2016年08月29日

SONY XA5400SE

久しぶりにピックアップレンズのクリーニングをいたしました。

ビフォー
DSCF0505[1].jpg

アフター
DSCF0508[1].jpg

チリやホコリの付着が少ないレンズでしたが、くすんでいる感じがなくなり透明になりました。

機器の全体像
DSCF0510[1].jpg

右側がフィルター回路と電源トランス
真ん中上がドライブメカ
左上が電源回路
左下がデジタル回路(DACとか)
こう見てみると、電源が立派なSACDプレーヤーです。

開けたついで、
電源やフューズホルダー、
各ハーネスにスーパーコンタクトオイルを塗布

戻して試聴すると、
高域がしなやかで高分解能になり、空気感等も良く出て、音離れが良くなりました。
全体的な音密度も上がり、安物のPCオーディオみたいな感じのチャリ付き感が無くなった(笑)

定価:¥18万程度のプレーヤーですが、
高分解能な音が特徴的!
海外製のCDPに聞くことができる
味わいとか深み、芸術的な表現などはありませんが、
キッチリと正確でまともな音が聞けます。

レンジも広くエネルギーバランスもフラット、
スピードも速く、濁る感じが無いので
何か、独特な要素が欲しい場合、
その他の機器で音作りする必要がありますが
適当な物を探している場合、これでよい感じです。

以前入荷したとき、
電源直結、ノイズイレーサー張り付け、インシュレーターをドライカーボン化しましたが
高分解能で超速なプレーヤーと化した記憶が蘇りました...。(笑)




タグ:SONY XA5400SE
posted by Lansing at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする