2016年02月19日

最近の出来事

先にインダクターですが、
第二回目が完成いたしまして
順次納品をさせていただいております。

IMG_9405[1].jpg
第二回目は、販売前に全数が売り切れておりますので、

ただ今、
第3回目の正式予約を受付しております。

お問い合わせメールを頂いたお客様へは
案内メールをお送りさせていただきましたが、

「俺にはまだ来とらん!」

みたいな事がございましたら、
誠にお手数ですが
下記よりお問い合わせを頂けると幸いです。


インダクターですが、
Rノイズイレーサーを併用した場合
IMG_0791[1].jpg
音だけでは無く
別部屋のTV等まで波及し
映像も良くなるご連絡を頂きます。

直接HDMIプラグへRノイズイレーサーを載せますと
驚くべき解像度の画像となります。(笑)

Rノイズイレーサーですが、
USBやトランスポートからのデジタル出力へ載せますと
音が澄んでS/Nが向上し分解能が上がります。
IMG_0792[1].jpg
また、
電源装置やアイソレーショントランスを使用していて
更にインダクターをプラスした場合、
「録音状態や曲によって
これでもか!っという程、研ぎ澄まされ感のある音になる...」
との報告もあります。

CESのトランス等の場合
高域がクールでシャープな感じになりますから
更にという事かもしれません?

また、
それらの2次側へ使用しても
効果があるとの連絡も受けました。

消費電力は0に近く
発熱なども有りませんから
色々試していただければ良いと思います。

ただし、
家庭用の商用電源
交流100V 50/60Hz専用ですから
200V回路へ繋いだり
直流電源へ繋いだりしないでください。

バイオリンツイーターも
眉唾で(笑)聴きにいらっしゃるお客様がお見えになりますが
バイオリンの音が「キーキー」聞こえてくるわけでも無く
ツイーターをONした場合、
自然で生っぽい表現へ変化する効果にビックリされます。(笑)

DSCF0368[1].jpg

定休日の前、
買取や機器の修理依頼を受け...。
LINNのLP12やら
WE407/23
SME3009等

保管状態だったTANNOY
HPD315の入ったLancasterを整備しました。

点検すると、
長期に渡り保管されていた為、
エッジはボロボロ、接触不良にカビ...。

エッジはボロボロ
DSCF0406[1].jpg

ユニットを外して確認すると、
名東区に有ったオーディオ店(閉店しました。)にて
一度エッジ交換されている痕跡(シール)がありました。

今回は、汎用エッジでは無く
TANNOYの純正エッジで交換します。
(コーン紙、ボイスコイル等は、そのまま利用)

朽ちたエッジを剥離すると、
オリジナルのエッジを張り付けた接着剤を剥離しないまま
新たなエッジを張り付けてあることが分かり
接着剤の層が二重に残り、剥離作業が困難を要しました...。

バッフルもカビています...。
DSCF0404[1].jpg

カビ
DSCF0405[1].jpg

ターミナル破損

DSCF0407[1].jpg

外して確認
DSCF0408[1].jpg

大きさが、ほぼ同じで
Y、バナナ、裸線が繋げるターミナルへ交換
DSCF0409[1].jpg

写真は片側交換ですが、
この後、純正の付いている方も替えます。

ターミナル交換時に、
内部のアッテネーターやユニットへ至るケーブルの接続ピンなど
全て接触改善処理を施し(コンタクトオイル塗布)ました。

カビは、使用される方の健康も考え
清掃&消毒、今日も外で風に当てています。
DSCF0410[1].jpg

スピーカーターミナルを買いに出かけた時に
余計なものも購入!

交流電圧計です。
DSCF0413[1].jpg
ケーブルとコンセントプラグを繋いで
電源電圧を表示できるようにしました。

エッジの取り付けが完成するまで
毎日のカビ臭さが無くなるまで処理を繰り返し完成しました。

DSCF0533[1].jpg

DSCF0534[1].jpg

DSCF0535[1].jpg

サランネットが付いている方がカッコイイですね!(笑)

完成して、エージングも兼ねた試聴では、
接点の接触改善と、エッジの交換の恩恵で
音が冴えてていい感じです。

委託品や中古現状品でよく聞く
「バフバフ、ドロドロ」の低域を伴うTANNOYサウンドではなく
ジャスのシンバルは、
アルニコの冴えた繊細な音で聴けますし
バイオリンも艶が有って良い感じです。

バスレフでないのでドラムの音などもダンピングが効いて
躍動感ある感じで聞こえています。

ガンガン鳴らしていると透明感も高くなってきました。

何の問題も無いので完成です!

木曜日には、
Si2の委託販売品を預かりました。

DSCF0411[1].jpg

超小型で高性能な
プリアンプとパワーアンプです。(笑)

大きさの比較
DSCF0412[1].jpg

プリはライン入力2系統
電子式切り替えスイッチと
アナログ式電子ボリュームの構成でゲインは0dB
機械式接点が無いので音に濁りや癖が無く
ワイドレンジでニュートラルです。
大手メーカー製の高額で高性能と言われる
プリアンプでも超えられないクオリティーを感じます。(笑)

パワーはステレオ10W出力
TANNOYやJBLのスピーカーに繋いで鳴らしますと
驚くほどの爆音まで平気で鳴らします。(笑)

委託販売品ですので
興味のある方は

濃ゆい音の匠箱LE-8Tを聴きながら
色々やって過ごしております。(笑)

これからLINNやアームを弄ります。