2016年05月14日

ネットワークオーディオの実験その1

ある企業の技術者の方と実験をしております。

必要な物をいい加減に繋いだだけでも
音的には、中級価格帯の一体型CDP程度の音が出ています。(笑)

DSCF0164[1].jpg

真ん中のカーボンを2枚載せている部分が本体基盤
左側の四角い箱はハードディスク
右上の白い箱は本体基盤のアナログ電源

基板からS/PDIFのデジタル出力を取り出し
手持ちのオーディオ機器(DAC)へ入力する形になります。
(この基盤へ、ヘッドフォンも繋げることができます)

現在は、試作状態で
取りあえず動いているだけという感じに近いので
ケースや電源等、改善点はや山積み...。
機器を繋げるジャックもフル装備ですので
必要なものだけに限定し、
回路基盤を新規に起こして簡単な構成にする予定もあります。

操作は、スマホ、iPad、PC等から行う事が出来て
もちろんWi-Fiで繋がっています。

音源を格納して取り出す方式として
簡単にテストしてみると
HDを基板へ繋げるのが良い感じですが
LINNの様なナス方式も含め、色々と検証が必要ですので
順次試していきます。

完成している製品ではイカンのか?という声もありますが、
こういう物って、ドンドン進化していきますから
今、評価の高い高額な製品を買ったとしても
2年も経ったらその価値があるのかどうかは?
ドンドン進化するAV機器と同じ様に感じます...。

やっていて悩むことは、
各操作が面倒でも音が良い方を取るか
操作が簡単で、使いやすい方を優先するか考えてしまいます。

色々検証してこういう方式のキーポイントを掴んでおけば
現状で良い感じの物を組んでおけますし
格納してあるソフトは使い回しができますから
色々と進化した場合、対応が簡単になると考えています。

クロックやDDCなどを噛ませると
どうなるのかも試してみます...。



posted by Lansing at 13:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yosii9

Nsoundは音質改善の為、
気が付いた事を伝えて引き揚げていただきました。

次回登場の時は、更に音質向上している事を期待します。

勉強の為、
知名度の高いYoshii9を試聴!

音場空間の表現は、
流石に無指向性スピーカーの優位性を感じる広さと奥行き感!
Nsoundと殆ど変らない音場の表現です。

オーディオ的に聞くと、
ユニットが小さいのでエネルギー感や音圧感は低く
分解能は期待できない感じです。
ボディーのパイプ鳴きで音に濁りを感じます。
ユニットの固定は、柔らかいゲルを用いた独特な固定方法ですので
立ち上がりの鋭い音を入力した場合、音は全て丸くなり柔らかい表現となり
音の描写は、写実的では無く印象派の絵画の様な感じです。

DSCF0159[1].jpg

部屋に入れた時に凄く気になった事ですが、
筒のデザインが、
子供の時によく見た何かに似ている事で、
昭和生まれの方は分かるかも?(笑)

20130527164212_img2_90.jpg

ユニット
ゲルの上に載せてあり重りで下へ引っ張っている構造です。
(固定していない。)
DSCF0161[1].jpg

付属アンプ
DSCF0160[1].jpg

色々聴いてみましたが、
オーディオ好き、音好きな方では無く
何も拘る事無く音楽を聴きたい方用と感じました。
個人的には
BGM用として小音量でフンワリなっている感じなら良いと思います。

参考までにYoshii9と
格安スピーカーtangentoEVOと聴き比べました。
ザクッと¥30万と¥3万の比較です。

入力はP-0+DAC040の超解像度
スピーカーは、
合板ボードへ付属のスパイク+スパイク受けでセット
SPケーブルもアンプも付属の純正で鳴らしています。


TANNOYの上にポン置き、
適当にTANNOYの箱も鳴っています。(笑)
SPケーブルは1m/¥100の電力ケーブル
入力はCD-34、アンプはSi2のミニアンプでドライブしています。

次はネットワークプレーヤーのテストです。
posted by Lansing at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする