2016年05月01日

LINN LP12

GWはいかがお過ごしでしょう?

Sound Juliaは、3日〜5日までお休みをいただきますが、
その他の日は不定休ですので確認の上ご来店願います。

今、LINNのプレーヤーを弄りつつ
JBL Proを使用し、PCでYouTubeを高音質再生する実験をしております。

綺麗な本体へ組み付ける物は、
トランポリンベース、
HerculesU電源、
SAECのWE407です。

電源基盤
DSCF0130[1].jpg

本体
DSCF0131[1].jpg

トランポリン
DSCF0132[1].jpg

組みました。
DSCF0144[1].jpg

低域が良くなると言われている電源基盤と、トランポリンの恩恵で、
音が厚くピラミッドバランスでしっかりしています。

SAECもかなり効いていると思いますが、
太い音の高性能LP12って感じ...。(笑)

電源をLINNのバルハラへ戻したら
どこまで元のLINNぽい感じになるのか?なので試してみたい。
良いバランスの方で完成させて商品化します。

アナログは微妙です。(笑)

こいつLSR705i へ
DSCF0143[1].jpg

PCからの音を入れて聞いたらどんな感じなのか?実験します。

PCとTV本体へHDMIを繋ぎます。

(Rノイズイレーサーで、音も画もクリーン)
DSCF0146[1].jpg

最新のHDMIケーブルは細くて高性能なものがるので重宝します。(笑)

全景
DSCF0145[1].jpg

PCからHDMIでテレビへ入力、
テレビの背面にあるデジタル出力、同軸S/PDIFをDACへ入力し
アナログ変換してライン出力を
プリへ繋いでワーアンプへ入力、
JBL LSR705i をドライブするという感じです。

PC本体内臓スピーカーや、
ディスクトップの小型スピーカーの音では
全くオーディオって感じになりませんが、
上記の接続で聞くと、恐るべき音質で楽しめます。(@_@)

と言っても音源が悪い
アナログ放送をVHSに録画した様な物をUPしたとか
古くてモヤモヤの画像の音声はそれなりですが、
オーディオ的に楽しめて、奥行も深く空間の再現も良好です。

また、
テレビのデジタル放送も、S/PDIFから信号が出力されるので
DACへ通してLSR705i で聞くと良い音で楽しめます。

HDMIからTV~S/PDIFをDACへ入れた音と
(TVへHDMIで繋いだ送り出しはWASAPIの排他モードで出す)
PCからHiFaceでS/PDIF変換し、DACへ入れた音の違いですが、
(こちらもWASAPIの排他モードで出す。)
両方ともそれなりに良くて...。(笑)

使用しているTVは、頂き物...。
50インチで4Kのテレビが¥15万程度で買える時代ですので
これだけ面白いと大型モニターで視聴したくなります。(笑)

7日に無指向性スピーカーがやってくるので
このLSR705i と聞き比べ
どれほどのパフォーマンスがあるのか?
ポテンシャルはいかほどか?確かめたいです。

タグ:LINN LP12
posted by Lansing at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする