpg

オレンジ君をお持ちのお客様のご依頼で、
WesternElectric 12AWGのケーブルへマルチコンタクトプラグ取り付けました。

DSCF0129[1].jpg

SoundJuliaオリジナルRCAの製作!
DSCF0164[1].jpg

今日は、引き続きCelloのフォノイコRMCのテスト、
QUAD303の動作テストなどします。


タグ:ケーブル等

2017年01月14日

Celloなど委託品入荷!

久しぶりのブログです...。

委託品販売品です。
気になる機器がございましたら、

LEAK STEREO70
DSCF0136[1].jpg

DSCF0138[1].jpg

DSCF0137[1].jpg

DSCF0131[1].jpg

DSCF0132[1].jpg

コンデンサリキャップ、ハンダ補正などが施されています。

DSCF0133[1].jpg

DSCF0139[1].jpg

DSCF0140[1].jpg

DSCF0141[1].jpg

金メッキジャックへ交換、スピーカーターミナルも交換されています。

DSCF0144[1].jpg

DSCF0142[1].jpg

Cello encore pre L2 何とレアな最終モデル!

現在、動作確認中です。
DSCF0152[1].jpg


DSCF0154[1].jpg

DSCF0151[1].jpg

DSCF0153[1].jpg

RMCも有ります。
プリとフォノイコは、個別で販売となる予定です。
DSCF0155[1].jpg

余談ですが、MarkLevinson氏の手掛けたメーカー品は
見た目のデザインも抜群に良かったですね!

ML-1Lと並べてみました...。
Celloは上品、MLの方は男らしい(笑)

DSCF0156[1].jpg

あと、Goodmanもあります。

Model B-4
DSCF0146[1].jpg

音の広がりが豊かで、聴いてて癒されますし、聞き疲れの無い音です。
例えるなら、
高級な一杯点てコーヒー屋さんのセンス良く心地よいBGMの様なサウンドか、
解っているオヤジさんが経営するJazzバーのBGMの様な音とでもいうのでしょうか?

クラッシックからどうぞ!
音飛びと広がりが良いので、部屋の何処にいても同じような音で聞けます。

ボーカル
音源が澄んだ音のXRCDですが、残響豊かに広がります。

Jazz
臭さ爆裂!
「ボンボン」ベース
「チンチャン」シンバル
「バブバブ」サックス
「コロコロ」ピアノなどバッチリ!(笑)


posted by Lansing at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新築オーディオルーム その2

あけまして おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

1月1日の零時
熱田さんの新春初神楽に行ってまいりました。

ご祈祷は、「神恩感謝」
今年は雅楽16人と大勢の演奏で雅でございました。


昨年末は、商品の発送に追われ、バタバタ...。

年末のお休み中
新築のお客様のオーディオ引っ越しをお手伝い...。

部屋へスピーカーを入れました。
IMG_0209[1].jpg

先回のブログで床へ並べてあった材料は天井へ取り付けられており
打ち合わせ通り、ピッチを変えて綺麗に完成しております。

天井と少し隙間を空けて取り付けています。
ビスや釘が見えるとカッコ悪いので上手い事取り付けています。

取り付け間隔が広い方
IMG_0210[1].jpg

狭い方
IMG_0211[1].jpg

スピーカー上面の、斜め反射との繋がりも良い感じです。
IMG_0212[1].jpg

聴く位置から天井を見た場合
同じピッチで取り付けると、奥に行くほど密度が増して見えるのですが
ピッチを変える事により、ほぼ等間隔に見えます。
(ピッチを変えた造作の意図は、音質的な効果を狙っています。)
IMG_0209[1].jpg

上からの照明効果で、
低音処理、ブーミング対策の為に施工した音響壁の穴も目立たないです。

前はこんな感じ
照明が取り付けられる前 ビフォー
IMG_0195[1].jpg

オーディオの配線もまだで、ソファーも入っていません。
その為、若干ライブな四角い部屋ですが、フラッターエコーは、全くありません。

天井の造作により
前回の状態より、話し声が更に澄んで聞こえ
スピーカー位置から声を出すと、
リスニングポイントへ向けて気持ちよく音が飛んでいきます。

今回、声しか音を出していませんが、
今の状態からの予想では、定在波や干渉などの影響も少ないと思われ期待は大きいです。

店の方ですが、HPに記載通り、年始の営業は、1月6日となっております。
よろしくお願いいたします。