2016年05月24日

Finest Noise Eraser NEO

新型登場です!

最上級モデルの為、
現行販売しているカーボンモデルと交換サービスを行います。

流れですが、
今までのカーボンFNS1個を返却していただき
交換手数料:¥15,000-をお支払いいただくと
なんと!NEO2個に交換させていただきます。

金額的にもお得です。
FNE(FinestNoiseEraser) 1個:¥25,000-
FNE NEO 1個:¥25,000-

FNE(¥25,000-)+(¥15,000-)=¥4万で2個になります。(笑)

FNEもNEOも2個購入の場合¥5万ですから
¥10,000-お得です。

交換サービスは期間限定で行いますので
希望される方は、6月末までにお願いします。

現行のFNE(カーボン)ですが、
商品が悪いわけではないので引き続き販売継続します。

左がカーボンモデルの現行品
右がNEO

DSCF0176[1].jpg

外観は木目といたしましたが、
ドライカーボンは使用しています。
DSCF0179[1].jpg

FNEとFNE NEOとの比較

DSCF0178[1].jpg

DSCF0177[1].jpg

肝心な音質ですが、
現行カーボンFNEを使用した場合、
例えとしては、
ライザップで鍛えて狸バラが筋肉へ変わり、
メタボを克服したかのような感じとにています。(笑)

音的には、
音密度が向上して滲んだ感じは減少、
レンジ感も広くなり
音の骨格がしっかりしてエネルギーがのり
筋肉質ともいえるマッチョな感じの堂々としたサウンドへ変化しますが
NEOの場合は、
きつくなる事はありませんが
高域分解能が上がり伸び切る感じが出ます。

中音域は瑞々しくナチュラルで見通しが良く
低域は力強く厚いマッチョな感じから
下の下が引き締まって全体的に厚みが出ますので
「バフバフ」しない低域となり低音側の音域も伸びたように変化します。

ナチュラル ワイドレンジ 高分解能サウンドです。(笑)

是非お試しください。

カーボンFNEの場合
どちらかというと、リズム系
JAZZとかの方が向いている感じですが、
今回のNEOは、
高域が高分解能で精緻ですから
CLASSICはもちろん弦楽器の表現も良く
残響なども綺麗に広がります。

交換希望の方はお申し出ください。

ブログではなく