2016年12月26日

トリプルバイオリン

年末年始のお休み前の為、今日は朝からバタバタしておりまして、
メールの返信、機器の発送、ケーブル作り、ラダーケーブルの発注、接客...etc。

取引先へネット銀行から入金したら、
金額を打ち間違えたまま送金! 過入金ですわ...。(^-^;

イカンですねテンパっては...。

そんな状態でも「私のお手製ケーブルが欲しい!」と言っていただけるお客様に応える為、
時間の隙間を見てケーブル作りを...(笑)

材料を用意してシールドを被せます。
DSCF0117[1].jpg

シールドを一回しごくと手が...
軍手やゴム手では感覚が分かりにくいので素手が良いんです。
DSCF0118[1].jpg

編み組ジャケットを被せてケーブル本体は完成
DSCF0119[1].jpg

来客により中断...。

ここから少し繊細な作業となりますので明日に延期です。

接客が終わった夕方、何もやる気がなくなりコーヒータイム...

少し前に購入したバイオリンを弾いてみると
鳴りが良くなっているので、ビックリ!

弦のチューニングしている時に閃きが...
バイオリンツイーターの機器を使うことなく
バイオリンのみで上手く鳴らないか?と思えてきたので
色々試すと、こんな感じになりました。

トリプル バイオリン!
DSCF0120[1].jpg

置く場所で響きというか位相?が変わり
違和感のある所と、良い塩梅になるところがあり、なかなか面白い...

ウーファーBOXの上へ置いてみると、音場の高さが下がり、
ハーツフィールドの、ゴールドウイング下の四角く出ているあたりへ集まり
音がまとまってしまい違和感が出ます。

TANNOYの上も定位がキリッとして悪くないのですが、
カチッとしてしまうのでもう少しふんわりと広がってほしくなる....

こんな感じで短時間で試せる範囲で色々試すと、
ツイーターの横が良い塩梅となった...。

異様に怪しい生っぽさが出る事と、
アコースティック楽器、ボーカルは特に素晴らしい表現となりました。

バイオリンが1本の場合、
フォーエバーミュージックさんに特注で製作依頼している
バイオリンツイーター用のセットで鳴らしませんと効果が出ないのですが、
流石にバイオリンが三本も有ると、
音圧と天板の振動でバイオリンが少し鳴って
上手く数万ヘルツの倍音が放たれるようで良い感じになります。(^^)

今日は洗脳されている可能性がありますから
明日の朝、一番で聴いて良ければOK
違和感が有れば元に戻します。(笑)

posted by Lansing at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする