2016年09月12日

ネットワークオーディオ

先に押し売りです。(笑)

匠製
無垢の最高級ブラックウオールナットを使用したCDスタンドです。

DSCF0549[1].jpg

手作りで、触り心地抜群!なかなか素敵な造形美です。

DSCF0550[1].jpg

CDを立てるとこんな感じ...。

価格:¥1,000-/1個(税込み) 残数4個、店頭でのお取引のみ
DSCF0551[1].jpg

ネットワークプレヤ―の廉価版を試作しております。

DSCF0547[1].jpg

S/PDIFの出力モデルは、素晴らしいところまで、できておりますが、
繋げるDACがヘボイと当然音もイマイチとなるので、
市販のもので構成し、アナログライン出力まで出るようにして
何とか良い音にならんものかと試しています。

基盤はラズパイ3を使用し、
ラズパイからのI2S信号を直ぐにDAしてライン出力...。

格安で良い感じに仕上がらないかと試しています。

青く光っている部分が、I2S DACで、その下がラズパイ3
右がアナログ電源

電源以外はネット通販で購入できますが、
そのまま作って動かすと、
モッサリして何も面白くない音が出ますので
ラズパイの動作を変更し、アナログ電源を使用しています。

電源のみ交換し、試してみると、
二次電池駆動は、静寂でS/Nが良く
コーセルの高性能リニア電源は、穏やかで安定し、広い感じになります。
アダプターやスイッチング電源は、質感からして粗悪な音になるので除外です。
二次電池、コーセルで、悪くないのですが、
躍動感や人間的な当たり、音色等が欲しいので、アナログ電源を作り繋げています。

ラズパイの動作を変更してモッサリ感は減少しましたが、
音の出方が、やや高域よりのエネルギーバランスとなり、
中音域の音の濃さと低域の厚みが薄いので、
聴いていると「イラ」っとしてきます。(笑)

I2S DACの構成パーツ(抵抗とコンデンサ)は、推奨の物で組んであるのですが、
金属皮膜抵抗とOSコンで構成される想像通りの音ですから、
別のパーツで組んだ比較用基盤をもう一枚作ります。

電源は、それぞれ分割すると良い結果となりますが
廉価版で良い感じにしたいので
ラズパイの動作とDACの構成で、何とかならんか(笑)と頑張っています...。

音源は、手軽なのでSDカードに入れて試していますが、
ハードディスクでもOKです。

操作はスマホやipad、ノートPCからWi-Fiで繋げて
画面付きリモコンの様に操作できます。

昨日の日曜日、この未完成ながら音が出る(笑)基盤で鳴らしながら
今後の方向を考えていたのですが、
音にうるさいお客様が聞いてしまうと、
色々と気になっている部分に付いてダメ出しされるので(笑)
お聞かせするのは、やはりもう少し煮詰めてからの方が良いと感じています。

高級なパーツで作り上げるとか、
ハイスペックにするとかではなく、
聴いた感じが良ければそれでOKと考えています。

この後、DAC基盤を比べ、どう変化するか確認し、
良い方向となればその方向で進め、
更に良い感じの音になる様に、ラズパイの動作を弄ります。

色々試していれば、
この廉価版でも普通に聞ける程度まで良い感じになるのではないかと思っています。






posted by Lansing at 19:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする