2016年09月09日

CZ-1

Croaazone CZ-1の販売店になりました。m(__)m


早速開梱します。
DSCF0534[1].jpg

DSCF0535[1].jpg

新品 こんにちは!(笑)

DSCF0536[1].jpg

マグネシウムで出来ていて、カメラの様な質感です。

DSCF0537[1].jpg

DSCF0538[1].jpg

今までにない技術で作られていますので、
販売店には、資料が配布されました。

DSCF0540[1].jpg

DSCF0542[1].jpg

外資系の出資ですが、製造は日本製です!

ハッキリ明記されていませんが、
カメラメーカーとオーディオブランドで、
チノンとTADです。

DSCF0541[1].jpg

前方定位になる技術的な事が記載されています。

DSCF0543[1].jpg

ユニットの説明

DSCF0544[1].jpg

ヘッドフォンには左右がありますが、
ケーブルは、左右の識別なしです。
どちらに差し込んでも、ステレオ定位します?

DSCF0545[1].jpg

ゴツイ ヘッドフォンですが、装着感は抜群に良いです。

DSCF0546[1].jpg

採用の理由ですが、
今にない音質のヘッドフォンですし、
製品としての作り込みが良く、
これ1台で勝負してくるところが良いじゃないですか!(笑)

手持ちの高額品と言えば下記でしたが、すべて売却...。

美音系で酔う音です。(笑)

今は、庶民的な(笑)
B&O fom−2  
pioneer HDJ-2000改

fom−2は、聴いた瞬間、中音域の強いナローな感じですが、
聴いていると、過不足なく聞こえてくる面白いヘッドフォンで
安いし、掛けていることを忘れる軽さが使いやすくお気に入りで、
HDJ-2000は、ノーマル状態で、へぼいアンプで鳴らしますと、
ブリブリ、バフバフ低音系のヘッドフォンですが、
リケーブルして、ドライブするアンプが良いと、化けて良い感じになります。

今までは、この辺りが常用となっていたのですが、
CZ-1は、上記高額品も、これらも含め、全く違う聞こえ方で聴かせます。

音を聞いている感覚は、
スピーカーから聞いている感じなんだけど
実はヘッドフォンを掛けて聴いている...みたいな(ちょっと大げさ)

頭内定位より広い音場感があります。
高域も低域も、強い感じで誇張する事なくワイドレンジで自然です。
ボリュームを上げても、破たんする感じが無くうるさくないです。
聴いた瞬間は、分解能が悪く聞こえますが、
実際は、自然な感じで高分解能な音が出ています。
音の出方が、そこらへんに転がっているような
いつも自然に聞いている音とあまり変わらないので
オーディオ臭さ、ヘッドフォンでございます感がありません。

朗々と鳴り、音密度も高く、濃いめです。
オープンエア―の様な、薄くて軽い音ではありません。
と言って、密閉型の窮屈感も無いです...。

音的には、
高域が、シャキッと出る音が好きな方にはウケません
美音系で爽やかさや、瑞々しさが溢れているヘッドフォンが好きな方にもウケません。
いかにも、低音、高音、切れや分解能みたいなオーディオ的要素を誇張するヘッドフォンが好きな方にもウケません。(笑)

スピーカーで聴く方が好きで、ヘッドフォンが嫌いな方にはウケる可能性大です。

仕入れの仕切り価格が高いので、
現在、大きく値引きして売っている販売店は無いと思いますが、
参考安売り 価格.COM
サクッとお値引きして販売いたします。


タグ:CZ-1
posted by Lansing at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする